ブログ

Category Archives: 日々のこと

アーティストが生み出す瞬間からくる刺激

ミュージシャンが曲を生み出すその瞬間を共有するというとても素晴らしい体験をしました。

自由空間八田で行われたこちらのワークショップ

ヴァイオリニスト竜馬とともに曲作り

参加者が自由にかいた言葉や絵を元に竜馬さんがその場で曲をつくる、という企画。

13人の参加者が勝手に書いたバラバラなものからインスピレーションを得てそこから1つのテーマにして音をポロポロと奏でそれを譜面にしていくこと1時間弱。

目の前で曲がうみだされることを見るというワクワクした感じ!!!

何かがうみだされる時の手先を見ることがたまらなく好き!!!

ピアニストが曲を奏でる鍵盤の上の手、画家が絵筆で色を載せていく手、漫画家がペンでささっとスケッチする手、書道家が墨をすって文字を載せる手。

ジャズピアノのライブに行くことが好きだけど、できるだけ手が見えるところに座るようにして、その手をひたすら見てます。

こういう瞬間を見ると細胞が活き活きしてビリビリくる感じがする。

ポロポロ音を出してるうちに、「じゃ発表します」で曲として出来上がってる。アーティストとしてはそれは当たり前なのかもしれないけど、できない人間にとってはそれはそれは不思議な過程で。

旅と願いと自然と大切なもの。そんなキーワードが曲になって。自由空間八田にふさわしいんじゃない!?

参加者のみなさんと。あれ?店主の鬼頭さんが写ってないじゃん(笑)どうやらここにいる皆さんも多才な方々らしい。

いつも他では味わえない刺激をくれる自由空間八田。

そのまま帰るのもったいなくて竜馬四重奏のCDをかけながら深夜の街をドライブしてしまいました。

ヴァイオリニスト竜馬さんが鼓、笛、津軽三味線の若手のホープに声をかけて出来上がった唯一無二の四重奏。

カッコイイ。

 

 

 

◆そろそろ家づくり、という方。計画中だけどなかなか進まない方へ

夫婦の意見を合わせる第一歩「ハウジングコーチワークショップ」

 

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

価値観が同じことは結婚の条件として大事?

結婚相手に望む条件で、価値観の同じ人、って言う人多いですよね。

家づくりって夫婦一緒に話すことがほとんどで、ましてやハウジングコーチを夫婦同時にやることも多いので、今まで何十組の夫婦に会ってるわけです。しかも、家づくりってかなりプライベートな部分まで見ることになる。

同じ価値観の夫婦より、真逆の価値観の夫婦のほうが多い気がします。

真逆というか、違う価値観のデコボコがパスルのピースのようにくっついて一つになってるような。

ハウジングコーチやるとそういう違う部分と同じ部分がとてもよくわかる。

とても几帳面な奥さんと全く気にしないご主人、おうちでゴロゴロしてるのが好きな奥さんとアウトドアなご主人、夢を語るご主人と現実的な奥さん、多趣味なご主人と無趣味な奥さん。

こういう表面的な好みの部分は対照的でも、根底の土台というか生きる価値観は一緒なんですよね。

カタチの違う二人が一緒になって一つのキレイなカタチになる。

この二人じゃないと夫婦は成り立たないなー、ってよく思います。

大事なのは、価値観が同じこと、というより、違う価値観を認め合えること。

なんじゃないかなーーーー。

と、結婚したことない私が言うのもなんですが。

いろんな夫婦を観察できるのもこの仕事の楽しいところ。

 

◆そろそろ家づくり、という方。計画中だけどなかなか進まない方へ

夫婦の意見を合わせる第一歩「ハウジングコーチワークショップ」

 

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

 

日々の暮らしに工芸品を使うということ

今日のGoogleの検索トップページ、「日本各地の工芸と匠の技に触れてみよう」クリックするとこんなページに。

陶器や織物、染色といった工芸の紹介と歴史が、けっこう丁寧に書かれてます。

工芸品、多くは江戸時代に始まっていて元々は生活に密着したもの。世の中が機械化されて効率重視になった中、「伝統」といわれるように。

伝統っていっちゃうとなんだか姿勢を正して崇めるようなものになっちゃうけど、本当は生活に根付いて日々の暮らしで使うものです。工芸って。

特別な物として扱うのではなく、日々使う物こそ丁寧につくられたものを使いたい、そう思います。

つくるときに時間と手間をかけた物は、使うときの時間に豊かな気持ちをくれるから。

それが生きてることを大切にしている気がするから。

前々からやりたいと思っていることの一つ、工芸品を使う暮らしを提案できる場をつくりたい。

ギャラリーとか雑貨屋っていう売る場、だけではなくて。紹介する、使ってもらう、知ってもらう、そんな場所。

それと、工芸品をつくる作家さんを訪ねる旅をしたい。

梨木香歩さんの『からくりからくさ』っていう小説の中に、染色だったか機織りだったか、学んでる若い女性がその工房を訪ねて調べていくっていう場面があって。これを読んだ当時草木染めをやっていた私は、こんなことやりたいなー、って憧れました。

そんなことを最近思い出す。

工芸品への想いをしばらく忘れてたけど。

私が好きだと感じるものを集める旅をこの春はしようかな。

 

 

 

4月16日 かさこ熟フェスタで「住まいとかたづけの相談」で出展します。

①かたづけ診断&アドバイス

 約30項目のオリジナル診断表であなたの苦手傾向を診断、改善策をアドバイスします

②もっとサクサク仕事したい人のためのインテリア相談

 自宅サロン、自宅ワーカーなど、小スペースでも効率よく快適に仕事するにはコツがあります。自分もお客様も喜ぶ空間にするアドバイスします。

③ハウジングコーチセッションのプチ体験

 住まいを見直すとあなたの未来が見える。通常8項目2時間半のセッションの1~2項目を体験できます。

◎すべて30分2000円(税込)

予約フォームでご希望のお時間をご予約ください ⇒ 

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ