よつば暮らしデザイン室

ブログ

女性建築士作品展のお知らせ

「やっぱり女性建築士さんだと違うわねぇ」と言われることが時々あります。

家のことを相談するのに「家事をあまりしない男性にあれこれ相談してもいまいちかみ合わない」とか

中には「それは必要ないですよ」って聞いてくれない、と言って不信感を感じるかたもいます。

男性も家事や育児を一緒にするようになってきたといってもやっぱり大部分は女性が担ってるので、家づくりの中心は奥さんです。

奥さんにとってはやっぱり話しやすいのは同じように家事を担っている女性なんですよね。

私は昨年から愛知建築士会女性委員会に参加してますが、メンバーは建築士として仕事をしていながら家事も育児もしている人がほとんど。年齢は30代から60代までさまざまです。小さいお子さんを連れて委員会に参加するメンバーもいます。

そんな女性建築士たちがどんな仕事をしているか、見に来ませんか?

『第28回わたしらしい住まいづくり展』
 2019年1月16日(水)~1月27日(日)
 場所:名古屋都市センタ- まちづくり広場 
 (金山駅南口 旧ボストン美術館のビルの11階です)
 入場は無料です

 

「住まいづくり展」といいつつも、住まいに関わらずけっこういろいろやっています。

1月19日と1月27日には無料相談会もやってます。ベテラン女性建築士が相談にのってくれますよ。

【お知らせ】

2月24日 日曜 ハウジングコーチのワークショップ開催します。

オリジナルの質問カードを使ってあなたの暮らしの価値観を発見するワークショップです。

詳細は決まり次第発表します。

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

あなたが毎日している「当たり前」こそが知りたいこと

今日のハウジングコーチのセッションで途中

「えー、だっでそういうもんじゃないの?みんなそうでしょ?」ってクライアントさんが言う場面がありました。

日常でどういう習慣がありますか?
それをするのはなぜですか?
それをする時はどんな気分ですか?
それはすることでどんな効果がありますか?
どういう価値を得ていると思いますか?

こういうような質問をしていくのですが。クライアントさんにとって当たり前にやっていることについて「なぜですか?」とか「どういう価値がありますか?」って改めて聞かれて「え?やるのが当たり前じゃないの?そういうもんじゃないの?」って感じたんでしょうね。

そう思うのは無理もないけれど、あなたがあたり前にやっていることこそ、家づくりでは知りたいことなんです。

家の中で毎日何をしているかなんて、人になかなか話さないし比べることもない、でも、ぜったいにみんな違うんです。誰一人として同じ生活習慣で同じこと考えてる人なんていないんです。

毎日ご主人より早く起きてお弁当つくって朝ごはん準備して、見送ったら洗濯してトイレ掃除してお風呂掃除して。

それを「やるべきこと」と思ってるとしても、どこまで優先度合が高いかは本当に人それぞれで。やったほうがいいとはチラッと思っていても全然朝おきれない人もいるし、毎日やらない人もいれば、楽しんでやってる人もいる。

家の中の「当たり前」はぜんぜん当たり前なんかじゃありません。

だからそこを知りたいんです、あなたの「当たり前」を。

何をすることが優先で、それをすることでどんな感情になるといいのか、そのことで何を感じ取っているのか、何が満たされることが理想なのか。

同じことをやっていても、何を感じているかは違うし、何を得ているかも違います。

そこをわかっていないと、ただ動線だけ考えたりデザインをカッコよくしたところで、得られる効果はいまいちで満足度は高くはなりません。

目に見える部分だけ必死になって考えても、家づくりの目的はそこじゃありません。

 

 

【お知らせ】

2月24日 日曜 ハウジングコーチのワークショップ開催します。

オリジナルの質問カードを使ってあなたの暮らしの価値観を発見するワークショップです。

詳細は決まり次第発表します。

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

不便だからいいこともありますよね

不便でよかったこと、ありませんか?

便利なことを手間がかからず頭をつかわずできるようになることだとしたら。

手間がかかるとか、考えなきゃできないとか、時間がかかるとか、自動でやってくれないとか、一見不便と感じることでも、

そのおかげで何かしらの「よいこと」があることもあります。

そういうことを「不便益」と呼んでデザインやシステムに活かそうという研究をしている先生がいます。

京都大学の川上浩司先生。

あの「素数ものさし」をつくった人です。

愛知建築士会女性委員会で川上先生をお招きして講演会を開催します

『不便益なモノゴトのデザイン』

日時:1月19日 土曜 14:00~16:00

場所:名古屋都市センター・まちづくり広場(旧ボストン美術館のビル11階)

資料代:500円

詳細はコチラ

一般の方も大歓迎です。

女性建築士の作品パネル展、絵本読み聞かせ、などなど、あります。

不便益は「便利であること」「機械化にすること」を否定したり「昔のやりかた」を推奨することではありません。

便利の押しつけが人の成長や楽しみを奪ってることもあるのでは?

あなたが不便でよかったこと、不便だからこそ楽しいこと、不便で都合がよいこと、ありませんか?

『不便益なモノゴトのデザイン』
日時:1月19日 土曜 14:00~16:00
場所:名古屋都市センター・まちづくり広場(旧ボストン美術館のビル11階)
資料代:500円

お申込みコチラ