よつば暮らしデザイン室

ブログ

自分にしかできない❝何か❞を考えてみた

きっかけはコチラ

自分にしかできないって、そんなことあるだろうか。

できるできないを考えるとき、スキルを思い浮かべるけど、

今の時代、ひとりの人にしかできないスキルなどギネスブックか金メダル。

その業界のずば抜けて突き抜けた人。氷山の一角どころか点にも満たないくらいの確率じゃないだろうか。

そういう「スキル」で考えたらしょせんあるわけないじゃん、ってなるけれど。

 

何かのサービスや物を買うとき、同じものならこの人から買おう、ってことありますよね。何を買うか、より、誰から買うか、が重要だ、なんていう人もいらっしゃるでしょう。

結局は人柄だよね。

っていう意見もよく聞きますが。

私は、単純に人柄がよければいいわけではなくて、そこには当然ある程度のスキルはあって然るべきだと思っています。

たとえ仲の良い人やいい人だと思う人でも、その商品やサービスに対してイマイチだなとか私の趣味じゃないなと感じるものは私は購入しません。たとえ義理があっても。

 

スキルと人柄

その両方を掛け合わせて最終的に人に提供できる❝何か❞

 

私の場合は。

住宅設計の中でも特別カッコイイわけではなく現実的な住みやすい家をつくるというスキル、

コーチングでお施主さんの感情を引出して理想の住まいの目的を描かせるスキル、

理論的で専門的な事柄をかみ砕いて説明するスキル、

(自分でいうのもなんだけど)真面目でコツコツした性格

(自分でいうのもなんだけど)冷静に全体を見て分析する性格

(自分でいうのもなんだけど)必要なことはバッサリハッキリ言う性格

(自分でいうのもなんだけど)空気を読んで人の感情には意外と敏感な性格

(自分でいうのもなんだけど)そこそこ頭の回転は速いのではないかと思う

こんなところをぐちゃぐちゃと混ぜ合わせてぎゅうぎゅうと濃縮させてできあがる❝何か❞とは。

自分のスタイルが叶って性能もそこそこよくて専門的なこともきちんと納得して自分のペースで家づくりをして自分らしく心の豊かさを実感できる人生を手に入れるための指南役

・・・・・。

いや、そういうことじゃないな、もうちょっとなんかこう、つきぬけた感がほしい。

 

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ