よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 家づくり・依頼先について

丁寧に時間をかけること、効率悪くて時間かかること

お客様のペースに合わせて何回も打合せしたりたくさん提案することが必ずしもお客様のためになってるかといったら

そうでもないと思います。

家づくりの場合、ハウスメーカーのように効率重視の規格住宅だと、打合せ期間も部材を選ぶ範囲もメーカーがしっかり主導権握ってメーカーのペースで進んでいきます。

「今日は必ずここまで決めてくださいね」って決めるまで打合せ終わらせないとか。

工務店や建築士の場合、お客様に合わせて細かくじっくり打ち合わせして進めることが多いです。

なかなか決められないことも「まだいいですよ。現場でつくるまでに決めればいいから」と保留にできたりとか、ショールームも全て同行して何度も見積もりとってもらったり、とか、お客様に選択肢を多く提供できてお客様のペースで進められることを「売り」にする会社もあります。

なかなか決められないことを保留にしておくことはよくあることです。工場のラインでつくられる工業製品とちがって、現場でつくる家づくりは現場で作業するその場で決めれば済むこともたくさんあります。

でも、それによって段取りが悪くなることもあります。

発注が遅れて現場の職人さんの仕事に空きができたり、せっかく施工した部分を壊して変更しないといけなくなったり、早く決まっていればプレカットで済むところを現場で手作業になって職人さんの手間が増えたり。

早く決まっていればいいにこしたことはないんです。

今は、工場である程度材木を加工するプレカットの技術が進んでいます。現場で大工さんが加工する手間を省くことができます。それができると、作業時間も短くて済むし大工さんも楽です。

後で現場で決めるから、ということが増えると、結局また打合せしないといけないし現場での作業も増えるし、とにかく効率が悪い。

そういうやり方をしてると結果的に現場に工務店の監督さんがつきっきりになり、他の業務が滞ります。OB客のアフターメンテナンスとか新しい知識を仕入れることとかできなくなったり、管理体制も煩雑になるでしょう。

お客様のペースに合わせて「いいですよ~」と時間をかけること=丁寧な仕事、とは限らないわけです。

残業が多いからといって仕事がたくさんできる人とは限らない、っていいますよね。そんなことが会社にも当てはまると思うんですよね。

お客様がそんな内部事情を知ることはなかなかできませんが。

いろいろなところと仕事をしている私の立場だといろいろ見えて、もっとここを改善すればいいのにー、と思うこともしばしばです。

↓↓↓遊びに来てね~!

5月4日(金曜)9時~16時

『春のわくわく相談会』無料

碧南市 ゆとりこーひー珈芳駐車場

碧南市雨池町3丁目34番地4

ショベルカー体験、ネイル体験などお子様向けから、住まいづくり、ローン、税金、年金、法律の相談会、などなど。

抽選会もあるよ!盛りだくさん!

地味だけど「いい会社」とは

私は地域密着の工務店数社と家づくりの仕事をしています。

その中のある工務店さん、工務店としては規模は大きめでモデルハウスをいくつも持っているような会社です。

その会社のことを家づくりを希望している人たちに紹介する時どんな特徴の会社か説明するのにちょっと困るのです。

なぜかというと、オールマイティーに優秀だから。

ブランディングの話になるとよく言われますが「なんでもできます、ターゲットは誰でもOK」それでは「誰もこない」

まさにそんな感じ。

つくっている家もそこそこおしゃれ、ナチュラルかわいいものもあれば、モダンでシャープなものもあり、和風もできる。

なんでも器用にこなせられる技術力をもっている、どんなお客様にも対応できる実力をもっている、そんな会社なのです。

何かひとつに突出せず、地味に一生懸命、質実剛健。そんなイメージをもってました。

最近久しぶりにその会社のHPをみたら、キャッチコピーのようなものが載っていて、どうやらコピーライターに考えてもらったそうですが。

「質実剛健施工」って書いてありました。

地味過ぎない!?キャッチコピーにしては。

でもほんと、そんなかんじの会社なのです。

マーケティングやデザインに力をいれて急成長していく地域密着工務店を時々みます。じゃあ実際建ててる家の品質はどうかというと、できあがった現場を私たちプロが見ると一目瞭然です。

「意外とたいしたことないな」と感じることがほとんどです。急成長には現場の職人さんが追い付かないんです。家づくりは「組み立てればできあがり」ではありません。

「質実剛健施工」のその会社は現場の施工にはうるさくて下手すると職人が嫌がるような会社です。他の会社でやってるような施工方法も「雨漏りの可能性が高くなるからダメ」とデザイン的にかっこよくても却下されてしまうこともたびたびあります。デザインよりも長期的な品質重視です。

そういう部分って、家を建てる前の一般の人たちには伝わりにくいんですよね。

今の世の中は目立ったもん勝ちの風潮があるように思います。劇場型人間が売れる、なんて言ったりします。

そんな風潮に流されずに「質実剛健施工」で有り続けてほしいなぁ、と陰ながら思います。

そういう工務店さんのことをもっと知ってもらうこと、家づくりを望む人に正しい判断ができる知識を身に着けてもらうこと、それが私の役目です。

 

いい家づくりをする工務店の特徴

小さい工務店のいいところ。それは変化への対応の良さです。

何か新しい技術や製品を現場で採用したいってなったとき、大きな会社だと社内の会議にかけ上司や他部署たちの意見を集め、金額の設定や取引先との関係を考えたりとあれこれがあって採用するかどうかが決まることが多いですが。

数人規模でやってる工務店だとそういうわずらわしさが無く、現場担当者=会社の決裁権者なのでその場でどうするかが決まります。

家づくりというのはあちらを立てればこちらが立たず、というような矛盾するようなことがいろいろあります。すぐに作れるものではないし試作ができるわけでもないし結果がでるのは数十年後なので本当にいいかどうかは考え方次第、というところもあります。

それをあーだこーだとあれこれ考えていくのが家づくりの面白さでもあるのですが。

その、あーだこーだをやる人が小規模工務店だと現場を良く知っている人=社長さん、なことが多いので改善も早くなります。

規模の大きいところだと、現場で起きていることじゃなく会社の事情や現場を見もしないトップの意見で決められていくこともあります。それ家の品質と関係ないじゃん、っていうこともあるんです。

小さい工務店だからいいというわけではないですよ。

たいした根拠もなく、いつもこのやりかただからという理由で採用していたり、現場監督が知識もなく業者任せでおこなっていたりするような会社は質の向上にあまり積極的ではないですね。

家づくりに限らずものづくりはそうだと思いますが、ひとつひとつの材料の選定や工法には理由があります。長年使われていて慣習になっているとしても、そうなっている理由があります。

その理由をきちんと説明してくれるかどうか、それが工務店の品質を見分けるポイントです。

品質の向上を考え材料や工法の選定に時間をさいているか、それを採用した理由が明確であるか、

いい家が欲しいなら、そういう点をどんどん質問してみましょう。

そしてその答えが明確でわかりやすく説明してくれるかどうか。

それがあやふやな会社はやめたほうがいいですね。

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ