よつば暮らしデザイン室

ブログ

独立起業5年目ぶっちゃけ話

私は新卒の時からやりたかった建築設計の仕事をしているので、起業した初めて「好きなことを仕事にした」というわけではないです。

働き方の違い、でしょうかね。会社員と独立してからと。

転職を3回してますが2回目あたりから「独立」も選択肢のひとつで、だからといってすごく独立したかったわけではありません。好きな設計の仕事を会社員という安定収入でできたら最高だし、って思っていたので。

じゃ、なぜ独立したかというと、

①住宅設計という大きな括りでいえば「やりたいこと」だけどやりかたとか家づくりでの携わり方が「やりたいやりかた」ではなかった。

②40歳で人生も仕事人でも半分くらいになり、残りを考えたときもっと自分の力をストレートに世の中で試したいな、っていうのもあった。

③なんとなくやってみたいと思っていた「独立起業」ってやつを生きてるうちにやりたいって思った。

④当時勤めてた会社で5年後10年後を考えたとき明るい未来が思い浮かばなかった。

けっこうあいまいかもしれないですねー。これがやりたいから!っていう強烈な情熱があったわけではないので。そろそろやってもいいかなー、くらいの勢いです。

でも、独立する、って決めるまではけっこうかかりましたけどね。会社に言うまで。

で、実際どうなったかというと。

私の収入の大半は前職場からの下請けです。会社を辞めて独立しますと伝えた時、社長から、「これからうちの仕事やってくれな」って言ってくださって。今までを見てると辞めていく人間に冷たかったし設計の外注を使うような会社ではなかったので仕事をいただけるとは全く思ってなくて。1,2年は苦労することを想定していたのだけど、おかげで最初から売上には苦労せずにきました。今でも前職場のみなさんとはいい付き合いをさせてもらっていて、本当にありがたいです。

その会社の中での少々面倒な手間のかかる物件の申請業務などが私にまわってくる、といった感じです。面倒な仕事がまわってくるというのは私にとってもとても知識や経験が増えるので下請け仕事といってもやりたい仕事です。前職場からの下請け、っていうとライスワークかもしれないけど、こういうことがあるので今の私には欲しい仕事です。

独立2年目でハウジングコーチを始めて、これを使った家づくりを世の中に広めたい、というのが私の「やりたい仕事」の主軸になりました。

ハウジングコーチを始めて3年くらいたちますが、徐々にこれきっかけで「家づくり」の仕事がくるようになりました。私が設計するしないに関わらず相談とかハウジングコーチだけとかもありますが。

どこから仕事がくるかというと、

独立してからまちゼミとかBNIとかかさこ塾だとかいろいろ出向くようになり、そこで知り合った人からの紹介、というのが大きいです。

集客するつもりでしかけているところからというより、他で知り合った人に「ハウジングコーチ」というものを知ってもらってたまたま家づくりを考えている人がそこにいてその人からくる、といった感じです。

年収で考えると中小企業の平社員くらいかなー。4人家族を養うには厳しいが、大人一人が生きていくには苦労はしない、っていう程度でしょうか。貯金もできるし旅行もいけるし。安定しないっていうのがね、そこが一番つらいかな。

働く時間は日々の時間は前職場より減りました。もともと月の残業が40~50時間はあったし休日出勤もあったし年間休日日数は90日くらいでしたから。

今は、丸1日休みという日は月に3,4日ですね。休みといっても何かの講座にいってるとかイベントいってるとかなので、本当に何もしない遊びの日というのはもっと少ないですね。出掛けたとしても帰ってきたら何らかの仕事をするので丸1日休みってことは本当に少ない。

休みを増やしたいとは思わないです。休みたい時に休めればいい。旅行に行きたかったら平日1週間でもいけばいいし、平日ランチに誘われたら行きたかったら行く、っていうペースがいいですね。これができることが独立して一番よかったことかなー。

今の目標は、欲しいと思ったところから集客できるようになること、ぽこっとやってくる仕事ではなく安定収入になる仕組みをつくること。

理想のイメージはできつつあるので今とそこをどうつなげていくか、を模索中。連休はそういうとこを突き詰めて考えることができるちょうどいい時間です。

 

 

◆そろそろ家づくり、という方。計画中だけどなかなか進まない方へ

夫婦の意見を合わせる第一歩「ハウジングコーチワークショップ」

 

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ