よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 家づくり・ハウジングコーチ

キッチンに収納が欲しい理由はなんですか

家づくりをするとき、私はお客様にものすごくたくさんの質問をします。

部屋数いくつとか予算は、といった基本情報から、この住まいが手に入ったらあなたはどう変わると思いますか、なんてコーチング的質問まで。

あれが欲しいこれが欲しい、という要望はどなたでもすらすら出てきます。今困っていることと今欲しいとわかっていることは人間は言いやすいんですよ。

それだけ聞いて家をつくろうと思えば作れます。住むことはできます。

でも、それだけでは70点だと私は思っています。

20代からこの仕事をして、最初のころはそういうお客様が発する言葉にできるだけ応えようと必死でした。言葉に振り回されてる、そんな感じでした。

でもある時気づいたんです。それじゃ足りないな、ってことに。お客様がわかってる要望をきいてるだけじゃ、お客様が望んでるものは手にはいらないんだってことに。

「あれが欲しい、これが欲しい」その先に望んでるものはあるんですよね。

「キッチンに収納が欲しいんです。キッチン重視です。」そういうお客様は多いです。

Aさんもそんなお客様でした。いろいろな質問をしていく中で何度も出てきた言葉がありました。

「時短」です。

フルタイムでお仕事をして子育て中のAさん。そんなにお料理は好きじゃない、でも子供にはちゃんとつくって食べさせたい、とにかく時短メニューとか時短の家電とか。そうなると、単に収納をたくさんつくればよいわけじゃなくて、むしろコンパクトに大きすぎないキッチンのほうが時短です。動線も重要だし。

同じようにキッチン重視のBさん。「キッチンに収納たくさん欲しいんですよね」とおっしゃいました。

Bさんのお話を掘り下げていくと、テーマは安心安全でした。子育て中のBさん、食の安心安全に関心が高いかたでした。できるだけ地のお野菜を使い、できるだけ手づくりで。食事って健康の基本だと思うんですよね。そんなことを語ってくれました。

AさんとBさん、お二人ともキッチンにこだわりがあったけど、その内容は真逆といっていいほどです。

それを単に「キッチンの収納充実させた家」と捉えてプランして、AさんもBさんも希望にぴったりあった満足する家になるでしょうか?

あれが欲しいこれが欲しいを集めただけのスーパーで買い物するみたいな家づくりじゃ、あなたの人生は満足しませんよ。

まぁ、その程度の人生でよければいいですけど。そういう人は一生自分の人生に不満を言い続けるんだと思います。

あなたの家づくりの目的は?その答えはそんなに簡単にはでてきません。質問にもコツがあります。

それを聴きだすのがハウジングコーチです。

【家づくり1日無料相談日】
◎家づくりを考えてるけど何からしたらいいのか
◎いろいろ探してるけど決め手がない
◎あの会社でこんなこと言われたけどどういうこと?
◎ハウジングコーチって何?
などなど、家づくりスタートラインの皆様のご相談を受け付けますよ。

4月13日 土曜 一家族さま1時間程度
場所:よつば暮らしデザイン室(岡崎市天白町64-1)

ご希望のお時間をお知らせください
右上のお問合せからお申込みください

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

 

親子夫婦でもめる前に家づくりで必要なこと

30代子育て世代の家づくりとなると大きく影響してくること。

それは、親の意見。

これは、のちのちの不平不満や親子や夫婦のギクシャクした関係を生み出す元でもあります。

 

ご主人の実家から離れて奥様の実家の土地に建てることで、ご主人の両親に申し訳なく思ってる奥様。「お父さんたちにも意見聞いて納得してもらえる家にしたいよね」

ご主人のお父さんが意見をいってくるのだけど、最初はそれほどじゃなかったのに計画が進んでもぶり返すようなことをいってきて「お父さんの意見にしたほうがいいのかなぁ」と悩み始める奥様。

ご主人の実家の隣に建てるという話しが親主導で進んで、家づくりに興味が持てない奥様。「家に興味ないのでおすすめのものでいいです」本当に興味ないのかあきらめなのか。

 

家づくりは人生の縮図です。人生観、家族観、人との関わり方、物の価値観、経済観、全てが表れます。

あいまいなまま始めると失敗の元、トラブルの元、しなくてもいいケンカの元でもあります。

これからの家をどうしようか、と思ったらまずは夫婦でしっかり腹をわって話し合うべきです。

家族について、お金について、家というものについて、どう思っているのか、どうしたいのか。

言いたいけれど言い出せないことを溜めたまま家づくりをすることだけはやめてください。誰にとってもいい結果にはなりません。

これからの人生や家族について改まって話す機会はそうあるわけではないですよね。

そういう機会となるワークショップを開催します。

今すぐ家づくりするわけじゃないけど、今のところに住み続けるわけじゃない、って思っている人は絶対にうけたほうがいい!

自分でいうのもなんだけど、たくさんの家族の家づくりをやってきた私がいうんだから、絶対うけたほうがいい。

もう本当に、心から思います。

『カードゲームでわかるあなたが幸せになる家』
2月24日 日曜 13:00~15:00
参加費 おひとり500円
場所 SHARESラグーナ蒲郡 愛知県蒲郡市 海陽町2丁目7−3
くわしくは 
コチラ 
右上のお問合せ、またはFacebookメッセンジャーでも承ります。

 

あなたが毎日している「当たり前」こそが知りたいこと

今日のハウジングコーチのセッションで途中

「えー、だっでそういうもんじゃないの?みんなそうでしょ?」ってクライアントさんが言う場面がありました。

日常でどういう習慣がありますか?
それをするのはなぜですか?
それをする時はどんな気分ですか?
それはすることでどんな効果がありますか?
どういう価値を得ていると思いますか?

こういうような質問をしていくのですが。クライアントさんにとって当たり前にやっていることについて「なぜですか?」とか「どういう価値がありますか?」って改めて聞かれて「え?やるのが当たり前じゃないの?そういうもんじゃないの?」って感じたんでしょうね。

そう思うのは無理もないけれど、あなたがあたり前にやっていることこそ、家づくりでは知りたいことなんです。

家の中で毎日何をしているかなんて、人になかなか話さないし比べることもない、でも、ぜったいにみんな違うんです。誰一人として同じ生活習慣で同じこと考えてる人なんていないんです。

毎日ご主人より早く起きてお弁当つくって朝ごはん準備して、見送ったら洗濯してトイレ掃除してお風呂掃除して。

それを「やるべきこと」と思ってるとしても、どこまで優先度合が高いかは本当に人それぞれで。やったほうがいいとはチラッと思っていても全然朝おきれない人もいるし、毎日やらない人もいれば、楽しんでやってる人もいる。

家の中の「当たり前」はぜんぜん当たり前なんかじゃありません。

だからそこを知りたいんです、あなたの「当たり前」を。

何をすることが優先で、それをすることでどんな感情になるといいのか、そのことで何を感じ取っているのか、何が満たされることが理想なのか。

同じことをやっていても、何を感じているかは違うし、何を得ているかも違います。

そこをわかっていないと、ただ動線だけ考えたりデザインをカッコよくしたところで、得られる効果はいまいちで満足度は高くはなりません。

目に見える部分だけ必死になって考えても、家づくりの目的はそこじゃありません。

 

 

【お知らせ】

2月24日 日曜 ハウジングコーチのワークショップ開催します。

オリジナルの質問カードを使ってあなたの暮らしの価値観を発見するワークショップです。

詳細は決まり次第発表します。

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ