よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 日々のこと

人気絶頂のアイドルがやめることを外野から見て人生について感じたこと

今日の中日新聞で嵐の会見についての記事があって

「スターの生きづらい時代になった」というようなことが書いてあった。

あの会見を私は見てないしアイドルやジャニーズを日頃全く見ないので、本当に外野から見て感じたことなんだけど。

アイドルって言葉は「偶像」が語源なんだよね、偶像崇拝の偶像。人が勝手に作り上げた崇める存在、人として見てない。

時々芸能記者やネット民達が「有名人なんだからプライベートなんてない、有名税だろ」って言う人がいる。

有名人として大勢の人から慕われる存在と、一個人としての存在。

嵐の大野君にしても安室ちゃんにしても、大勢の人の前で歌って踊ってファンに喜んでもらうことは、心から好きでやってたことだと思う、そこにウソはないはず。

ファンから応援されることは本当に嬉しいだろうし、やりがいもあるだろうし、それを目指して頑張ってきたことに満足感を感じてもいると思う。

でもそれと一個人の人間としての満足感とは全く別のことなのだと思う。

大勢のファンがいる「のに」、多くの人が関わっている「のに」、影響が大きい「のに」、それを辞めるなんて、ってファンの人や芸能関係者は思うのだろうけど。

人に応援してもらったり喜んでもらうことは、本当に生きる力になる。

でもそれは人生の目的じゃない。

誰かのために生きることは素晴らしいしそれが私の生きる意味です!っていう人もいることは事実。

人に喜んでもらうことは力になるからそれを自分の「心からの喜び」に感じてしまうことが多い。

でもそれは本当に自分の生きる源かどうか。

私は、生きる火種は自分の中にしか存在してない、と思っている。

人に喜んでもらうことや応援はその火を大きくするかどうかだけのこと。

圧倒的多数の意見の中でたった一人の自分を貫いた安室ちゃんと大野君の生き方をみて、若い子たちが自分を大切に生きることを真剣に考えてくれたらいいなぁ、と、外野のおばちゃんは思ったよ。

 

相手に合わせてコミュニケーションを変える?

相手が連絡がマメな人だったらマメにして、マメにするとうるさがられる人だと少なくする、って言ってる人がいて。

へー、なんてメンドクサイ、じゃなくて、細かい人だなぁってちょっとびっくりしました。

LINEやSNSの使いかたって本当に人それぞれで、好みがありますよね。

すぐになんでも書きたくなっちゃう人もいれば、すぐ長文になっちゃう人もいれば、絵文字大好きな人もいるし。

SNS上で書いてあることを仮に不快に感じることがあったとしても、それでその人の全てを不快になるわけじゃありません、私は。意見や考え方として「ああ、そういう人なのね」って受け取って、私とは違う価値観だなー、とか、私はそういうふうにはしないなー、って思うだけで。

1対1のLINEにしたって、スタンプやたらつけてくる人もいれば、1回にやたら長文に人もいるし、「そういう人なのね」って思うだけです。

私はあんまりスタンプ使わないし要件だけ淡々と書くタイプなので受け取る人は冷たく感じるかもしれません。なので多少意識して語尾をかわいくする程度です。

相手に嫌われたくないから相手に合わせてやりかたを変える。

その気持ちはわからなくもないけど、ツールの使い方がどうこうではないんじゃないかな。

それに、相手に合わせてコミュニケーションの方法変えてたら、本当のあなたがどういう人かわからなくなっちゃう。

人に嫌われないようにどう書くか、って考えるより、楽しい気分で書きたきゃ絵文字いっぱいでもいいし、真剣な内容なら淡々と書けばいいし、今これを伝えたいって思えば書けばいいし。

人に合わせて変えることが気を使えるいい人って思ってるかもしれないけど、それは違うと思うなぁ。

【お知らせ】

2月24日 日曜 ハウジングコーチのワークショップ開催します。

オリジナルの質問カードを使ってあなたの暮らしの価値観を発見するワークショップです。

詳細は決まり次第発表します。

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

変化が大きい年を生きるために必要なことは

2019年は変化の大きな年、そんな言葉をよく聞く気がしませんか?ふるいにかけられるとか、変わらない人はそのままだ、とかってことも。

私は、今年に限らず世の中の変化のスピードが圧倒的に早くなっている気がする。

その変化がいい方向なのかどうかはわからないけど。

時代の変化についていけるかどうか。

それは何も、ITの技術を理解して使えるようになろう、っていうことではなくて。

むしろ、どんなに科学技術が発展しようが色褪せない何かを持ち続けるということ。どんな時代でも変わらないポジションを持っているということ。

老舗が何百年と老舗でいるのは、何百年前と全くおなじことをただ続けているだけじゃない。どんな時代になってもその時代の人から「素晴らしい、残したい」と思われる技術とブランドを保っているから老舗として認識される。

時代の変化が大きい時こそ、自分のやるべきことに集中する必要があるんじゃないかな。

やってくる情報に影響されて、あれこれ手を出して知識を増やしてツールを増やして使えないままでいるより、今の自分にあるものを精度を高くすることに注力したほうが絶対にいい気がする。

じゃあ世の中のITの進化についていかなくてもいいかっていうとそうじゃなくって。

社会性を持つことは人として能力を発揮して生きるためには重要なので、時代の変化には敏感でいたほうがいいと思う。

自分のやりたいことがわからない、できることがない、っていう人いるけれど。そういう人を見ていて思うことは、圧倒的に自分との対話が少ないんじゃないかってこと。そして、それを言語化できてない。

感じることはもちろん重要だけど、それは着火点にすぎなくて。先に進めるために行動に落とし込むにはやっぱり言語化って必要だよ。だって人間だもの。

自分の頭で考えるにも人に伝えるにも、人間が使うのは言語だから。

できない、って言う人は訓練が足りないだけ、思考をストップさせてるだけ。

生き抜くため、っていうと大げさだけど、自分の人生を不満を言い続ける社会の奴隷のように生きたくないなら、

自分が何を感じ何を考えどうありたいかどんな人間なのか、日常生活の中で自分を振り返ればいい。特別なことじゃない。

何かに頼る癖がある人はうまくいってるように見えても脆い。

自分の人生をどうするか、答えをもってるのは自分だけ。

【お知らせ】

2月24日 日曜 ハウジングコーチのワークショップ開催します。

オリジナルの質問カードを使ってあなたの暮らしの価値観を発見するワークショップです。

詳細は決まり次第発表します。

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ