よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 未分類

音楽のライブ配信見てますか?

音楽好きのみなさん、コンサートやライブに行けない今、人生の楽しみを奪われたようで悔しい思いをされてるかと思います。

コンサートのライブ配信は見てますか?

ライブ会場じゃなきゃ!ネット配信なんて!って正直思ってたんですよね。

ところが!これが予想以上にすばらしい!って思いませんか?見たことある人どうですか?

今夜、JUJUさんのライブ配信を見まして。

終わって1時間経っても余韻が抜けません・・・

YouTubeでMV見たりミュージシャンの動画見たりするんですけど。

やっぱりコンサートのライブ配信はぜんっぜんっ違う、伝わってくるものが。

なんなんでしょうね。電波ってリアルな人の想いや熱量はのっかってくるんですね。

胸がいっぱいです・・・

今はiPadでイヤホンで見てるんですけど。

テレビをネットに繋ぎたくなりますね。

今は多いですよね、ていうか、当たり前?テレビをネットに繋ぐのは。

家づくりの電気配線考える時、テレビのところにLAN配線したり、ルーターをテレビボードに置くこともありますから。

音響や画質がよくなってライブ配信増えそうですよね、コロナが収まっても。

すっかりJUJUさんモードにスイッチが入ってしまったのでJUJUばっかり聞く日々になりそうです。

コストアップせずに高断熱の家を手に入れる方法

今日のように急に寒くなった日は高断熱の家はその威力を実感しますね。

高断熱=外部の気温の影響を受けない、ということなので、急に寒くなっても家の中は急に寒くならないんです。

高断熱の家は、断熱材とサッシの性能で決まります。

特にサッシ。(ちなみにサッシって外部の窓のことだと思ってください)

高断熱を目指すなら樹脂サッシ一択です。

今の新築住宅で一番多く使われているのはおそらく、アルミ樹脂複合サッシ、です。

室外側がアルミで室内側が樹脂、これがアルミ樹脂複合サッシです。

樹脂サッシは室外側も室内側も樹脂です。

アルミはとても熱を伝えやすい素材で、夏は外の暑さを、冬は外の寒さを、室内に入れてしまいます。

それを改善したのが樹脂サッシです。

海外は樹脂サッシがメインなのですが、日本は遅れていて長らくアルミサッシがメインでした。ということもあって、今でも樹脂サッシは少し高価です。

でも、この商品がでてきて樹脂サッシはかなり使いやすくなりました。

YKKのAPW330

この商品が出てから、それほど高断熱住宅をウリにしていなかった会社もこれを採用して高断熱を標準仕様とするところも増えました。

高断熱住宅にしたい、でもそんなに費用をかけられない、というなら、

APW330を標準仕様として採用している会社を選びましょう。

これを標準としていなくても、ほとんどの工務店はオプションとして採用することはできるでしょう。でもそうすると、けっこうな金額アップにつながります。

オプション採用って割高なんですよ。

標準仕様として採用している会社は、おそらく業者さんやメーカーとそれなりにお値打ちに仕入れる取り決めをしているはずです。だから標準仕様、っていうんです。

APW330を標準仕様にしているからといって、他の部分がとってもローコストで抑えられてることはあまりないかと思います。

お得に高断熱な注文住宅建てたいなら、APW330を標準仕様としている住宅会社を候補にしてください。

家づくりでの男と女

家づくりの打合せはほとんどの場合ご夫婦でいらっしゃいます。

家づくりは女が中心、って思うでしょうが、そうじゃないこともあります。

夫婦二人とも細かい、ってこともありますが、たいていどちらかに偏ります。主導権をどちらが持ってるかってことです。

奥さまがあーしたいこーしたいと言いつつ、決定権はご主人、ってこともあります。

ご主人が細かいことも多いです。

ただ、男性の細かいことと女性の細かいことは中身が違いますね。

女性は、自分のあれやりたいこれが欲しいやっぱりこっちがいい、ってひたすら自分がどうしたいかで悩む。

男性は、これはいくつでどうなっていてどういう機能で結果どうなるのか、ってその物について細かく知りたがる。

みんながみんなそうではないですよ、傾向としてってことで。

家事のメインは奥さんであることが多いし、ご主人は家にいる時間が短いから主導権は奥さん、って思ってるかもしれませんが、必ずしもそうではなく。

決められない奥さんってけっこういらっしゃるのでご主人が話をまとめて最後の決定をくだす、ってことも多いです。

奥さんが2回しかこなくてあとは全部ご主人が一人できたって人もいたなぁ。

奥さんが中心だからって言う割には、結局自分の意見を通さなきゃ気が済まないご主人もいたし。

このへんは、普段の生活もきっと一緒でしょうね。

たぶん、財布をどっちが握ってるか、じゃないかなぁ。

何十組って夫婦を見てると思うけど、夫婦って二人で一つっていうか、本当にそれぞれのかたちがあって。

家づくりも夫婦の在り方も家族のかたちも、同じものは二つとないなぁと思います。

PAGE TOP