よつば暮らしデザイン室

ブログ

目指すインテリアを見つけるおすすめの方法

家づくりでもおかたづけでも、最終的な目的は「自分にとって居心地のいい素敵な空間」をつくること、ですよね。

センスがなければ素敵な空間はつくれない、と思っているかたも多いですけど。

素敵=おしゃれ、でも、素敵=ハイセンス、でもありません。お店など人に見せるための空間なら人目をひくおしゃれさは必要ですけど。

住まいで優先することは、まずはそこに住む人の居心地のよさです。(人に自慢したいおしゃれさが何より大事なら別ですけど)

あなたが居心地のいい素敵な空間をつくるためにまず大事なことは、

自分の心が何に「素敵!」って反応するか、知っていることです。

よくあるのが、雑誌やネットの写真をみせていただくのですが、その写真のどこに素敵さを感じるのかわからない人が多いこと。

写真をいろいろ見せていただくのはいいのですが、1枚の写真でもいろいろな要素があります。

色だったり形だったり、部屋の広さだったり置いてある家具だったり、窓から見える景色だったり、インテリアじゃなくって単に写真の明るさだったり。

それらの全てでその写真のイメージはできあがっているのですが、その写真の何に目が行くか、そこから何を感じるかで、あなたが何に素敵さを感じているのかがわかります。

大きな窓に明るく前向きな気持ちを感じるとか、白い部屋にすっきりした気分を感じるとか、木がふんだんに使ってある部屋に安らぎを感じるとか、ビンテージな家具にカッコよさを感じるとか。

素敵だなと思うインテリアの写真を3,4枚選んで1枚の紙に貼ってみます。それぞれに感じることを分析してみます。何か共通することがありませんか?

それが、あなたが目指すインテリアです。

家づくりの時に、写真をたくさん集めてばらばらのまま「これがいい、こうしたい」っていう人は多いですが、1枚にまとめるということをやると、自分が何に魅かれるのかわかりやすくなります。

漠然と「こんな感じにしてください」って依頼しても、全く同じ間取りで同じ素材で同じ家具ではないのでどこかが違ってきます。その写真の中でどこを目指せばいいのかを依頼先に伝えられなければ、せっかくいろいろ考えたのに「イメージと違った」となってしまいます。

それはプロがくみとってくれるんじゃないの?と思いますよね。うーん、くみ取るというか、聞きだすんですよね、だからしゃべってくれる人じゃないと見えてこないんですよ。いろいろ質問しても「わかりません」だけだとさすがにどこも目指せない。

私はコーチングで聞きだして分析してまとめる、ということができるので、イメージづくりは得意ですし好きなことの一つですね。

自分が好きなものを自分でわかっている、ということはセンスうんぬんじゃありません。見る目をもっているか、だと思います。

 

 

「そろそろ家づくり」の方へワークショップ開催します!
【カードゲームでわかるあなたが幸せになる家】
あなたの理想の住まいをビジュアライズする「インテリアコラージュ」と、言葉で表す「カードゲーム」を組み合わせたワークショップを行います。
6月2日 日曜 10時~12時
参加費:おひとり500円
場所:岡崎市内
お申込み、お問合せはメッセージください!