よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 家づくり・間取り

新築間取りで甘く見ると後で困る場所TOP3

新築を考えてるみなさん、夢が広がりますよね。

間取りやインテリア、頭を悩ませるけど楽しくもあり、家づくりの醍醐味です。

間取りを考える場合、最初はざっくりとリビングはここにこれくらいでキッチンはこれくらいほしい、玄関はここかな、って考えていくと思います。

収納も、ウォークインクローゼットはこれくらい欲しくて、掃除機はここで、玄関収納はこれくらい、ってことはみなさんだいたい想像つくと思います。

ざっくり考えていくのはいいのですが。後になって「これのスペースがない、いれようとすると面積増えちゃう・・・。まぁ、なんとかなるか」と強引に入れざるを得なくなることが多い場所があります。

部屋干しの場所
分別ゴミの置き場所
リビングで使う物の収納場所

間取りを考えるうえでまっさきに思い浮かぶような場所ではないですね。でも、地味だけど確実にいるし、目につくところにあると目障りなものです。

◎部屋干しの場所

部屋干しはしない方もいるかもしれませんが、ようするに、雨の日や冬場の乾かない洗濯物を干す場所です。
何も想定してないと、リビングや寝室に市販の物干し置いていつも洗濯物が目に入る、なんてことになってしまいます。
せっかくおしゃれにインテリアを選んだり壁掛けテレビにしたのに、部屋の片隅に洗濯ものがぶら下がってるなんて、嫌ですよね。

お風呂の浴室乾燥で乾かす、衣類乾燥機を使う、っていうかたもいます。お金と燃料を使うことに抵抗ないならそれもありでしょう。

晴れた日は2階のバルコニーに干すという人なら、2階廊下をちょっと広めにして部屋干しコーナーにすると便利です。

こちらはファミリークローゼットの横に室内干しをつくりました。目につくところなのでアイアンでちょっとおしゃれさも忘れずに。

冬場はエアコンつけてるリビングが乾燥してるからそこに干したい、っていう人もいますが、洗濯物がリビングに干してあることに抵抗ないならいいですが。
新築するのにそれを想定してるのは、かたづかない部屋へまっしぐら・・・な気がしますね。
せめて、目につかないような部屋干しコーナーをリビング横につくることをお勧めします。

◎分別ゴミ置き場

これもけっこう場所をとります。
最低でも2つは大きいゴミ箱いりますよね。缶ビンはその都度外に出すとか、不燃はその都度外に出す、っていう人もいるかと思いますが。
だとしたら勝手口は必須でしょうね。

システムキッチンの背面収納にゴミ箱スペースが組み込まれているものもあります。それでよければいいですが。
その分他のものの収納場所がないことになるので、持ってる食器や調理器具の量をよく考えて選んでくださいね。

パントリーに組み込む方が多い気がしますね。下の方は扉をつけずに。そういう場合はある程度使うゴミ箱を想定しておいたほうがいいかと思います。上に蓋が開くタイプだと棚にぶつかる、ってこともありますから。

家族みんなが使うものでもあるので、あまり奥まったところとか、キッチン作業の邪魔になるところだと使いにくくなるかもしれません。

◎リビングで使う物の置場所

リビングテーブルやダイニングテーブルに物が出しっぱなしな生活が当たり前になってるお家は、これが不十分な可能性大です。

物は使っていない時は収納場所にある、これがかたづく家の原則です。
そして、収納場所は使う場所の近く、というのも原則です。

リビング階段のこちらのおうちは階段下がリビング収納の拠点です。けっこうな収納量です。

リビングで使う物って実にさまざまで、そして各家庭によってほんとに違うんですよね。
本だとかDVDとか子供の物っていうのはわかりやすいほうで。
いつのまにか溜まってる紙もの、ついつい手を出すお菓子、何かのときに使うハサミなどの文房具。
ほぼ無意識に使っているものこそ、ちらかりやすい物です。
それらを収納する定位置をつくっておかないと、いつもなんだかちらかってるリビングへまっしぐら・・・。

そうならないためには、今の暮らしでリビングやダイニングで使っているものを意識してみることです。
だしっぱなしになってる物はなんですか?

家づくりは夢が広がります。
ついつい憧れや目先のおしゃれなものに目がいくと思います。
それはそれで大事なことです。
でも、住んでからも素敵さを維持したいなら地味な「生活」の部分にも気を配った間取りが必要だと思いますよ。


片付く家にするための見せる収納方法

片付く家にするためには、収納をどこにどれくらいつくるかということはとても重要です。

収納が多いと便利なように思うでしょうけど、収納量に比例して物の量は増えるのでそこは要注意です。しまい込んじゃう場所を増やすだけですので。

収納量も大事ですが、もう一つ、見せる収納にするかどうかも考えて欲しいところです。

見せる収納というと、かわいい雑貨を飾るように棚に並べることを思い浮かべると思います。それもありますが、棚や引出しにしまってしまうと存在を忘れてしまうようなものは、あえて見せる収納にしておいたほうがいいこともあります。

中途半端に残っている食材とか、賞味期限ちかいものとか、提出まじかの書類とか、家族みんなが頻繁に使う物とか。

ついつい溜まってしまうものもあえて見えるところに置いたほうが溜め込まなくなると思います。

引出しや押入れにしまってしまうと、そこをあけない限り溜まっていることに気が付かないし、見えないからいいかと片づけることを後回しにしがちです。

目に触れることが多い場所にあると、ついつい増えていくことで捨てなきゃって気になったり、そういえばこれがあったから使おうっていう気になったり。

片付く家というのは、とにかく物を溜め込まない循環がいい、ということですから。処分しやすくするということはとても大切です。

だからといって、なんでも見えるところにポイポイ置いていたらそれは片付いていることにはなりません。

見える収納の場合、その置き方には気を配ってほしいところです。

トレイやカゴを使うことが多いですけど、そこは100均ではなくそれなりに素敵に見えることを意識して選んで。色や素材感を統一するとか。

そして、そこからはみ出る量は絶対に置かない。これが鉄則です。

はみ出るまで置いたら片づけやすくするはずの意味がないですもんね。

ということを大掃除しながら考えてました。見えてるところは掃除するけど、収納の中までは掃除の手が回らないんですよね。

対面キッチンで本当にいいの?

昨日の記事で間取りは流行りがある、と書きました。今は当たり前になっているものもそれまではそうじゃなかったというものもあります。

対面キッチンもその一つです。

たぶん、20数年前くらいだと思います、対面キッチンが増えてきたのは。

それまではキッチンは部屋の外壁側についていて、ダイニングテーブルに背を向けてキッチンに立つ、というのが主流だったはずです。

対面キッチンが増えた理由はいろいろ言われています。

家族のほうを見て料理ができる、遊んでいる子供の様子をみながら料理ができる、というのが定番化した一番の理由のように思います。
(それもハウスメーカーの戦略っていう見方もあります)

面積の効率がいい、家具を配置しやすい、というのも間取りをつくる上で好都合なんですよね。コンパクトなお家だと。

私は、対面キッチンの良さは料理の時の動線の短さだと思っています。シンクやコンロに向かって作業しながら、後ろを振り向けばすぐ食器棚や家電がある、というのはとても楽です。これが壁に向かって取りつくキッチンだと食器棚や冷蔵庫や家電まで数歩歩くことになります。それくらいのこと、って思うかもしれませんがその数歩が時間に追われて家事をする人にとってはとても面倒、そして疲れます。

今では多くの人が希望する対面キッチンですが、メリットばかりではありません。対面キッチンは振り向くと食器棚や冷蔵庫があることが便利、といいましたが、壁付けキッチンは振り向くとダイニングキッチンがあって便利なんです。

対面キッチンはダイニングテーブルがキッチンの向こう側にあるので、キッチンからダイニングへの移動がぐるっと回りこむような動きになります。料理を盛り付けたものを運ぶ、という作業がちょっとメンドクサイ。

それが嫌、という人も少なからずいます。

壁付けキッチンで後ろにダイニングテーブルがあると、調理した鍋をくるっと後ろを向いてダイニングテーブルに載せ、そこで盛り付けてそのまま出せる、という動きができます。これはこれで便利ですよね。

当たり前のように対面キッチンと思ってる人もいますが、そうじゃないキッチンの良さもあります。自分に合っているものはどういう形なのか、よく考えてくださいね。

PAGE TOP