よつば暮らしデザイン室

ブログ

地味だけど住んでから困る 
家づくりで見落としがちなこと トップ3

家づくりは「もっとこうすればよかったな」と
住み始めてから気が付くことはどうしてもおこります。

長期間、何度も打合せしたのに、気が付かなかったこと、
というものもあります。

それはたいてい、設計する側から見たら「いつもこうやってる」から
わざわざ説明しないこと、で起こりがちです。

今まで300軒以上の家づくりをしてきた中で、
正直にいいます、
「しまったな」と思うことは何度もあります。

現場監督から、
これじゃ納まらないから変えとくよー、と言われたことも何度もあります。
(建築士ならみんなあるはず!)

現場で気づくことならいいですが、
建築士も、現場監督も、これがいつものやりかた、と思っているけど
お施主様からしたら、そうとは思わなかった、ということもあります。

実は、地味なことこそ、これが起こりやすいのです。

今回は、
【地味だけど後で困る、家づくりで見落としがちなことトップ3】
をお伝えします。

第3位 玄関ポーチの奥行が狭い

ドアを開けて中に入った玄関の広さは気にするかもしれませんが、
みなさんドアの外の玄関ポーチの広さを気にしませんね。
なんとなくテキトーに書いてる営業さんの多いこと多いこと。
ポーチの奥行が小さいと、玄関ドアを開ける時に後ろに落ちそうになります。
90センチくらいに書いてる間取りがよくありますが、
それでは小さいです。
ポーチがタイル仕上の場合、タイルって30センチ角が多いのですが、
タイル4枚分の奥行が妥当です。
敷地状況などで奥行が取れないなら、
横に広くするとか、スムーズな出入りができるような工夫が必要です。
これと同じようなことで、ポーチ屋根も重要です。
ポーチ屋根が小さいと、雨降っている時、出入りするたびにびしょびしょになりますよ。

第2位 収納の奥行が思っていたより小さい

建築図面の寸法のうち方は、柱や壁の芯から芯を表すことが基本です。
収納の奥行の横に「450」という数字があるから余裕で入るな、
と思っていたら、40センチくらいの物が入らなかった、
ということが起こります。
棚が取りつく場合は「可動棚奥行350」などという表記があるかと思いますが。
棚がつかない場合は仕上がりの奥行表示はまずしません。
入れるものが決まっている場合、そのサイズを伝えましょう。
奥行がギリギリになりそうなときは「有効〇〇センチ」という表記をしてくれます。
これをしておけば、その寸法を確保できるように現場も考慮してくれます。

「棚奥行○センチ」という表記も、ひょっとしたら微妙です。
扉がついている場合、その表記の寸法よりわずかに小さいこともありえます。
先ほど書いたように、建築の寸法は柱の芯々です。
柱を最初に建て、それから壁の下地をつくり仕上材がきます。
「棚奥行○センチ」と書いてあっても、現場でもし数ミリ足りなかったら、棚を数ミリ切って納めることは、十分にあり得ることなんです。
数ミリくらい気にしない、と思うかたはいいのですが。
数ミリ足りないがために入らない、ということも無くはないです。

第1位 カーテンがぶつかる

窓がコーナーにあるところは要注意です。

さらに、この図面の位置ではカーテンレールにクローゼットドアがあたってクローゼットが全開できない、ということもあり得ます。

ドアがないとしても、窓がコーナーにあるとカーテンを開けた時に
カーテンが常に窓にかぶさっていることになり、
見た目がきれいじゃありません。

30坪くらいの家の間取りだとこういうことが起こりやすいです。
狭いところに窓やドアがひしめくので。

こういう場合、窓枠の内側にカーテンを取り付けるという方法もあります。
それで気にならない人はいいですが。
通常カーテンは、窓より一回り大きいサイズで、窓枠より手前に覆いかぶさるように取りつきます。
窓枠内側に取り付けると、すき間がどうしてもできるので、あまり美しくないなぁ、と思うんですよ、私は。

カーテンは引き渡し後に自分で手配することも多いと思います。
そうなると、設計段階でカーテンのことまで考慮されないこともあります。
いざカーテン屋さんが来た時に「どう取りつけますか?」となり
思ってたことと違う!となるかもしれません。

いかがですか。え!そんなこと考えてつくってるでしょ!と思うようなことですが。
窓を大きくしたい、とか、収納を大きくしたいとか、
もともと提案されたものよりサイズアップする時は起こりがちです。
デザインにこだわったために起こることもあります。
デザインや性能だけでなく、経験豊富で細かい配慮がされる会社を選びたいですね。

そんなアドバイスもします。
デザインだけでなく使い勝手もよい家を目指したいなら
間取り相談セカンドオピニオンを活用してくださいね。


PAGE TOP