よつば暮らしデザイン室

ブログ

家づくりに興味がないからなんでもいい、ではもったいない

家づくりする人はみんなこだわりのある人、って思うかもしれませが案外そうでもないです。

当然のことながら住むところはどんな人でも必要なので、実家の土地があるから子供の成長に合わせてそこに建てるとか、古くなったから建て替えとか。こういう家にしたーい、っていう想いがなくても家を建てる人もいるわけです。

「全然こだわりないんで何考えたらいいかわからないし、なんでもいいです、決めちゃってください」

って最初の打合せで言われることもあります。

ところがですね、

2回3回と打合せしてくるとだんだん変わるんですよねー。

「あれから考えたんですけど、こここう変更したいんですよね」「外壁はやっぱりもっと明るいほうがいいかなと思って」

出てくる出てくる、要望が。ぜんぜんOKですけどね、こちらはそんなことは慣れてるので。

家なんて当たり前すぎて、あるもので生活できればそれでOKっていう人は多いです。賃貸に住むってそういうことですものね。

あるものに合わせて生活する。

もちろんそれも素敵なことです。なんとかなるものです。

もし、家をつくるという考える機会があるのなら、その機会を最大限活かしてほしいな、と思うのです。

せっかく人生で一番大きな買い物をするわけですから、費用対効果を最大限に、満足度を最大限に。こんなもんかで終わらせるか、これ最高!に価値を上げるか。

センスとか好みとかそういうことではなく、興味がないと言って意識を向けないか、そういうものがあるのねといって意識を向けるか。それだけで見えるものが違ってきます。

自分の家を、どうでもいいものにするか満たされる場にするか、あなた次第です。

のこりわずかです!

まちゼミ『心もおうちもスッキリ!かたづく暮らしのコツ」
3月12日 10:00~11:30 残席1名
3月26日 13:30~15:00 残席1名
岡崎市りぶら 101会議室
参加費無料