ブログ

Category Archives: 日々のこと

雑貨ではなくハンドメイドではなく、工芸という世界

手しごと、工芸、というものに魅かれるようになったのはいつからだろう。

私は、若いころから今もそれほど物の好みが変わってない。ようやく趣味に年齢が合ってきた感じ。

旅先で買う物が他の子たちとはちょっと違っていて、「そういうの好きそうだよねー」って言われてきた。

器屋さんとかギャラリーというようなところが好きだった。たくさんきらびやかに物が並んでいるところより、ひとつひとつが展示してあるような。

雑貨屋さん、とはちょっと違う。

それが、工芸、という世界なのだとはっきり気づいたのは、たぶんこの本に出会った時。

稲垣早苗さんは、それ以来私の憧れの人。俳句を若いころから志していたというその文章も、新鮮な響きをもっていて惹きつけられる。

稲垣さんの運営するギャラリー「ヒナタノオト」にも行った。残念ながら稲垣さんにはお会いできなかったけれど。

そして、稲垣さんがディレクションしているイベント「工房からの風」

全国から公募で集まった若手作家さんによるイベント。

クリエイターさんが集まるイベントなんて今やいくらでもある。名古屋でも何百と集まるようなイベントもあるし、地元でも手作り作品を販売するママが好きそうなイベントなんてしょっちゅうある。

でも、この「工房からの風」は、そういう趣味の延長のような人たちとは一線を画す。

プロ、としての作家、単にお金をとるからプロ、ということではなく。

その作品がその人の人と成り、生きていること考えていること日々の営み、そういう物が表れているような。

なんて言ったら、おおげさかな。

工芸とハンドメイドは違う。と思う。何が違うかって言われたら明確に答えられないけど。ハンドメイド作家さんが真剣じゃないとはいわないけれど。ハンドメイド、ではなく、手しごと。

工芸作家さんが集い、使う人たちと出会う場所。それが、工房からの風。

作家さんたちから作品のストーリーを聞くことがこれまた楽しい。

こうやって、この物たちは生まれてこういう形となってここにあるのね。

私のところにやってきた物たち。

買うときには使うことをイメージしながら買ってる。どんなお料理が似合いそう、とか。こういう使い方もありだよね、とか。あそこに飾ったらぴったりだわ、とか。頭の中はいろんな会話が飛び交っていて、他から見たらじーっとそこで黙って見ている人だろうけど、本人的には忙しくて。

そしてそういう時間が夢中でたまらなく好き。

 

 

大掃除の前に知っておくべき、かたづけのコツ

11月15日 水曜 10:00~12:00

2000円

年末までのメールフォロー付き!

場所:よつば暮らしデザイン室事務所(岡崎市天白町)

 

お申込みは右上の「お問合せ」またはFacebookメッセージにて承ります。

 

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

 

安藤忠雄展 挑戦

安藤忠雄といえばコンクリート打ち放しでシャープに空間を切り取ったような無機質な建物、

というイメージでした。

今までそんなに意識して安藤建築を見てきたわけではないのですが。

今回初期の作品から現在進行中の最新の物まで、模型や実際の図面やスケッチや施主へのインタビューまで並べられたものを辿ってみたら、ものすごく「自然」なのだな、と。

自邸を依頼した施主であるコシノジュンコさんのインタビューにもあったけど、家の中でスキーウェアを着ないと寒い、とか、台風の時大変、とか、どう見ても夏暑くて冬寒い、とか、歳とったら移動が大変だろうな、とか。住宅だったら住む人には優しくない、かもしれない。

でも、安藤忠雄を一躍有名にして建築学会賞を取った「住吉の長屋」に35年住んでいる施主の言葉にあったけど、住むのは苦労はするけれどここまで自然と対峙することもない。

建築物は壁と屋根で構成されるもの。その最小限のもので空間をつくり、光を生み、雨風を受け、空気を感じる。

余分なもの一切をそぐことでできあがる美。

自身の建築に対して妥協がない、とか、眼光鋭いまなざしで関西弁でまくしたてクライアントを説得する、とか、いろいろ逸話もあるけれど、自分の哲学をカタチに表現してそれをケンチクという現実に設計する、という建築家なら当たり前だろうことに忠実に実行しているのだな、と思う。

 

住宅について言えば、

コンクリートは自然素材じゃない、と思ってる人もいるかもしれませんが、水と石でできてるれっきとした自然素材なんですよね。安藤忠雄の建築にはほとんど装飾というかデコラティブなものがなく、空間を構成するコンクリートの壁や屋根やガラスの開口部で美が出来上がる。そして荒々しい自然をダイレクトに感じる。

ひょっとしたら究極に自然素材の建物かも。自然の美しさと厳しさをどちらも最高に味わえる家。

イマドキの家は、自然の厳しさを遮り人間にラクさせる家、かもしれない。

仕事のモチベーション下がったらこれ見よ。寝てなんていられなくなる。

大阪行って安藤建築を巡る旅したいなー。

 

 

大掃除の前に知っておくべき、かたづけのコツ

11月15日 水曜 10:00~12:00

2000円

年末までのメールフォロー付き!

場所:よつば暮らしデザイン室事務所(岡崎市天白町)

 

お申込みは右上の「お問合せ」またはFacebookメッセージにて承ります。

 

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

 

 

「自分と違うこと」に心がざわざわしてませんか。

自分と違う考えの人に出会ったとき、どうしますか?

SNSだと「ブロック」という技も使えますね。リアル付き合いでも、会わなきゃいい、つきあわなきゃいい。

そうやって簡単に自分と違うものは遠ざけることができる。

それは確かに自分を保つために必要なこと。

本当にそれでいいのかな、って思うときがある。

自分と異質なものを異質と捉えるか、そこから自分と照らし合わせて違う何かに進展させるか。

先日あるご夫婦と話しをしていて。ご夫婦がお互いに、「奥さんの今日の出来事の話を聞いてるのが楽しい」「だんなさんの○○の話を夢中になって話してるのを聞いてるのが楽しい」っておっしゃってたんです。

お互いの話の内容自体は知らないこと興味ないことなんですよ。きっと、いろんなことを「楽しむ」ことができる人たちなんでしょうね。「違う」ということに焦点あてるんじゃなくて。

自分と違う考えに出会った時、そうじゃなくて私はこう思う!って自分の意見を述べることって大事だと思うのです。でもね、考えが違うからその人自体を否定するのはちょっと違うじゃないかとも思うのです。

100%同じ考えの人なんているはずもなく、正しい意見というものもあるはずもなく。

あるのは「私はこう考える」ってことだけで。

この部分は一緒だけど他は受け入れられない、ってことはいくらでもある。だからといってその人自体を受け入れない、っていうのではなく、違うことを受け入れる。

そんな自分と合わない人まで受け入れてたら大変じゃん!って思うかもしれないけど、うーーーん、自分の考えをしっかり保っていればそうそう違う人と反発し合うということ自体がやってこないと思うのですよ。違う考えの人が現れない、ではなく、違う考えだからという理由で反発したくなるってことが無くなる、っていうことです。

あっちにもこっちにもいい顔してる人はいやだよね、っていう意見をみました。

それってそもそも、敵か味方か、で人を判断してるの?って思ってしまいました。あなたのその考えいいよね!ってSNSのあちこちで投稿したら、いちいち「あの人にのこの人にもいい顔して」ってことなの?そんなこと考えてること自体、疲れるんじゃないの?

自分と違う考えに出会ったら、自分に問いかければいい。その意見に何を感じているか、なぜそう感じたのか、どういう反応を示したか、そこを辿ることで自分の本当に大事にしてる価値観が見えてくる。

人は変えられないけど自分と未来は変えることができる。

これを知識として知ってる人は多いと思うけど、実際にできている人ものすごく少ない。

人にあーだこーだ言いたくなったら、自分になぜ?って聞いてみたら自分に一歩近づけるかもよ。

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ