よつば暮らしデザイン室

ブログ

Monthly Archives: 6月 2018

手入れが楽な住まいのつくり方

家づくりで、汚れが目立たないとか手入れが楽なことにこだわる人、多いですね。

手入れが楽って具体的にはどういうこと?

水で洗える、洗剤で洗える、お金かけずに直せる、そもそも手入れしなくていい、など。

どんな物でも、使っていれば汚れたり傷はつきます。新品のままなんてありえません。

汚れが付きにくい、汚れをとりやすい物が手入れが楽かというと、必ずしもそうではありません。

この写真は新築住宅の階段です。普通に「木」でできてると思いますよね。たしかに「木」ではありますが。

表面は木目のシートが貼ってあります。これはシートですが、1ミリ以下の厚さの木が貼ってあるものもあります。

こういった「表面だけきれいに見える」工業製品が今の家づくりではたくさん使われています。床とか扉とかカウンターとか。

こういう表面だけ貼ってある工業製品は「手入れが楽」と思われてます。たしかに、本物の木よりは水に強かったり住居用洗剤で手入れができたりすることもあります。

でも、工業製品はできた時だけきれいで後は朽ちていくだけです。傷がついたら補修はできないし塗装もできません。時間が経って味が出る、なんてことはありません。経年劣化しかありません。

それに対して、本物の木だけでできた製品は表面に傷がついても中身も木なので、表面をけずったりもう一度塗装すれば新品と同じになります。時間が経つにつれて色が変化したり味わいがでます。使いこむほど味が出る革製品と一緒です。

経年劣化ではなく経年変化、経年美化。

傷がつくことが気にならないし、後で補修ができて新品同様になる。このほうが「手入れが楽」と私は思います。

工業製品が多く使われる理由は、安いことと扱いやすいこと。(工業製品のほうが高いこともあります)

工業製品といっても様々なので「張りもの」ばかりではありませんが。

なんでもかんでも本物の木にすればいいというわけでもなく、適材適所ですね。

体に触れるところ、目につくところ、よく使うところは「張りもの」じゃないほうがいいなぁ、とは思っています。

 

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

ブロック塀の撤去費用補助まとめ 岡崎市/豊田市/西尾市/刈谷市

大阪の地震でブロック塀の倒壊で子供が亡くなって以来、ご自分の敷地のブロック塀は大丈夫か気になる方もいると思います。

自治体によってはブロック塀の撤去費用を補助してくれるところもあります。私の地元周辺の自治体を調べてみました。(内容を抜粋して掲載しています。)

補助費用の上限は10万円のところが多いようですが、補助対象基準がちょっとずつ異なるように思います。(私もすべてを細かく読んでいないので詳しくはまだ把握していません)

申請などどうしたらよいかわからない方、業者さんを紹介して欲しい方、などメッセージください。お手伝いいたします。

 

<岡崎市> 詳しくはこちら 岡崎市HP

◎対象ブロック塀等 

  • コンクリートブロック、レンガ、石材などの組積造の塀
  • 巾4メートル以上の道路、通学路に接面するもの
  • 道路面からの高さが1メートルを超えるもの、擁壁上のものは擁壁上からの高さが60センチメートルを超えるもの
  • 転倒のおそれがあるもの

◎補助費用

アとイの低い方の額の2分の1 かつ 上限10万円

ア.ブロック塀等の撤去に要する費用

イ.ブロック塀等の撤去長さ×1万円

◎申請受付

平成30年12月28日(金)まで先着順に受付  ※予算に達し次第、受付終了

 

<豊田市> 詳しくはコチラ 豊田市HP

◎補助対象

公道等に接面する高さ1メートル以上のブロック塀等を撤去する工事。ただし、公道等と敷地地盤面の高さが異なる場合は、公道等からの高さが1メートル以上あり、かつ敷地地盤面からブロック塀等の高さが60センチを超えるもの。

◎補助単価

撤去に要する経費又は撤去延長に1メートルあたり10,000円を乗じて得た額のいずれか少ない額の2分の1の額

◎補助限度額

10万円

<西尾市> 詳しくはコチラ 西尾市HP

◎対象となるブロック塀等

  • コンクリートブロック
  • レンガ
  • 大谷石等の組積造の塀(門柱を含む)
  • 道路からの高さが1メートル以上かつ組積造の部分が80センチメートル以上のもの  

◎対象となる工事

市内に存するブロック塀等の所有者が、道路及び公共施設の敷地に面する当該ブロック塀等を撤去する場合。ただし、補助を受けることができるのは、一団の土地につき1回限りです。

◎補助の金額

  1. 撤去したブロック塀等の延長に1メートル当たり1万円を乗じて得た額

  2. ブロック塀等の撤去に要する経費

1.2.のどちらか少ない額の2分の1の額とし、10万円を限度とします

 

<刈谷市> 詳しくはコチラ 刈谷市HP

◎補助対象

刈谷市内に存するブロック塀等の所有者が、道路及び公共施設の敷地に面する当該ブロック塀等を撤去する場合に補助金を交付します。
ただし、補助金の交付を受けることができるのは、一団の土地につき1回限りです。
 ●ブロック塀等とは、コンクリートブロック、レンガ、大谷石等の組積造の塀(門柱を含む)で、
 道路からの高さが1メートル以上のものをいいます。

◎補助金額

ブロック塀等の撤去に要した経費と撤去したブロック塀等の延長に1メートル当たり1万円を乗じて得た額のいずれか少ない額の2分の1の額とし、10万円を限度とします。
ただし、その額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てるものとします。

 例)ブロック塀等を長さ15メートルを撤去予定で、経費が10万円の場合は、5万円の補助
になります。
 (ブロック塀15メートル×1万円=15万円及び、経費10万円のいずれかの少ない額の1/2の額 10万円×1/2=5万円 が補助額となる。)

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

安全のために物を備えるだけではなくやるべきことは

8日の大阪の地震で被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。

1日も早く平穏な日常になりますように。

地震などの災害がおこると備えについての投稿などが増えます。備えの見直しをしようとか。

防災のための物を用意することはもちろん大事なのだけど。

物があればそれでいいのか?その備えた物はどこにある?物があってもそれ以前の問題もあるんじゃない?

家具の転倒を防ぐための備えをしている人もいるかと思いますが、それだけではなく「物減らし」も必要です。

余分な物であふれている部屋はキケンがいっぱいです。

家具が転倒しなくても物が飛び出すことはあり得ます。背が低いから大丈夫と思っていた家具でも倒れたことで足の踏み場がなくなることも。

そうなったら備蓄した物を素早く取り出せる?ケガする危険性が増すだけじゃない?

災害時じゃなくたって床に物があれば転ぶ危険性はあるし、棚に物が詰め込まれた中で必要な物がすぐ見つからずに時間もイライラも無駄にするだけ。

余分なものを持っていることにメリットなんてなーーーい。物は最小限に身軽でいたほうが物理的にも精神的にも安全です。

備えを見直すなら、そもそも自分たちの持ってるものが余分なものが無い適正量か見直しましょう。

床が物置状態だったら末期症状です。早急になんとかしましょう。

自分でできないんだったら得意な人にまかせましょう。

出来ないことをやろうとしたって無駄な労力です。

できないんでしょ?できるんだったら自分でやってるよね?

もうはずかしいとか人にみられたくないとか悪あがきしないでさっさと人に任せたほうが絶対いいと思います。

今さら恥ずかしがってもしょうがないよね?できないんだから。

自分じゃできない、でも人に頼みたくない、あぁかたづけなきゃぁぁぁ、ってグチグチ言って。いつまでそうしてるんですか?

できないことをさっさと認めて人にお願いしたほうが、自分がやりたいことに集中できるんじゃない?

自分で管理できない量の物を持ってることにメリットはありません。

必要な物だけに減らすことであなたの暮らしを変えて見せます。

 

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

PAGE TOP