よつば暮らしデザイン室

答えはあなたの中にある

自分の暮らしを、人生を、より豊かで素敵にすることができる答えは、誰でも自分で持っています。

ハウジングコーチはセッションで、あなたと一緒にその答えを見つけ出します。家づくりが、その答えを源に進んでいくから、完成した家に満足するのではなく、そこから始まる毎日が、あなたを満たす理想の暮らしになっていくのです。

家を造るときは、まずヒアリングから

注文住宅を建てる時、建築士やハウスメーカー、工務店などに足を運ぶことでしょう。何箇所も候補になるお店をまわる方も少なくありません。

どのお店や会社に行っても、窓口になる方から家づくりについてのあなたの考えや希望を質問されます。部屋数、広さ、キッチンの配置、何をする部屋がほしいか、和室は、屋根の形、インテリアの好み、などなど・・・。

無限といえるほどに可能性が多い「家というカタチ」の中で、あなたが何を欲しいと思っているのかを彼らは聞きたいのです。これを「ヒアリング」と呼んでいます。

ハウジングコーチは、ヒアリングの前にいる

ハウジングコーチによるセッションは、実はこの「ヒアリング」よりも前に行います。さまざまな質問に答えていただくという対話形式であることはヒアリングと同じですが、ハウジングコーチが聴き出すのは「欲しい物」や「やりたいこと」ではなく、それを欲しいと思う源となる「あなたの中心にある想い」です。「暮らしの価値観」と言えるかもしれません。

普段そこまで聞かれる、あるいは考えることのないことまで、意識を巡らすようにゆっくりと聴き出していきます。これは通常のヒアリングではなかなかできないことです。

「そうそう、これが欲しかった」

セッションの最後には、「そうそう、これが欲しかったの」と、これからの暮らしをあなた自身ではっきりと思い描けるようになります。まるで暮らしに満たされている未来を体験したかのように味わうことができる瞬間です。中には涙を流される方も・・・
その答えこそが、家には何が必要なのか、優先順位や欲しい物を決める判断基準になるのです。

こんな方におすすめです。

● 自分にふさわしい家の考えがまとまらない
● 憧れのイメージはあるが、漠然として上手く表現できない
● 色々と相談しながら進めていきたい
● じっくりと考えて決めることに価値を感じる
● つくっていく過程を楽しみたい

こんな方は向きません

● 立地と金額が最優先
● 物事を深く考えることに価値を感じない
● たくさんのことを決めることが面倒だと思う