ブログ

Category Archives: 家づくり・間取り

住まいの家事動線をおろそかにした家に住みたいですか

以前ある工務店のかたと話していてこんなことを言われました。その工務店は高品質をうたった家づくりをしています。

「家事動線って、そんなに大事なの?」

私が最初に勤めた設計事務所の所長にもこんなこと言ってました。20年くらい前のことですが。

「奥さんたちってすぐ布団干すところが、とか、洗濯干すところが、っていうよなぁ」

男だから家事しないから家のことがわからない、とは言いませんが。

この人たちに「住みやすい家」がつくれるんだろうか。

女だから男だからっていうわけではなく、家事をすることを体感としてわかってないと家の中の動きはわからないのかも。

家事は、どのくらいするか、好きか嫌いか、どういう手順でどの時間にするか、個人差が大きいところですが、生きているうちはほぼ必要なこと。お手伝いさんがやってくれるおうちなら別ですが。

一日のうちの数分や数手間を短縮することで心の余裕がうまれて余計なストレスがなくなります。

毎日のことだし料理や洗濯など手数が様々あることだし個人の好みの違いもあるので、人まかせにせず吟味して決めたいところです。

苦手なことはできるだけ手間がかからないようにしたり気分が上がるようにしたり、後回しにしがちなことは手っ取り早くできるようにしたり、工夫次第で苦手意識は軽減できます。

得意なこと好きなことも、より楽しくできるようにすると住まいに満足度はぐっと上がります。

うちの実家はキッチンがやたら広くて冷蔵庫や食器棚が遠い・・・。いちいち数歩あるかないといけない。これが面倒、疲れる。帰る度に使いにくいなーって思います。

大勢で大量につくる家ならいいかもしれませんが、家族のごはんを主婦がつくるのにここまで広くなくていいのに。

デザイン住宅だろうが自然素材だろうがモダンだろうが高断熱高気密だろうが、生きていくのに必要な家事のことをおろそかに考えるとこの先何十年と余分な動きをして過ごすことになります。

 

 

4月16日 かさこ熟フェスタで「住まいとかたづけの相談」で出展します。

ハウジングコーチのプチ体験もできますよ。

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

収納が多ければかたづくと思ったら大間違いですよ

間取りを考えるときお客様からの要望で多いのが

収納をたくさん欲しいです!

というもの。

納戸が欲しいとかウォークインクローゼットが欲しいとか。

収納が多ければ家が片付くのか?

答えはNOです。

断言します。

収納が多いと物も多くなる。

納戸は、婚礼タンスが3竿あるから置場が欲しい、など、特別に大きいものを収納する場所が必要な家にしか向きません。

納戸=収納部屋=カオス、です。

片付け下手な人の家に納戸なんてつくったら・・・。開かずの間をつくるようなものです。

収納の基本は使う所≒しまう所。

もし、あなたが家づくり計画中なら、「収納欲しいです」ってやみくもに言うのはやめましょう。

そして、「収納欲しいです」って設計士さんにお願いしたとして「わかりました!ここに納戸つくりました!」ってあっさり提案してきたら、その人は自分で家のかたづけをしない人でしょう。

収納はあればいいってもんじゃない。

やたらと広い家で収納がとても多いのにちっともかたづいていない実家を見るたびに強く思うのです。

 

今年はかたづけできる人になる!と誓ったあなた!お待ちしてます。

『暮らしを変えるかたづけ術セミナー』 ⇒ 詳細はコチラ

1月31日 火曜 1時半~3時 定員4名

参加費2000円(税込)

場所:よつば暮らしデザイン室事務所

(ピアゴ上和田店すぐ北)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


にほんブログ村

地震大国なのに安全を優先していないという事実

NHKスペシャルで熊本地震で現行の耐震基準を満たす住宅がなぜ倒壊したか、ということをやってました。

耐震性について法律をOKしたくらいでは安全とはいえない、というのが熊本地震で露呈しました。

でもこれは、多くの建築士はわかっていることです。法律をクリアしたレベルの耐震性では大地震には耐えられないと。

NHKスペシャルでは1階に20帖のLDKがあることが倒壊の原因だった、と言っていました。チラっと見えた図面ではキレイな長方形の20帖でした。それ以外にいびつな形はしていないし大きく梁が大きくとんでもなさそうだし、それほど無理な設計ではないように見えました。「全然いいほうじゃん」正直言って私にはそう見えました。もっと無茶なプランなんていくらでもあるし・・・。

無茶なプラン、でも法律上はOKです。

法律上OKな家がいいのか、大地震に安全な家がいいのか。

そう聞かれたらおそらくみなさん、大地震に安全な家がいい、って答えるでしょう。

でも、そうしたら20帖のリビングがダメな可能性高いんですよ。大きな間口のウッドデッキと一体感のある窓なんてのも無理かもしれないし、吹抜けもやめたほうがいいかもしれないし・・・。

そうやって言われたらどう感じますか?

えー、せっかく広々したリビングがほしいと思ってたのに、吹抜けに憧れてたのに、がっかり・・・。

って、なりますよね。楽しみにしてる家づくりのやる気が下がっちゃう、ってことも。

住宅の作り手側はこれを嫌がります。お客さんのテンションが下がることを。

だって、希望は叶えたいし家づくり楽しんでもらいたいし、だいいち、そんなこと言ったら家建ててくれなくなっちゃうかもしれないし。これが何よりもコワイ。目の前にいる見込み客が離れることが。

お客様の希望が叶わないようなデメリットを言うことはとてもとても勇気がいることです。

でも!!!言わなければいけないのだと思います。

そのために建築士はいるのですから。

耐震性だけではありません。

お客様の気を引くデザイン力提案力は向上しても、目に見えない性能や強度について今まで啓蒙してこなかった住宅業界の責任だと思います。

広さやデザインという目の前の欲求を選ぶか、数十年以内に起こるかもしれない大地震に備えるか、費用と労力をかけて両方を叶える方法を探るか。

家を建てる人言いたいのは、要望をあれもこれも叶えてくれることを基準に選びがちですが、それ以外にも道はあってどの道がどういう結果になるのかをきちんと説明してくれる会社に依頼してほしいと思います。

私の提供する「住まいづくりコーディネート」ではこんな住まいについての専門的な知識を説明をしつつ工務店選びをしていきます。

 

★名古屋かさこ塾フェスタ 11月26日 土曜 @雲竜フレックスビル西館5階

『夢を実現させる部屋つくり』ワークショップしまーす。定員8名

★スッキリ暮らすおかたづけセミナー 実践編 10月19日 水曜 10時~12時

 @岡崎市天白町 よつば暮らしデザイン室  参加費2000円 残3名

★女性建築士が教える「理想の暮らし」の見つけ方セミナー お申込みコチラ

 @Cohac(コハク) 知立市中山町中山27-3