よつば暮らしデザイン室

ブログ

対面キッチンで本当にいいの?

昨日の記事で間取りは流行りがある、と書きました。今は当たり前になっているものもそれまではそうじゃなかったというものもあります。

対面キッチンもその一つです。

たぶん、20数年前くらいだと思います、対面キッチンが増えてきたのは。

それまではキッチンは部屋の外壁側についていて、ダイニングテーブルに背を向けてキッチンに立つ、というのが主流だったはずです。

対面キッチンが増えた理由はいろいろ言われています。

家族のほうを見て料理ができる、遊んでいる子供の様子をみながら料理ができる、というのが定番化した一番の理由のように思います。
(それもハウスメーカーの戦略っていう見方もあります)

面積の効率がいい、家具を配置しやすい、というのも間取りをつくる上で好都合なんですよね。コンパクトなお家だと。

私は、対面キッチンの良さは料理の時の動線の短さだと思っています。シンクやコンロに向かって作業しながら、後ろを振り向けばすぐ食器棚や家電がある、というのはとても楽です。これが壁に向かって取りつくキッチンだと食器棚や冷蔵庫や家電まで数歩歩くことになります。それくらいのこと、って思うかもしれませんがその数歩が時間に追われて家事をする人にとってはとても面倒、そして疲れます。

今では多くの人が希望する対面キッチンですが、メリットばかりではありません。対面キッチンは振り向くと食器棚や冷蔵庫があることが便利、といいましたが、壁付けキッチンは振り向くとダイニングキッチンがあって便利なんです。

対面キッチンはダイニングテーブルがキッチンの向こう側にあるので、キッチンからダイニングへの移動がぐるっと回りこむような動きになります。料理を盛り付けたものを運ぶ、という作業がちょっとメンドクサイ。

それが嫌、という人も少なからずいます。

壁付けキッチンで後ろにダイニングテーブルがあると、調理した鍋をくるっと後ろを向いてダイニングテーブルに載せ、そこで盛り付けてそのまま出せる、という動きができます。これはこれで便利ですよね。

当たり前のように対面キッチンと思ってる人もいますが、そうじゃないキッチンの良さもあります。自分に合っているものはどういう形なのか、よく考えてくださいね。

イマドキの間取りってどんなもの?

間取りにも流行りがありまして。流行りと言うか、時代の価値観を反映するんですよね。

これはいかにもイマドキ、という間取りを見ました。

ヘーベルハウスのonefittoというシリーズ

「時代と家族とフィットする」というコンセプトなようなので、まさにという感じ。

キッチン横に大きなパントリー
キッチン横に家事室ORお母さんの在宅ワークできる部屋
そしてこの、パントリー⇔キッチン⇔家事室、と一直線になってるなんて、在宅ワークやハンドメイド好きな人にはうれしいですよね。

2階には「ランドリーサンルーム」ってネーミングされた部屋もあって。バルコニーに面していて、ファミリークロークも近い。これも洗濯動線の理想なのでは。
私も部屋干し派なので(そもそも外で働いていたら洗濯ものを取り込む時間に家にいることなんてない)、部屋干しスペースは必須だと思ってます。

そして、コロナ以降のイマドキ事情も考慮されてて、玄関から洗面に入るとか、2階にしっかり在宅ワーク部屋が独立してあったり。
この在宅ワーク部屋の位置が、寝室と離れていたりバルコニーが隣にあったりと、なかなかぜいたくな在宅ワークです。

間取りの変化は時代を表しています。今までも、対面キッチンのLDKになったり、リビング階段になったり、和室がなくなったり。

コロナ禍による新しい生活様式で、在宅ワークが当たり前になったり、手洗い習慣が重要になったり。そんな時代を反映した間取りはこれからも増えていきそうです。


上野千鶴子先生セミナー

愛知建築士会女性委員会で毎年おこなっているイベント

「わたしらしい住まいづくり」

今年で30回を迎えます。

記念すべき30回目は上野千鶴子先生をセミナー講師としてお招きします。

『3.11&コロナ後の建築』

上野先生は社会学者ですが建築にも造詣が深いかたです。

いつもするどい視点をなげかけてくる上野先生が建築について何を語るのか、とても楽しみです。

どなたでもご参加できます。

【わたしらしい住まいづくりセミナー】
『3.11&コロナ後の建築』講師:上野千鶴子氏
令和3年1月31日(日)14時~16時
ZOOMウェビナーを使用したオンライン開催
定員100名(定員になり次第締め切らせていただきます)
愛知建築士会会員:1000円
一般:1500円
申し込み開始12月15日 
詳細はコチラ(愛知建築士会女性委員会HP)

セミナーだけでなく、作品展もあります。女性建築士が手掛けたリノベーション作品がみられます。

令和3年1月13日(木)~1月31日(日)
場所:名古屋都市センターまちづくり広場
(金山南ビル11階・金山駅南口すぐ)

ぜひ足をお運びください。

PAGE TOP