よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 家づくり・間取り

新築の時に仏間をつくる?つくらない?

みなさんのお家には仏壇ありますか?

仏壇のあるお宅は毎日手を合わせていますか?

新築の時、仏間をつくる家は減ってきています。新築はどうしても30代の若い家族が多いので仏壇を持ってること自体が少ないですから。

今は長男でも親と一緒に住むことが減っているので、家を受け継ぐ=仏壇を受け継ぐ、ということも減っているのかもしれません。

今日、とても興味深いブログを読みました。

仏壇ってそもそも何なのっていう話をしよう、ただの位牌を置く棚じゃないぜ

『家に仏壇を置くということは

毎日お寺のご本尊をお参りできるように

「家の中にお寺を建てる」ということであります

お位牌がないということは

まだ誰も先立たれていないというだけのことで

家を建てたら仏壇を置くのが本来の姿です』

 

私の家は私の祖母が亡くなって仏壇ができた家です。それ以来、今でも、毎日仏壇にはごはんとお茶をあげて月命日のお参りにお坊さんがやってきて、お墓参りも両親は頻繁にいっています。私も、今は実家暮らしなので毎朝お線香をあげています。

仏さまというより、自分のルーツであるご先祖様を大事にしよう、という想いで仏壇に向かっていました。

亡くなった人を祀るという意味だけではないのですね。

『そして、よくわからない形になり

だんだんと自分の死生観もわからなくなります』

最近のモダンな仏壇にはびっくりします。位牌が並ぶくらいの大きさで蝋燭も立てずにLEDライトが内蔵されてたり。

何百年のという人間の歴史の中で意味があってできあがった形あるものをあっさりと無くしてしまってよいのだろうか。

形式的なことだけやったって意味ないじゃん、といって形を無くして精神は残るのだろうか。

死生観やみえない世界のことに子供の頃日常でふれることがないままだから、精神のよりどころが無くなってしまうのではないだろうか。

 

家の設計の時、最近は面積にゆとりがない家も多くて現実的な暮らしやすさを優先して使うかどうかわからない和室を無くしたり、「最近の仏壇は小さいですよ」といって仏間をなくしたりすることがあるけど、

日常的なことだけを考えてつくった家に精神のよりどころは生まれるのだろうか、とちょっと考えてしまいました。

 

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

家相って実際どうなのよ?

いろいろな間取りをみていると「なんでこんなややこしい間取りなの?」

って思うものを見かけることがあります。

自然じゃない、ごちゃごちゃしている、1階と2階の位置がよろしくない、無理やりあてはめたような。

理由を聞くとこんな答えが返ってくることが割とよくあります。

「家相にあてはめているから」

なるほどねーーーーーーー。

私は家相は否定するわけではありませんが私から積極的に家相のアドバイスすることはありません。お客様ご自身にお任せしてます。

家相は見る人によって言うことが変わってきます。大筋は同じですがどこまで細かく指摘してくるかそれをどこまで取り入れるかはお客様次第なので。

家相を気にして建てた家すべてがそうとはいいませんが、家相に当てはめると無理が生じる可能性は大きい、経験的にそう感じます。

家相は長年の人の叡智の中で生まれたものだと思っています。今よりももっと自然と密接に生活して、気というものをもっと感じることが多かった中で生まれたもの。

そして、今よりももっと広い土地に建てることができて家を建てる向きも配置も制約が少なかった時代です。

今の私たちとは暮らしの価値観も土地の状況も全然違う。

100坪くらいの土地で50坪くらいの家建てるなら無理なくできるかもしれませんが。

50坪に満たない土地で30坪程度の家たてるのに家相にあてはめるのは無理があるのではないでしょうか。

そんな中で、キッチンとリビングはつながっててキッチンは明るくて水回りとキッチンが近くて家事動線が楽で収納多くて・・・。

無理だよねー、物理的にさーーーーー。

昔の家ってキッチンは奥のほうの暗いところだし、家事動線がどうのこうのっていう概念ないし、もう暮らし方が全然違うんだよね。

家相を考えるなら今どきの暮らし方は二の次にしたほうがいいですね。

家相は、当てはめて考えるものじゃなくて、その概念を利用する、って考えて取り入れるほうがいいと思います。

なんでそういうことを良しとするのか、を言わずにただ「この方角にこれがあるから変えたほうがいい」という言い方をする家相観は私は信用しません。

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

リビングで勉強するのは有り?無し?

受験シーズンですね。お子さんが受験生でやきもきしてるお母さんたちも多いのかな。

みなさんのお子さんはどこで勉強してますか?

子供部屋?それとも家族のいるリビング?

近頃は家をつくるとき、ダイニングやキッチンに勉強できるスペースをつくることがあります。

小学生のうちはどうせ一人じゃ勉強しないし、帰ってきたらランドセルをそのへんにほかってるし、明日の教科書そろえるのも自分じゃなかなかやらないし。家事やりながら勉強みてあげたいし。

さすがに高校受験や大学受験の頃は家族のいるところ、ってわけにはいかないと思うんですけど・・・。

子供がリビングで勉強することに賛成ですか?むしろそうしたいですか?

やっぱり自分の部屋で集中してやってもらいたいですか?

私は子供いませんが、もし自分が親だったら子供がいつでも集中して勉強しやすい環境は整えてあげたいと思います。

設計士としては私の意志はどうでもよくて親御さんの教育方針によるので求められればそのようにしますが、「本当にそれでいいですか?」っていう念押しというか深く掘り下げて伺うようにします。

最近こういうの多いからなんかいいなーと思うんです、程度のことではおススメしません。きちんとこれがいいという納得できる理由がないものは後々使われなくなるからです。

私は「勉強する」ということは学歴とか知識というよりも、社会にでる訓練だと思っています。自分でやることを決めて頭脳を使い考えて答えをだす、という訓練です。

そして集中力を養うということ。これができなければ仕事はできない。

好きなことをのびのびやって得意な能力をのばして欲しい、というような教育方針もいいですけど、苦手なことを克服してできないことをできるようにする努力は能力を伸ばすためにいつかは必要になると思うんです。

アスリートが苦しい練習を乗り越えてメダルを目指すように。

そういう環境を子供たちには与えたいなぁ、と私は思います。

リビングで勉強する子供、あなたはどう思いますか?

 

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ