よつば暮らしデザイン室

ブログ

家づくり契約後に「えっ、そうだったの?」とならないために

いろんな工務店さんとお仕事していてよく感じるのは、

どの会社も一長一短、得意不得意があるということ。

得意としていること、重要視していること、特徴として打ち出していること、そういうことは積極的にPRするし、丁寧に説明します。

でも、そうじゃない部分って、お客様に詳しく説明せずに「標準です」で終わっちゃうことがほとんどなんですよね。

お客様も自分たちが気にしていることや目につくことは質問して確かめたりするけれど、

そこはやっぱり素人なので隅々まで質問できるわけではありません。

そうなると、いざ契約して細部を決めていく段階で、「え、そうだったの?」ってことがおこります。

「標準です」この言葉の本当の意味は、

「うちの会社ではこれを標準にしています。世の中全般の標準的なものかどうかはわかりません」

っていう意味です。

例えば、自然素材をメインで使う会社は床はずべて無垢材、壁は全て珪藻土だったりします。トイレも洗面所も。トイレは汚れやすいから拭けるものがいいなぁって思っている方には無垢材は不向きです。でも、自然素材を前提にしている会社は「みなさん無垢の床にされてますよー」で終わってしまうんですよ。

そこはもうちょっとお客様の性格や生活スタイルを聞く必要があると思います。こういう時にハウジングコーチが役に立つんですよね。

キッチンやユニットバスなどの設備は会社によって差が出やすいところです。だいたいどの工務店もメインとするメーカーがあってそこはお値打ちになるのだけれど。選べるメーカーがいくつかある工務店もあれば、他を選ぶととんでもなく高額になったりする工務店もあります。

このへんは本当にさまざまなので、契約前に自分たちの希望のメーカーを決めてそれがいくらで入るのか確認しておいたほうがいいでしょう。

どの工務店も、自分たちの特徴を打ち出して自分たちが考える「いい家づくり」を目指しています。でもそれは、家づくりのすべての部分に均等に最高水準を目指しているわけではありません。

依頼しようと思っている工務店があなたにとってベストかどうか、見極める必要があります。

そこがぴったり合えば家づくりの7割がた成功といえる、と私は経験から感じています。

でも、それを家づくりの知識も経験もない人が見極めるのはまず無理です。

だから、専門家のセカンドオピニオンが役に立つんです。

ハウジングコーチでお客様の個性と価値観を知り、工務店の特性を見極めて、最高の家づくりへ導きます。

 

【ハウジングコーチでわかる理想の住まいづくりワークショップ】
◎そろそろ家づくりかなぁっておもっている方
◎いろいろさがしてるけど決まらない方
◎リフォームしたいんだけどどうしたら
いいのいいのか悩んでる方
情報ばかり集めても答えはでません。あなたの人生観や家族観を紐解くことで、あなたにふさわしい住まいがわかってきます。 
前半のセミナーでは、住まいづくりが成功する方法についてハウジングコーチ協会理事長平田広幸からお話があります。 
後半は、あなたの理想の住まいをビジュアライズする「インテリアコラージュ」と、言葉で表す「カードゲーム」を組み合わせたワークショップを行います。 
次のステップがきっと見えてきますよ。 
どうぞお気軽にご参加ください。お待ちしてます!

日時:2019年9月29日 日曜 10時~12時
場所:岡崎市 甲山閣 
HP
愛知県岡崎市六供町甲越6−21

参加費:500円(税込)
駐車場:ありますが数が少ないため満車の場合は市民会館駐車場へ停めてください
お申込みはこコチラ ⇒