よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 家づくり・段取り

注文住宅のインテリアで失敗を防ぐために必要なこと

家づくりは長丁場です。

決めることがとーってもたくさんあります。

家づくりを考え始めたころ思い描いたなんとなくこうしたいっていうイメージ、それをいざ現実化していくために

床はどれにする?ドアはどれにする?窓の大きさは?って具合に次々きます。

床とか壁とかドアとか、誰でも思いつく大きな部分だけではなく

小さい部材、例えば、ドアの周りの枠とか、床と壁の間の巾木とか、棚板とか取手とか・・・・。

色だけでなく素材によってもお部屋のイメージは変わります。

そういうものを次々決めていくわけですが。

目の前のものだけで「どれがいいかな」って考えていると出来上がってみるとちぐはぐになります。

もっというと、工事でできるものだけで部屋のイメージはできるわけじゃなくて、家具置いて日常生活で使うあれこれが置かれてインテリアは完成です。

そういう後から置かれるもの無しで、家づくりの工事の段階でインテリアを完成させてしまうと、生活してからがごちゃごちゃになります。

完成現場で素敵にできあがるのではなく、完成した時は物足りなくていいのです。

最近は、どこの会社もデザインに力をいれるのであちこち飾り棚やらアクセントをつけたがりますが、たいてい過剰です。

完成現場をみてると「おなかいっぱい」って感じる家が時々あるんですよね。あちこちにアクセントクロスがあったり、床の色が部屋ごとにちがってたり。目に入る色の数が多すぎ。うるさい。

こういう失敗がなぜ起こるか。

最終的なゴールのイメージができあがっていないからです。

その都度その都度「いいもの」「欲しいもの」を選んでいるからです。

ひとつの空間にあるたくさんのパーツを積み上げ式に考えてると失敗します。

目指すゴールがあってそれにするためには何が必要か何がいらないか、常に全体を意識してないと。

なんでも自由に選べる注文住宅は、自分の好きなものを次々選びがちだけど。

それ本当に欲しい?本当にいる?あなたの目指す世界はどこなの?っていうコントロールをするのが私たち建築士の仕事でもあります。

そして、なんでもお客様の欲しい物を採用することが「お客様に寄り添うこと」とは違う、とも思います。

 

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

セカンドオピニオンが必要なわけ

家づくりのセカンドオピニオンってそんなにあるサービスじゃないんですよね。つくってる会社の数に比べたら全然ない。

つくってくれる人が教えてくれる。つくってくれる専門家の言うことを聞いていれば大丈夫。そう思っている人がほとんどだと思いますが。

うーーーん、たしかにそれは間違いではないけれど。

そもそも、そのつくってくれる専門家の言うことは誰もが同じことをいうわけではありません。そんな中で、素人が正しい判断ができるかっていったら、無理でしょう。

家づくりは、お客様とつくる側の知識差がとても大きいものです。

付け焼刃で検索して得た知識程度で判断できるものではありません。

何かを買うとき、家電とかパソコン関連とか車とか、みなさんはどれくらい調べて比較しますか?

スペックまで調べて徹底的に比較する人もいれば、価格と機能と見た目の好みでサラッと決めてしまう人もいるでしょう。

何度も買い替えるものや、個人的に使うものならそんなに気にしなくていいかもしれません。もし失敗したとしても人生に影響あるほどのことはないでしょう。

でも、家はそうじゃありません。

何十年払い続けるくらいの金額、家族が何十年と過ごすところ、財産、健康、安全、人生に与える影響は家電とは比べ物にならないはずです。

知らなかった・・・、では済まされないことを知らされないまま建ててしまっている人が多いことに、逆にびっくりします。

家づくり経験者に話しを聞くと、えっ!?それ知らないで建てちゃったの?って思うことがあります。

どうやって安全性を確保してるのか、なぜその材料を使っているのか、その性能は世の中のどのグレードなのか、他ではいけないのか、、、、。

専門的なことはおまかせします、ではなくて、わかるように説明してください、って聞くべきです。

説明されたことが、「あなたにとって」合っているかどうかは、あなた自身が判断すべきことです。つくる側がすることではありません。

そのためには専門家のセカンドオピニオンが必要なはずなんです。

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

 

家づくりであぶり出される家族関係

家族だからといって同じことに同じ方向に進もうとしているわけではありません。

家建てたい、と奥さんが思っても、ご主人も同じくらいの熱意で思っているとは限りません。

建てることに賛成しているならいいほうで、全くその気がないことも考えられます。

家族関係で何かしらの不安材料ある場合、家づくりを進めることはやめたほうがいいでしょう。

なかには、新しい家建てれば夫婦仲が改善する、と無茶な勘違いをしている人もたまにいますが、逆に問題が深刻化するだけのように思います。

なぜなら、家づくりは家族それぞれの価値観がはっきり表れるからです。今まではなんとなくオブラートに包まれていたり、どちらかが引いていたりしたことが、オブラートがなくなり激しく主張したり、ちょっとのがまんだったことがガマンの限界が見えたりします。

家づくりはうまくいけば最高に家族の関係が密になりますが、どこかが無理している場合は逆にその無理が大きくなります。

だから、家づくりを進める前に家族の話し合いを十分にしておくことは必須です。誰かがガマンするとか不満を抱えたままにならないように。

家族って、実はなんらかの問題を抱えているってことが多いんじゃないかと思うのです。夫婦仲がイマイチだったり兄弟姉妹で性格が全然違ったり嫁姑問題があったり不登校だったりひきこもりだったり。もちろん、みんな仲良し家族もいるでしょうけど。

ただ、問題があるからそれを全て解決してみんな仲良しになろう、というのは違う気がします。

家族といえども一人一人の人間なので価値観は違います。衝突もします、根本的に気が合わないこともあるでしょう。

そうであっても「いい関係を保つ」ことが家族のカタチなのかなと思います。その家族それぞれの「いい関係」。違うことを認め合って受け入れていられる関係。

自分のことばかり主張したり、不満ばかりぶつけたり、言わずに堪えたり、どうせ無理とそっぽを向いたり。そんなふうにコミュニケーションのキャッチボールがうまくいってない場合は要注意です。

表面上について出る言葉じゃなくて、その奥にある本当はどうしたいのか、という自分の意識に目を向けましょう。

今までないがいしろにしていた自分の本心と向き合いましょう。

自分じゃどうしていいのかわからない、というかたはご連絡ください。

あなたの想いや考えをしっかり伺って、現状の整理と解決の糸口を見つけますよ。建築士としての家づくりの経験と、コーチングでメンタルからのアプローチで対応します。

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ