よつば暮らしデザイン室

ブログ

間取りが決まらないモヤモヤを解決する方法

注文住宅の計画では、間取りづくりに一番時間がかかるとよく言われます。

「間取りがなかなか決まらない」

これってどういう状態かというと、
もらったプランが全然要望を満たしていなくて不満、ということではないんですよね。
要望を満たしていないようなプランだったら、悩む前に候補にもならないですもんね。

◎言った要望は「ほぼ」満たされてるけど、すっきりしない。
◎こっちはこれができて、もうひとつはあれができていて、どっちも捨てがたい。
◎伝えたことは満たされてるけど、そもそもそれでいいのか不安。

点数でいうと、75点、といったところでしょうか。
95点だったら合格だけど、75点だと不合格とも合格ともいえずモヤモヤしそうです。

そんな間取りのモヤモヤを抱えている時、どうしたらすっきり納得できる間取りができるのか、その方法をお伝えしますね。

私は今まで300軒くらいの家づくりをしてきました。
地域密着の住宅会社にいたので、特別に目を見張るような作品とよばれる家ではなく、35坪2500万くらいの注文住宅です。
みなさんあれこれと要望を出されてそれぞれにオンリーワンの家づくりをしています。

日頃間取りをつくっている中で、ほぼできあがっているけどもう一歩ということはよくあります。
お客様にお見せする前に私自身が納得しないこともあれば、
お客様が迷われることもあります。

そういう時にどうやって解決していっているか、ご紹介します。

間取りがほぼ出来上がっているけどモヤモヤしている時、
陥りがちなことがあります。

【できていないことにこだわりすぎて要望の源が見えていない】

いくつかのできていないことを、今の間取りに無理やりパズルのように当てはめようとするんですよね。
そのやりかたはどうしても無理やり感が残るのでモヤモヤするのです。

おそらく、この段階まで間取りがすすんでいると、大きくレイアウトから気に入らない、ということはないと思います。
あと少し、ピンポイントで気になる部分がいくつかあるのではないでしょうか。

例えば・・・

☑ここの収納は1間幅で欲しいけど半間しかない
☑勝手口までがちょっと遠い
☑ダイニングをもうちょっと広くしたい
☑キッチンと洗面脱衣が隣同士じゃない

こういう具体的なモヤモヤしてる要望があると、そこばかりが気になって、その部分だけを動かしてなんとかしようとしちゃうんですよね。

そういう時は
①細かく掘り下げる
②ざっくりと引いて見る

という一見真逆のことをすると、解決策が見えてきます。

では、上の例に合わせてみていきましょう。

①モヤモヤしている要望を掘り下げる

1間幅ほしい収納はなぜ1間幅必要なのか。
そもそもそこの収納は何をいれるのか、なぜそこに収納を欲しいのか、どういう時に使う物を入れるのか、1間じゃないと入らない物があるのか。
そうやって掘り下げると、1間じゃなくてもいいかもしれないし、その場所じゃなくてもいいかもしれません。

勝手口がそこに欲しい理由はなんでしょうか。
勝手口を使うのは、ごみ出しの時、買い物から帰ってきた時、洗濯ものを干す時、が考えられます。
勝手口を使う時のベターなルートはどこなのか。ベストじゃなくてベターです。
ゴミ集積場に近いところがいいのでしょうか、それは違う面でも大丈夫でしょうか。
キッチンから出ることにこだわってるなら、それは洗面所からじゃダメなのか。
北面から出ることにこだわってるなら、西面じゃダメなのか。
勝手口を欲しい理由を掘り下げて、今の位置にこだわらずに場所を考えてみると、今とは違う位置が見えてくるかもしれません。

ダイニングをもうちょっと広くしたい理由はなんでしょうか。
ゆったりとした気分で食事をしたいからでしょうか、
物があふれるから収納を置きたいからでしょうか。
感覚的に広さを求めて居心地をよくしたいなら、窓を大きくするとか、天井を高くするとか、視覚的効果で広さを演出することはできます。
収納が必要ならそれはそもそも本当に必要な収納かどうか考える必要もあります。
収納するものによってはニッチ棚ですむかもしれません。
リビングにいるよりダイニングで食事の後そのまま過ごすことが多いなら、
リビングのソファを無くしてしまうという手もあります。

キッチンと洗面脱衣室が隣だと、家事動線が短くなって楽になりそうですよね。
「家事動線を短く」というのはよいプランの条件ともいえます。
では、そもそも、家事動線って?
洗面脱衣室には洗濯機があることが多いですね。
キッチンと洗面脱衣室が隣だと、朝食の準備かたづけと洗濯を同時にするのに便利です。
それは必ずしも隣じゃないとだめでしょうか?
間に廊下があったとしても、直線に配列されていたらほぼ隣といってもいいのではないでしょうか。
キッチンと洗面脱衣室が近いことよりも、洗面脱衣室と洗濯物干し場が近いほうが、動線は短くなることも考えられませんか。

あれが欲しい、これがない、というピンポイントの要望に固執していると、その要望の源を置き去りにしてしまいます。
叶えたいのは、その源にあるはずです。

要望を伝える時、あれが欲しいです、こうしたいです、と直接的に伝えるのは効果的ではありません。
大事なのは、要望の理由や目的を伝えることです。

ダイニングでは食事の後にゆったり過ごしたいんです。
だから広めがいいと思っています。

勝手口からゴミ出しするので、キッチンからゴミ置き場までを楽にしたい。
だから勝手口は道路に面したところがいいと思っています。

朝食の準備とかたづけしながら洗濯するので、キッチンと洗濯動線を近くしたいです。
だからキッチンと洗面脱衣室は隣がいいと思っています。

具体的な要望を掘り下げて、その理由を伝えることで、あなたが望む間取りへの解決策がでてきますよ。

②ざっくりと引いて見る

気になる要望があると、間取りの中のその部分をいじってなんとかしようとしがちです。ジグソーパズルのように。

そうやって無理やり解決しても、どこか無理におさめた感じになるのでいつまでもモヤモヤは残ります。

そういう時は、いったん今の間取りを脇に置きます。そして、気になる部分を抜き出して、ざっくりとレイアウトを考えてみます。

勝手口の位置が気になるなら、勝手口につながるキッチン⇒勝手口⇒ごみ置き場、のレイアウトをいろいろつくってみます。
その時に意識するのが、①で掘り下げた理由です。
そうすると、勝手口はこっちでもいいかも、ごみ置き場はこっちでもいいかも、っていろいろなパターンが見えてきます。

収納を考える時も、その収納に何を入れるか、それはどこで使うものなのか、を考えます。使う部屋に対してどの位置に収納があればいいか、そのくらいの大きさで足りるか、いろいろ書き出してみます。

①堀り下げることも②引いてみることも、どちらも
モヤモヤしてる要望の源を見つめ直す作業です。
あれが欲しい、こうしたい、の源となることを叶えなければ、家づくりは満足したものになりません。

間取りがなかなか決まらない、間取り迷子になっている、そんな時はその源がどこかにいってしまいがちです。
だから、モヤモヤするんです。
あなたが本当に叶えたいことを再度考えてみましょう。

今ある間取りがモヤモヤする、そんな時のお助けサービスが
【間取り相談セカンドオピニオン】です。詳細はコチラ
現在モニターさん募集中です。(2021年4月28日現在)
『しっかりサポート』『ライトサポート』
どちらも半額で提供しています。先着3組様です。
モニターについてはコチラ
お問合せは右上の「お問合せ」からお気軽にどうぞ。

Twitter、Facebook、インスタで家づくりのお役たち情報を日々発信してます。
フォローしてね

Twitter ⇒ @yothubadesign
Facebook ⇒ momoyo sato
Instagram ⇒ momoyo_sato

間取り相談セカンドオピニオン モニター募集

注文住宅計画中のみなさん
順調に進んでいますか?
一生に一度の家づくり
話が進めば進むほど、迷うことも増えてませんか?
あれもこれも気になって、コストアップが気になってませんか?

【間取り相談セカンドオピニオン】モニターさん募集します。

『しっかりサポート』『短期集中サポート』
合わせて3組、募集します。

◎しっかりサポート 90,000円 ⇒ 60,000円
◎ライトサポート  50,000円 ⇒ 30,000円
 (すべて税込み)
メニューについてはコチラをご覧ください。

以下の条件全てにあてはまる方にお願いします。

◎契約または本申し込み前の方(1社に決める前という意味です)
◎現在計画中で2021年12月までに工事着工を目標にしている方
◎以下のことを当方のSNS、ブログに書いても差し支えない方
 建築地の都道府県、年齢、家族構成、要望や間取りの一部、
 相談内容、当方のアドバイスや提案内容
 メールやLINEのやりとりのスクリーンショット
◎面談や相談の後に感想を書いてくださる方
◎こちらからお願いするアンケートの答えてくださる方

感想やアンケートにお答えいただけない場合は正規費用をお支払いいただきます。

どこに依頼しようか決め手がなくて迷っている。
提案された間取りが使い勝手がいいか不安。
説明されたことがイマイチ納得できないのだけど。
もっといい間取り、いい提案がほしいのだけど。

そんな迷いや不安があるあなたに
一級建築士の知識と経験をぜひとも役立ててくださいね!

右上のお問合せから「モニター希望」とお送りください。

お待ちしてます!

Twitter、Facebook、インスタで家づくりのお役たち情報を日々発信してます。
フォローしてね

Twitter ⇒ @yothubadesign
Facebook ⇒ momoyo sato
Instagram ⇒ momoyo_sato

30坪の間取りでも楽しい家になる工夫

30坪くらいで
LDK+寝室+子ども部屋2室、という広さを検討している人
多いと思います。

そのまま必要な部屋をただ並べただけでは窮屈になってしまうので、
何かしら楽しくなるアクセントがあったほうが
魅力的な家になりますよね。

30坪の家と40坪の家、
どちらが間取りが難しいかというと
30坪のほうが難しいと私は感じています。

30坪といえども、40坪の家と同じように
キッチンもダイニングもお風呂も洗面もトイレもクローゼットも寝るところも
必要なので
40坪の間取りより、30坪のほうが工夫が必要なんですよね。

家は、機能を果たすだけでなく、暮らしの豊かさ、心が動くような仕掛け、があったほうがいいというのが、私の考えです。

30坪の家が、窮屈にならずに、楽しさを感じさせる工夫として有効な方法が、
階段の位置です。

階段って、吹抜けと同じ効果なんですよ。
2階まで続いた空間だから。

階段をあがった2階に窓があると、
その光が2階から降りて来るので明るくなります。
それを意識した2階の窓の配置をすることがポイントですね。

2階の廊下だから小さい窓でいいや、って思うかもしれませんが
そこは1階までの効果も考えて決めたほうがいいです。

階段の手すりのデザインを、アイアンにしたり、木の格子にしたり、
いろいろ楽しめるところでもあります。

このあたりは予算との相談ですが。

こういうリビング階段の場合、ここが壁になっているプランと、オープンな感じの手すりになっているのとでは、
部屋のおしゃれ度も広さも全然ちがいます。
概算予算の段階から優先的に予算を確保しておいたほうがいいと思います。

もうちょっと工夫するとこんなこともできます。

このプランでは、階段の踊り場が1階と2階の中間あたりなので
スキップフロアのような空間になっています。
踊り場と1階のダイニングが1つの空間のような
面白い効果を生んでいます。

階段って、上に繋がる空間なので
それだけで空間に変化を生んでアクセントになるんですよ。

間取りって、どうしても平面で考えがちですけど、
空間って立体なんですよね。


動線や効率も大事です。
それだけではなく、何かアクセントになる部分も考えましょう。
30坪でも窮屈にならず楽しい空間になりますよ。

提案された間取りがもうちょっと工夫がほしいなぁ
と思う方は相談してみませんか?
間取り相談セカンドオピニオン受付中です。コチラ
お気軽にお問合せください。

Twitter、Facebook、インスタで家づくりのお役たち情報を日々発信してます。
フォローしてね

Twitter ⇒ @yothubadesign
Facebook ⇒ momoyo sato
Instagram ⇒ momoyo_sato

PAGE TOP