よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 家づくり・セカンドオピニオン

家づくりで私が納戸を勧めない理由

間取りをつくるときにお客様からよくある言葉が

「収納をたくさんほしいです」

はいはい、そうですよね。その気持ちはわかりますが、私が絶対におすすめしない収納場所があります。

4畳半の納戸

これほど使いにくいものはない!!!

かたづけサポートで伺ったお家でも納戸のあるお家はありました。

案の定みなさん、物を詰め込むだけ詰め込んで使えていない。

広そうに見えて実は無駄が多くて出し入れしにくいのが4畳半という大きさです。

タンスを置くにしろ、棚を作るにしろ、真ん中がどうしたって空くんです。

そうなると、そこに物を置いちゃうんですねー、適当に、ダンボールのままとか、ハンガーラックとか、カゴにいれたものとか・・・。

そういう物が手前にあると奥に行かなくなる、奥の収納が死んだ状態になる。

4畳半を効率よく収納に使い切るには難しいパズルを解くような難しさがあります。

どうしたって動線に使われる部分が多くなって、面積に対する収納スペースが少ない気がするんですよね。

こういう細長い配置にしたほうが無駄に空きができなくて使いやすい。

これでタンスの前の床に物を置いちゃうようだとかたづけの仕方にかなり問題ありですね。

「収納のための動線」は短いほうが面積的にもかたづけしやすさにしてもGOODです。

 

間取りのセカンドオピニオン承ります
「提案された間取りで本当に大丈夫なんだろうか」
「もうちょっとこうしたいんだけどうまく伝わってないみたいで」
家づくりで一番悩む『間取りつくり』依頼先の設計士とは別の専門家の意見を聞いてみませんか。

対面またはZOOMで2時間以内
メールでも承ります。間取り図と気になることを書いてお送りください。
1回5000円(税込み)
お申込みお問合せは右上の「お問合せ」からお送りください。

 

住まいづくりセカンドオピニオンを利用して欲しい!

私は数社の工務店とお取引があって、家づくりの設計をしています。

それぞれどの工務店さんもいい家づくりをしようと真面目に自分たちの家づくりを模索し取り組んでいらっしゃいます。

本当に各社さまざまなんですよ。

家づくりっていうのは、あちらを立てればこちらが立たずっていうことがいろいろあって、「正解」がないようなものです。専門家でも意見がわかれることはいくらでもあります。

『この工務店はこういう考えがあるからこういう家づくりをしている』

そこまでわかって家づくりをしている人はとても少ない気がします。

「そんなこといっても難しいことわからないし、そこまで熱心じゃないし・・・。」

えっとですね、その姿勢は間違いなく損です、金銭的にも。

家にいることが好きだから、インテリアが好きだから、そういう人だけが家づくりにこだわりを持ってるなんて思ってたら大間違いで。

賢い消費者は家づくりを「正しく」選ぶ、だから無駄にお金を払わなくて済むし、性能もきちんとした家が手に入るんですよ。

ここでいう「正しく」とは、自分たちが何を優先し判断し決定していくか自分たちがわかっている、ってことです。

専門的なことがわからないのは誰でもそうです。だからこそ、専門家にわかるように説明してもらう。

「なぜこうなってるんですか?」「これはどういう意味ですか?」

それを聞いて納得できる回答を得られるか、それができる人は満足度の高い家づくりができるし、知らない間に質の劣るものになってることもないし、無駄に高いものを使われることもありません。

「そんなこと言ったって、何を聞いたらいいのか全然わからないし」

そのためにセカンドオピニオンはあります。実際に数社と家づくりをしているからこそわかる、工務店のあれこれを教えます!

「これはこういう意味だからこう質問したほうがいい」

「こう聞いてこう返ってきたら合格、こうかえってきたらそこはイマイチ」

「これがこの金額なのは理由をきいたほうがいい。安くする方法があるかも」

実際にいろいろな工務店と家づくりをしている建築士だからこそ、教えられることがあります。

【住まいづくりセカンドオピニオン】
工務店との契約前、契約後、いずれもOK。私、佐藤百世に設計を依頼しなくてもOK。
提案された間取りについて本当にこれでいいのか、2社までしぼったけどどう決めたらいいのか、間取りはいいけどデザインがイマイチでどう要望をつたえたらいいのか、などなど。
対面またはZOOMで。対面の場合は弊事務所にて。
1回のご相談2時間以内 5,000円(税込)


『はたらくなでしこ』出展します!
7月21日 日曜 @蒲郡市にある住宅展示場SEARESラグーナ
「あなたの夢のサロンを実現させよう」
インテリアコラージュとコーチングであなたが思い描くサロンをビジュアライズしていきます。夢を夢のままにしない第一歩をサポートします。

 

 

地震に強い家が欲しいなら見る目を厳しくしてください

建築士が必要になるときというのは、建物をつくる時、なのだけど。

自分が設計するときだけもってる知識を使うのじゃなくて、もっと世の中に建築の知識を伝えて一般の人を啓蒙する必要があると私は思っています。

なぜなら、一般の人たちにもっと厳しい目をもってもらいたいから、それが安全で質の高い建築物を生み出すことになると思うから。

安全で質の高い建物って当たり前なんじゃないの?って思うかもしれませんが。

残念ながらそうじゃないと思わざるをえないことが、建築業界では起こり続けてます。

少し前におきた秀光ビルドの件や、最近おきたレオパレスの件など。

ここまで明らかにマズイことじゃなくても、グレーゾーンなところ、悪くはないけど正しくもないよね、ってことはたくさんあるのではないかと思ってます。

地震に強い家がいいから耐震等級3で、っていう人は多いけど。
耐震等級3なら大丈夫なわけじゃありません。等級3なんて壁の数増やすことすればできてしまいます。

その前に間取りが重要なんです。

耐震等級計算できない営業さんや現場監督あがりの工務店の社長がつくる間取りは、これ大丈夫か?って思うものがあります。こんな間取りで「等級3とれてます!」って言わんで欲しいって思うこともあります。

知識のある人ならば、荷重のかかりかたや力の伝わり方を考えて間取りをつくります。お客様の条件やデザインや動線だけで間取りができるわけじゃありません。

できるだけ安全に質の高いものを提供したい、だけどその価値をわかってくれる人がいなければ、それを提供することはできないのです。

だから、建築に向く目を厳しくしてもらいたいって思うのです。

こだわりの家や昔ながらの家づくりをしているような小さな会社や大工さんで、大手のローコスト系住宅やハウスメーカーを「あんなのは・・・」って敵対心もって見ている人がよくいるけれど、

じゃああなたはそれに負けないように自分の良さをちゃんと多くの人に伝える努力をしてるの?って思います。

良さを見分けることを教えもしないでおいて「いいもの」を提供したって、見分けることなんてできないですよね。

建築士はそれをすべきです。

つくるときに設計してるだけじゃなくて、建築士の知識や経験はもっと役に立つはずです。

自分の仕事に直接結び付くかどうかじゃなく、建築の知識を広めるために自分の知識をもっと多くの人に伝えることをしたほうがいい。

それが回りまわって、真面目に建築を考えてる建築士の活躍の場を増やす、そう思うのです。

家づくりのセカンドオピニオンを受け付けています。見る目を養うことはあなたの暮らしを守ります。

間取りのセカンドオピニオン
おしゃれに見えるけどその間取り大丈夫?耐震等級3とれてるから安全、ではありません。必ずしも知識のある人が間取りをつくっているわけではありません。生活しやすい間取りかどうか、構造強度は大丈夫か、アドバイスします。(新しい間取りをつくることはしません)
1回2時間程度 5,000円(税込)

依頼先選びアドバイス
見た目にすてきなデザインや営業さんの人柄で一生の住まいを決めて大丈夫ですか?住宅業界歴25年の建築士が業界の実態をふまえて家づくりの依頼先選びを指南します。
1回2時間程度 5,000円(税込)

 

↓↓↓受付中↓↓↓

『カードゲームでわかるあなたが幸せになる家』
2月24日 日曜 13:00~15:00
参加費 おひとり500円
場所 SHARESラグーナ蒲郡 愛知県蒲郡市 海陽町2丁目7−3
くわしくは 
コチラ 
右上のお問合せ、またはFacebookメッセンジャーでも承ります。