ブログ

シェアオフィスをつくります

私の事務所兼シェアオフィスをつくります。

中心に少人数セミナーを開けるキッチンつきの「集いスペース」があって、6~8帖くらいの個室が3部屋か4部屋。1部屋は私の事務所。他は貸事務所。

ちょっとした土間がギャラリースペースになってて。

このシェアオフィスには1つのテーマがあります。

『暮らしを丁寧に大切に生きる』

何をしていてもいいけどこのテーマに共感する人に貸事務所は使ってほしいと思います。

日々生きていることを丁寧に大切にすることで自分自身と環境と未来を大切にする。そんな活動やそこにつながる物をつくってる人、教えている人、そんな人たちが繋がる場所にします。

それから、「手仕事の作家さん」を紹介する場所にもします。

陶芸や木工や織物や金工や紙漉きや、日常つかう物を丁寧につくっている人たち、その物を紹介するというより、そういう物を使う暮らしを広めていきたい。

手仕事の物が一部の人の趣味の範囲ではなくて、もっとごく日常に使う物になってほしい、そういう想いが私にはずいぶん前から根底にあります。

大量生産の使い捨てで無意識に物を使うのではなく、ていねいにつくられて物をていねいに使い長く使う、それは特別なことではなくごく当たり前なことだと思うんです。だって、毎日の暮らしの積み重ねが人生なのだからそこで使うものはいい加減なものではなく自分の人生にふさわしい物のほうが人生を豊かにする、そう思うから。

私の事務所名にはよくある「建築事務所」とか「設計事務所」って言葉は入れませんでした。そのかわり入れたかったのが「暮らし」という言葉。建築するということは暮らしの場をつくるという行為の一部であって造ることが目的ではないから。

そんなことに賛同してくださる方、大募集です。

あ、建物できるのは1年後くらいなので。まだ図面もできてないですから。

 

↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

目標がないと上手くいかないのか?

やりたいことをやるとか、よりよく生きるって話の時、目標をたてましょうっていうようなワークやったりしますよね。

目標がない人は「目標がないことが悩み」って人もいます。

目標ないと、うまくいかないんでしょうか?

 

先日亡くなられた100歳を超えても現役医師だった日野原重明さんと、100歳を超えても現役画家の篠田桃紅さんの対談を見ました。

お二人ともその道で実力を発揮して大成されていらっしゃる方です。でも、対照的でした。

日野原先生は何年も先までスケジュール帳に書き込みやることを決めてこなしていくタイプ。篠田さんは「あたしは全然手帳ってつかったことがない。目標とか決めたことないの。」っておしゃってました。

どっちがいいという話ではなく、どうやったら自分が想い通りに行動しやすいか、そこを考えればいいのだと思います。

思い立ったら即行動、っていう瞬発力のある人は目標なんてたてなくっても行動した結果がちゃんとのこっていく。気が付いたらそうなってた、ってこともある。

あれこれ考えていつまでたっても行動しない人は、いつまでにどうしたいっていう目標たてて行動を細分化してファーストステップ決めたほうがやりやすい。っていうか、そうしないと行動をおこさない。起こせない。

日野原先生が後者の「行動を起こせない」ってタイプじゃない気がするけど。

目標が後付け、って人もけっこういるんでは?勢いではじめたものの目指す方向がわからなくなっちゃったとか。そういう人は目標よりも今の立ち位置をみたほうがいい気がします。たぶん。目標決めてがんじがらめになるより瞬発力もってたほうがいいと思うから。

一番最悪なのは、目標きめて計画たててワクワクして「なんかできる気がする~」って言って、行動せずに結果もない人。

何も行動せずに結果がないより、行動して失敗という結果を得たほうが今後の糧になるのは確かです。

目標なんてなくったって、やりたいことをそのとおりに行動すればいいのです。それだけのこと。

 

今日、7月23日は新月だそうです。あんまりそういうことに詳しくないけど、新月に目標たてるといいそうですよ。

私のように尻が重くて考えても行動しない人はそういうことも利用して自分を上昇させるのもありだと思います。

 

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

人との距離の取り方に困ってる人へ

あなたの周りの人が疲れているように見えたり、機嫌が悪そうに見えたら、あなたはどう対応しますか?

①「疲れてる?」「機嫌悪い?」ってストレートに聞く人。

②「ごめんね、私のせいだよね」って言う人。

③「大丈夫?なんかあった?」って聞く人。

④ほかっておく人。

いろいろ対応はあるかと思います。

ここからはあくまでも私の見解だけど。

①は、相手の疲れや機嫌の悪さを増すからやめたほうがいいです。そうやって聞かれて「あ、疲れが出ちゃってんだ・・・」「機嫌の悪さが伝わっちゃった・・・」って思うこと自体がもうすでにストレス増すんです。落ち込むんです。

それに、「ううん、大丈夫、疲れてないよ」って疲れてる時に返事するのってしんどくないですか?

疲れてる、機嫌悪い、怒ってる、落ち込んでる、そういうネガティブな言葉を人から言われて元気になれるとは思えないんですけど、私は。なんでわざわざそんなことをきくんだろ、って思います。

 

②は、①よりたちが悪い。あなたのことだけでその人は生きてるわけじゃない。思い上がりも甚だしい。いろんな要素があって「今」の状態はできてるんだから、もし万が一あなたのことが何かの要因だとしても、相手の機嫌や状態をつくってる原因はその本人にあるのだから。

 

③は相手に選択肢が増えるので聞かれても返事しやすいと思う。そもそも、そういうよくない状態の時、声かけて欲しい人とほかっておいて欲しい人と2タイプあると思うんです。「大丈夫?」って聞かれたとき、声かけて欲しい人なら「これこれこうでね」って話すだろうし、ほかっておいてほしければ「なんでもない」で終わらせることができるし。

③のいいところは、その本人に決定権があるところ。①や②は頭から前提をつきつけられてるようで腹が立つ(笑)

 

④は賛否両論あるかと思いますが、私はこうして欲しい派です。上で書いたように、2タイプありますよね、人に話したい派と自分でなんとかしたい派と。

私は思いっきり後者なんで、機嫌の良し悪しに関して他の人にどうとか言われること自体が、そりゃもうストレス。人に話したい、人と一緒にいたい、って思うことがない限り基本的に一人でいることが大前提で生きています。みんなから離れてるから輪の中に入ってこないから、といって「どうした?」ってなること自体が私には理解不能なのです。ま、多分こういう人の方が少数なんでしょうけど。

周りの人に疲れや機嫌の悪さを見せること自体が人として未熟だ!っていうんでしょうけど。はい、その通りです。未熟なので機嫌の悪さや疲れを隠せません。弱さを自分だけで押しとどめていられるほどの余裕もありません。そういうときでも人と接しなければいけない時もあるんです。

自分が人と一緒にいたいのか、話したいのか、なぐさめて欲しいのか、元気つけてほしいのか、その決定権は当の本人にある。その人が「そうしたい」っていうサインを出したときに「それでOK」っていう見守ってる感を与えてることが一番ありがたいと私は思う。

いつも「どうした?どうしたい?」って暑苦しく関わるのでもなく、いつもほかりっぱなしで相手を尊重するとかいって無関心になるのではなく、「あなたのことは見ているよ、どうしたいか言ってね」っていう心づもりが安心感と信頼になって、疲れたり機嫌の悪い心を解きほぐしてくれるのです。

 

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ