よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 家づくり・間取り

快適なキッチンにするために必要なこと

二人暮らしのキッチンが廊下の片隅の1畳半のスペースって、あなたは狭いと感じますか?

こちらの記事が興味深いです。

『1.5帖のスペースでも快適。キッチンは狭いほうが楽しい?』

夫婦二人で30㎡の1Kの住まい。東京の都心ならではだと思いますが・・・。地方に住めば同じ家賃でもっといいとこ住めるのに。まぁ、そういう事情はおいといて。

私が以前住んでいたところもこのコラムのような1Kでした。たぶんこんな感じでしょうね。

 

ほぼ自炊してました、毎日。お弁当も作っていたし。意外と料理をすることが好きなんだなーと気づきましたね。

狭いキッチンの良さはなんといっても時短。

動かなくても物にすぐ手が届く。

それと、狭いと工夫するんですよね、頭でとっても考えます、段取りとか、少ない道具でどうつくるとか。

置き場所がないから鍋もフライパンもボウルもザルも1個ずつ。まな板も小さい。

でも料理はできるんですよ。さすがに4人分5品とかは厳しいでしょうけど。

家づくりをされるご夫婦で、実家が大きいキッチンで一人暮らし経験がなかったりすると同じ大きさのキッチンを求める方がいらっしゃいます。

その大きさを当たり前に思っているかもしれませんが、自分にちょうどいいサイズというのは人それぞれですから。

どういう物をどれくらいもっていて、どういう料理をすることが理想なのか。

専業主婦でしっかり料理するのか、料理はほどほどで時短が重要なのか、共働きで妻も夫もキッチンに立つのか、餃子も手作り味噌もしこんじゃうくらいにお家しごとが大好きなのか。

そのためには、何が必要でどんなスペースだったらちょうどいいのか。

広すぎるキッチンは疲れますよ、私の実家のキッチンは6帖あって300センチのシステムキッチンなんですけど。疲れます。冷蔵庫から物を出すのも食器棚から取り出すのも、遠い・・・、面倒・・・、イラッとする・・・。

効率よく快適に過ごすキッチンは、広さよりも、どう使うかどう収納するかという工夫が重要だと思います。

料理をしない人が家づくりの設計ってどうなのかなーって思うことがあります。みんながみんなそうじゃないけど。かっこいい家つくるのが得意(でも料理はしないし収納も苦手なんだよね)、っていう人は多いです。

私だったら、

これくらいの広さだとあれがどれだけ入りますよね、とか、あれはここに収納したほうがいいと思うけどこれだとできないですよね、とか、私はこれをここに入れると使いやすいんですけど〇〇さんはどうですか、なんて会話をしながら決めることができます。

快適で素敵なキッチンのためにはカッコよさの前に使いやすさではないかと思います。

 

納戸があれば片付くって思ってませんか

家づくりの要望で多いのは「収納をたくさん欲しい」

中でも納戸を希望される人がいますが、よほどのことが無い限り私は納戸をつくることをお勧めしません。

嫁入り道具のタンスをいれる部屋とか、趣味の道具が大きいとか、「絶対使う!捨てられない!」という何かがある時だけです、納戸をつくるのは。

そうじゃなくて「収納がたくさんほしいから納戸」という発想はそもそも「なんだかわからないけど物が多い」っていう前提です。新しい家に住むのにどうでもいい物を溜め込む気満々ってことです。

それでは意味がありません。

新しい家になったから、収納が増えたから、家がスッキリするかといったら全く違います。

収納場所の量に比例して物の量は増えます。物の量が増える=あなたが管理する量が増えるということ。

かたづけが苦手な人が納戸つくって物を増やして、自分で自分の苦労を増やしてるだけですよ。

かたづけが苦手は人は、収納場所を増やすんじゃなくて、物を減らすことに徹しましょう。

どうでもいい物を溜め込むための部屋をわざわざ作るより、その分リビングやキッチンが広いほうがよくないですか?

納戸があれば片付く、という発想は間違いです。

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

 

たくさん物が入る納戸は欲しいですか?

間取りの打合せでよく出てくる言葉

「収納はたくさん欲しいから納戸が欲しいです」

納戸っていうのは2帖3帖くらいの物を収納する小さな部屋のことです。

うーん、それ本当に必要ですか?そこに何を入れるの?

「ファンヒーターとかひな人形とかスーツケースとか、あとは・・・」

ファンヒーターやひな人形など季節限定の大物を収納する場所が必要なのはわかります。でも「納戸」ほどの広さが必要でしょうか?

ウォークインクローゼットならわかります。洋服を入れるという用途がはっきりするのでそれなりに使えるようにつくります。

でも、納戸のように「なんでもいいから物が入れられる部屋」をつくることは私はほとんどの場合反対します。

 

理由①

収納の原則は「使う場所=収納場所」です。使う場所のそばにないと出し入れが面倒になるだけです。独立した収納部屋をつくるより各部屋にそこで使うものが入る収納をつくるほうが楽です。

理由②

広い収納場所は中をどう仕切ってどう収納するかが難しいです。奥まった所はどうしたって使いにくい。奥行が浅くすぐに手が届く収納のほうが使いやすいです。

理由③

なんでも入れられる広い収納=不要なものを詰め込む開かずの間、をつくる元凶です。離れた場所にそんな部屋つくったら何十年も物を溜め込むことが容易に想像できます。

 

家づくりの場合、収納場所をどう考えるかというと、何を持っていてそれをどこでいつ誰が使うかを考えましょう。

寝室でつかう冬の布団をリビングに収納しようとは思いませんよね?キッチンで使うザルやボウルを廊下にしまって使いやすいとは思いませんよね?

何を入れるかわからないけどここに収納が欲しい、では住み始めてから使いにくいだけです。

収納場所を考える前に、自分が何をどれくらい持っているか把握しましょうね。

「納戸が欲しい」って、新しい家をつくるのに物をため込む前提だなんて、なんだか悲しくないですか。

 

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてください!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ