よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 家づくり・ハウジングコーチ

自分に自信がもてないあなたへ

自分自身を知ることは強さと自信を手に入れる、そう思います。

自分自身を知る方法はいろいろあるけど、ハウジングコーチも実はその一つです。

もともとは家づくりをよりよくするためにつくられた手法ですが、自分の過去現在の日常を振り返り欲しい未来をイメージすることは、結果的に自分をとてもよく見つめることになります。

特にハウジングコーチは何か特別な夢や目標について語るわけじゃなくて、ものすごく日常のことを話すので「素」がわかるんですよね。わざわざ人には話さないような日常の当たり前が。

いろいろな視点からそんな自分を見つめて、ちょっとだけ先の現実的な未来をイメージしていきます。

セッションの最後には、手に入れた未来の自分から今を振り返ってもらいます。

先日のセッションでも最後に「新しい家を手に入れて5年後、振り返ってみてどんな5年間でしたか?」と質問しました。

その答えはこうでした。

「自分の好きなものを手に入れていいんだ、ってわかりました」

その時のクライアントさんの表情がとても穏やかで満足そうな表情をされていました。

ここだけ見ただけだと、「ふーん」で終わっちゃうかもしれませんが、子供の頃住んでいた家のことから始まって、日常の家事のこと、趣味のこと、などなど2時間余りご自身のことを掘り下げた後の言葉です。

なんだか、クライアントさんご自身が自分自身の生き方にOKサインをだしたような、そんな感覚を私は受けました。

 

人は誰でも好きなように生きていいはずなのに、なぜかそれができない。

自分が何を望んでいるかさえわからないこともある。

自分の人生の舵取りは自分のはずなのに。

 

日常の自分を掘り下げ手に入れたい未来をイメージすることで、本来の自分が望むものがわかりこれが自分だって思えるようになる。

ああ、私はこんなことをいつも感じてるんだ、これが私なんだな、これを求めてるんだな、これを手に入れたら自分らしくいられるんだな。

ハウジングコーチではそれがわかります。

それは欲しい未来をつくる自信にもなる。

そんなことを感じたコーチングセッションでした。

 

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

自分の人生と家族について真剣に考えたことありますか

生きている中で、自分の人生のあり方について深く考えて行く先を決める機会ってどれだけあるでしょう。

進学や就職は自分一人の人生について考える機会ですよね。自分の夢や興味あることを深く掘り下げる機会です。

家族やパートナーとの関係までを含めて考える機会ってなったらどうでしょう。

結婚はとても大きな出来事ですが、家をつくるという出来事も自分の生き方や家族との関係について考えるとても大きな機会です。

でも、そういう意識をもって家づくりに向かう人は少ないように思います。

そんなに深く考えなくてもだいたい間取りが合って予算に収まれば家はできるんですよね。

そもそも家とかインテリアとかデザインとかに興味なければそんなもんだと思います。

ただね、人生で家族とお金と自分の未来について話し合う機会なんてそうはないと思うのですよ。家づくりはそういう現実を目の前にする機会なんです。

家というものに興味はなくっても、家族との関わりかたとか自分のやりたいこととかお金との付き合い方とか、そういうことを真正面から向き合って考えたほうが、人生の幅と深さが増すと思うのです。

めんどくさかったりあまり得意じゃないからといってそこを避けていたら、いつまでたっても現状から変わらない。

自分と向き合い何を考えているかを言葉にして人に話す、という行為は慣れていないとなかなかできることではないし、負の部分に目を向けることは精神的にとてもしんどいです。

でも、やっぱりそれをすることで自分の中の奥深くが見えて自分の軸がしっかりしていく、私は今まで何度もそんな経験をしました。

コーチングという手法は、クライアントさんが自分だけではなかなかたどり着けない潜在意識にたどり着けるようにコーチが質問していきます。あくまでもクライアントさん本人の言葉でご自身のことを語ってもらいます。答えは必ずクライアントさんの言葉にあります。だから、クライアントさん自身が納得できるのです。

家づくりを、単に「家」という物を手に入れる、お金や機能だけで考えるのではなく、家族と人生を創り上げる時間と捉えてみてください。

きっとあなたの人生がもっと自分らしいものとして考えられるようになります。

そんな方のための、ハウジングコーチです。

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

あなたの問題を解決してくれるこれからの専門家とは

「あなたの気持ちに寄り添います」っていうようなフレーズ増えてますね。いろんな業種で。

寄り添うって具体的になにしてくれるんでしょう。

話しを細かく聞いてくれる。

なんでも話せる。

こちらの気持ちを優先してくれる。

こんな感じですかね、イメージとして。

知識と経験のある専門家って、以前は「教える」立場にちかかったと思うんです。

それが今は変わりつつある。

以前ブログにも書いたけど、今は選択肢が多過ぎて決められない人が増えている時代、自分がどうしたいかがわからない人が多い時代。

そんな状態で専門家が「教える」という立場で接したら、きっとお客様の意志は行方不明になったまま事が進んでしまう。で、後になって違和感が生じる。

では逆に、先に書いたような「寄り添う」はどうでしょう。

何でも話を聞いてくれるのはとてもいいように見えるけど、それだけでは本人の気づきは浅いままで聞いてくれた満足感が大きく肝心の問題解決が最適なルートを選べない気がします。

これからの専門家は

「癒す+導く」

「同じ方向を半歩先を歩く案内人」

そんなイメージですね。

感情の変化を読み取りそこに最適な知識を与えて最適なルートを示してくれる。

士業は「先生」なんて呼ばれてるけど、いやもう、違和感でしかないです。専門家だから知識は持ってて当たり前です。これからは、知識だけでは問題は解決できない。

ハウジングコーチは、「かっこいい家」「性能のいい家」をつくることを目的としていません。住まいを通してあなたが自分で自分の人生を豊かにすることを導きます。あなたが今までどんな価値観で生きてきて何に心が反応して未来に何を望んでいるのか、それをあなた自身が気づくことから始まります。

「こんな家つくりますよ!」っていう自己アピールはほとんどしない理由はそういうことです。

===================

づくり前の、悩み不安疑問、大募集中です。

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

29/1000

PVアクセスランキング にほんブログ村