ブログ

Category Archives: 日々のこと

親戚付き合いが薄い人から見た親戚付き合いの良さ

30代40代シングルにあるあるだと思うのですが、

盆と正月は暇になる。

なぜかというと、同年代の友人知人たちが家族親戚が優先されてお出掛けするから。

こういうとき、人とのつながりについて考えてしまう。

いろんなことで人と繋がるけど、繋がることより、その縁を続けていくほうがずーーーーっと大変なのだと思う。

この時期増える、世のお嫁さんといわれる立場の人の「夫の実家の親戚付き合いが苦痛」ってやつ。

そもそも、夫の実家の親戚付き合いが楽しい、なんてことほぼ無いと思うのですが。完全アウェイな世界にひとり放り出されるわけですから。

でもね、そういうメンドクサイことをメンドクサイで終わらせたら人の縁なんてあっというまに終わってしまうのですよ。とくに、身内といわれる血縁なんてつくろうと思ってつくれるものじゃないから。それがたくさん繋がってるとしたら、それはそれは尊いものだと思うのです。

そういう縁が薄い者から見ると。

私は、縁って網目のようなものだと思っていて。

自分が「好き」で繋げる友人の縁は広がりやすいけど偏りがあって一部にしか広がっていかない。「好き」だけではない価値観で広がった目もあるからこそ私の網目は範囲も広くなるし複雑な網目となって強固になる。それが私の人生の安心感になる。

今の時代は「生きる=命を維持する」ことにそれほど困難はないけれど、ほんの数十年前まで「生きる」こと自体に必死にならなければ維持できなかったからそのために血縁を重要視することは必要なものだった。

震災や災害があると「絆」とか叫ばれるけど、それは一朝一夕にできるものではないし好き嫌いだけでできるものでもない。メンドクサイで終わらせることは簡単だけど。

なんだかんだ言って親戚とか身内ってものは優先されるのよ、一大事には。無いよりあったほうが心強く生きられると思うのです。

縁の薄い者から見た「隣の芝生が青く見える」ってやつかもしれないけど。

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

自分の「感情」を言葉で伝えていますか?

感情を全て伝えることって、実はとても難しいんじゃないかと思うのです。

ハウジングコーチでは、「その時あなたはどう感じましたか」「どんな状態でしたか」というようなことを何度も質問します。

なかなか言葉を発しない方もいます。そして、とても饒舌にしゃべる方もいます。でも、しゃべってはいるものの「感情」や「気持ち」が意外と出てこなくて、この人はどんなことを感じどんなことを想って生きてるんだろ、っていう肝心なところが見えてこない人もいます。

説明するのは上手なんですよね。あの時だれだれさんがあーしてこーして、私はこうでこういうことがあって、、、。

でも、しゃべってるからといって感情を表現できているかというとそうではないんです。

頭のいい人だな、話しが上手な人だな、とは思うけど、どんな感情がこの人にとってベストなのか、どんな状態だとこの人らしいのか、が伝わってこない。理屈じゃなくて「素」の部分がでてこない。

私のコーチング力のなさもあるでしょうけど。

 

語彙力の問題かな、って人もいるけれど、饒舌にしゃべってるけど感情を表現することが出てこないってことは語彙力の問題じゃないと思うんです。

感情を表現できないからなんなの?って思うかもしれないけど、伝えたいのは、感情じゃないですか?

あーした、こうした、という事実だけじゃなく、あーした結果、嬉しいとか楽しいとか悲しいとか苦しいとか、わかってほしいのはそういう感情じゃないですか?

いっぱいしゃべってすっきりしたっていうのは、感情を吐き出したときじゃないですか?

しゃべった気がするけど言い足りないっていうのは、感情を伝えてないって時じゃないですか?

言葉じゃなくって伝わることもあるけれど、やっぱり、自分の言葉で自分の感情を表現できたほうがお互いの理解は深まるし距離も縮まると思うのです。

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

全人口の0.8%の性格とはどんな人?

MBTIテストってご存知ですか?

ウィキペデアによると・・・

MBTIは、ユングの類型論の指標(内向:I‐外向:E、感覚:S-直観:N、思考:T‐感情:F)に、判断的態度:Jと知覚的態度:Pという独自の指標を加えて、4指標16タイプで性格を考える。

これの簡易版をやってみました。 ⇒ 

結果がこれ

INTJ 内向-直観-思考-判断的態度

さらにこれをググってみるとこんな結果が

おどろいた、建築家型の性格だって。

しかも「全人口の2%を占めていて、特に女性はめずらしく全人口のたった0.8%です」だそうです。

自分のことを「一般的ではないな」とは感じてはいますが、最近宿命でも三大奇星が揃ってることがわかり、どうやらけっこうなレアキャラなようです、私は。

人間のタイプ分けっていうのはそれ自体はあまり意味がなく、ましてや「〇〇タイプだからこうよね」なんて言い方は人間を型にはめてるようで本末転倒だと思う。分析好きな研究者がつくりだしただけのもの。

でも、こういうことをやることで自分を知ることができて自分に対しての謎がとけるところが私は面白いって感じてついやってしまうのです。

自分をもっと活かしたい、っていうのは独立した理由のひとつでもあって、どうしたらもっと私自身のことを的確に表現できて活かすことができるだろう、っていうのはいつも考えてることです。

でも、意外と自分のことはわからないのですよね。自分でしか生きたことないからすべてが「普通」なんですよ、自分から見たら。

そういうときにこういうテストをいろいろやることで人と違う特徴を知ることができる。

それと、人と違う特徴がわかると「ま、いっか」ってあきらめがつくんですよね、いい意味で。

人になかなかなじめない部分とか人から受け入れられにくい部分がはっきりわかると、そこは逆らえないんだなって思える。

100%両手を広げて「自分大好き!」と言えるような明るさを元々もちあわせてないのだから、そんな無茶はやめといて、分析して熟考して創造して理論たてすることができるこのなかなかやっかいな性格をクスクスと楽しみたいと思う。

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ