よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 家づくり・ お金

価値が上がる家づくりと価値が下がる家づくり

あなたは、住み続けることで資産価値が上がる家と、20年後には資産価値ゼロになる家と、どちらに住みたいと思いますか?

ちょっと長いですがこちらを読んでみてください↓

Why!なぜ日本人は住宅ローンに大金を払う?

これはドイツの例ですが、欧米はどこもこんなふうに長く住むことで不動産市場で家の価値が上がります。

リノベーションという言葉がはやってきて中古住宅を選ぶ人が多いような錯覚があるかもしれませんが、

住宅市場での中古住宅の割合は日本では約36%(2013年)です。アメリカ77%、イギリス88%に比べると圧倒的に少ないです。

日本の住宅寿命は20年、と言われています。新築しても20年後には建て替える、ということです。

なのに、そこに2000万を超えるような大金を借りて30年借金を返し続ける。

海外の人からみたら「Why!?」ですよね。

私は、日本人は家に対する意識が歴史的にみて低いと思っています。

地震や台風や湿度といった自然環境が厳しいところに、木造で建てるということは必然的に朽ちていくことが早い、災害で壊れることも多い。日本ほど災害のないヨーロッパが石造なのとは対照的です。

さらに、太平洋戦争で焼け野原になった日本は住むところを早急につくる必要があった。質より量が求められた。短期間でつくりあげるプレハブ住宅メーカーが存在しているのはこういう時代背景があります。

だから、日本人にとって家はその都度建ててどんどん朽ちていく耐久消費財であって、長くもたせる資産ではないのです。

でも、費用だけは一生分かかる・・・。

私は住宅業界にはいって20数年なので、この20数年のことしか体験していませんが、大きく変わったのは阪神大震災だと思います。

大きな災害があると住宅に関する法律が見直されていきます。阪神大震災後の平成12年に大きく法律が変わって耐震性が法的に求められるようになりました。耐震等級というものができたのもこの時です。

この少しまえくらいから「欠陥住宅」というものが騒がれたように思います。おそらく、昭和50年代60年代にこだわることなくバンバン建てた家の質が悪くてそれが露呈しだした頃だと思います。(あくまでも私の見解です)

ようやく、住宅の質を気にするようになってきました。

住宅業界というところはとても古い業界で考え方も古いです。改善や変化ということをあまり好まない傾向にあります。「今までこれでよかったんだからいいじゃないか」みたいなおじさん気質です。

でも!そうじゃない人もいるんです!

どうしたらいい住宅がつくれるか、何がいい住宅なのか、それを頭つかって考えて実践して改善して、そしてそういう家づくりが好きだという人がいるんです。

たいがいそういう人はつくることに長けていて宣伝力がないので目立たないし見つけられないかもしれません。

自分の人生を預ける住まいを、消費財ではなく資産にしたいなら、どこに依頼するかをもっと厳しい目で見てください。営業さんの対応がよかったから、なんていう資産価値とは全く関係ない理由で選ぶようなことに決してならないように。

どうしたらそういう家づくりができるか、確認すべきことはいっぱいあります。そういう専門的なことを何が良くて何が悪いかわかりやすく伝えることを私はしていきたいと思います。

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

使いやすい住宅設備をお得に手に入れるコツ

こんな記事がありました。

「引っ越して9年間、ガスコンロ横にある調味料の入る引出に気づかなかった!」

 

えええええええええええええええ!!!!

気づかないって!?なぜに!?

キッチンの引出とか扉とか、片っ端から開けませんか???最初に。

注文住宅を建てるお客様は、キッチン収納なんて目を皿のようにして見まくってあれこれ悩んで決めてるから、そういう細かいことまで気づく人を当たり前に思ってたけど。

気づかない人というのが信じられなかったのだけど。

どうやら結構いらっしゃるらしい・・・。

マンションや賃貸や建売だと気づかない人もいるかもですね。自分でキッチン選んでないから。世の中っていろんな人がいらっしゃる・・・。

 

キッチンや洗面化粧台のような住宅設備はメーカーがあれやこれや新しい機能を開発して、正直言って過剰気味。なくてもいい機能がいっぱい。おまけに各メーカー大差ない。どこかのメーカーが作るとすぐ他も真似するから。

設備の価格は住宅価格に影響大です。あっという間に高額になることもあるし、ここをうまく抑えて他のところに費用をかけて質をあげることができる。

家づくりの場合、設備の価格は業者と工務店の取引具合で決まるので、メーカーや仕様をお客様で指定して決めることは価格的には得策ではありません。

工務店にお値打ちに入るメーカーを教えてもらってその中から決めることが価格を抑えるコツです。

もちろんどうしてもこれがいいっていう希望があるならいいですが。

設備のショールームいくとキラキラしてて目移りしますが、それほんとに要る?欲しい?って自問自答しましょうね。

無くてもいいものにはお金をかけない!

目の前の誘惑より長い目の質を選ぶことが、いい家づくりでは大切です。

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

家づくりの夢と現実のはざま

「夢のマイホーム」っていう言い方が私は好きじゃありません。

夢ですか?家って。夢や憧れだけで家はできないから。

夢って、いつか手に入れたいものだったりやりたいことだったりですが、「いつまでに手に入れる」と歩き出したらそれは夢ではなく明確な目標です。ひとつの事業です。

何かのプロジェクトが進行するとき、どんなものでも必ず行うのが「予算組み」。

家づくりだって同じです。

当然お金の算段はみなさんするんですけど、テンションが下がる瞬間があります。

どんな家にするか間取りやデザインをさんざん考えた後、じゃあこの家がいくらでできるかっていう見積もりとご対面する瞬間です。

提示するこちらもお客様の予算はおおよそ予測はついているので無理なプランニングはしないようにはしてるのですが、それでも何千万という額をつきつけられることは人生でそうないからか「あーそうですか」とはいいがたいでしょう。

そして予算オーバーの場合はこの後「見積もり合わせ」が始まります。

金額を「減らす」ためのあれこれです。今まであーしたいこーしたい、と言ってきたものを無くすわけです。

テンション下がりますよね。欲しい物をさんざん言った後のそれをあきらめるわけですから。

「夢」を考えたとき、それが全て叶うかどうかというとそうでもないわけで。壮大な夢をあきらめずに今は実力もコネも実績もないけどあきらめずに努力する!っていうことは美談になるけれど、家づくりで「今は現金ないし収入少ないし平社員だけど20年後はビッグになる!」っていう言葉だけで「はいそうですか」で予算上乗せはありません。

家づくりは夢じゃありません。目標のある事業です。

っていうようなことを言うと、住宅営業さんからは反対に合うでしょう。なぜならお客さんのテンションを下げるようなことは家づくりそのものへの意欲をそいで契約にならないから。会社員してたときも営業さんに同席してプランの打合せしてたとき「それは高いですよ」って言うと後になって「そういうことあんまり言わないで」と言われたものです。

言い方、なのかもしれませんが。

夢をさんざん思い描いてプランつくって後から金額を把握する、ではなく、

予算組みをしっかりしておいてから、欲しいものの網羅して優先順位をつくっておいて予算に落とし込む、というやり方をすれば、あとになってからあきらめる、ということをしないで済みます。

ぜったいに必要な欲しいもの、と、まぁまぁ欲しいもの、を最初に把握しておくこと。

これが肝です。

まぁまぁ欲しいものを絶対欲しいものに勝手に格上げしてる人が多過ぎです。

本当に欲しいものって案外少ないものです。あれもこれもより、少数精鋭で予算投入したほうが満足度は高くなります。

だから、ハウジングコーチが必要なんです。

 

===================

づくり前の、悩み不安疑問、大募集中です。

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

24/1000