よつば暮らしデザイン室

ブログ

Monthly Archives: 10月 2015

あなたにとって癒される空間は

最近秋らしいいい天気が続いてますね。

こんな日はお出掛けされることも多いと思います。

外に出掛けることで刺激を受けたり、日常ではなかなか得られない癒しを得たり、

とてもリフレッシュできますよね。

さて、外でリフレッシュできたのに、家に帰ってきて日常が戻ったら、

ストレスも元に戻った・・・なんてことはないでしょうか。

家にいることが最高の癒し

そんな暮らしはどうしたら手に入るのでしょう。

物が少ないことですっきりした気分で癒される人

お気に入りの可愛い雑貨で弾んだ気分になることで癒される人

大きな窓から入る南の島のように明るい陽射しで元気になることで癒される人

一人の部屋で木漏れ日のような陽の光で落ち着いた気分で癒される人

 

どんな気分でいることがあなたにとって最高の癒しですか?

見た目の素敵さだけ求めても「あなたの最高の癒し」はわかりません。

過去現在未来の暮らしをリアルに思い描いてその時の感情をそこに居るかのように味わいきる。

それができるのがハウジングコーチです。

MAR88_kabintotabel

 

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

いい工務店とは?

横浜のマンションが傾いてる問題が騒がれていますね。

杭工事を確認するためのデータ改ざんがあったようです。

データ改ざんしたとされる契約社員によると、プリンターの用紙切れとかデータが思ったようにとれなかったからとか、

耳を疑うような幼稚な理由に唖然としてしまいます。

この人はこの時だけこういう仕事をしてそれ以外はきちんとこなしていたのでしょうか。

おそらく、普段の仕事ぶりもあいまいに進めていたのではないかと思います。

そしてその仕事ぶりを上司や同僚は知ってはいても改善しなかったのでしょう。

問題は、こういうごまかして仕事をすることができてしまう社風にあると思います。

人間はミスをするし楽をしたがる生き物です。

毎日毎日同じような仕事をしていると、本来はとても慎重に進めなければならないことも日常化して軽く感じることはどんな業界でも起こり得ます。

そうならないように、自分たちがしている仕事の意義や目的を深く心にとめることが大切だと思うのです。

その根本にあるのは自分の仕事にたいする情熱とかプライドとか、とっても泥臭いことです。

それを、トップの経営者から末端の職人まで感じて仕事しているかどうか。

いい建築はそういう現場から生まれます。

建築工事ってたとえ小さな住宅であっても、とても大勢の業種、人間によって行われます。

しかもそれらはたいていの場合業種によって別会社の下請け、さらに下請け・・・、なんてざらにあります。

家づくりにおいていえば、

現場で作業している人間がどこの誰なのか、元請けの現場監督さんが知らないということもありえます。

そんな現場で、お客様の想いが家づくりに伝わるでしょうか。

工務店の力量は営業力でもデザイン力でもなく、

平社員である営業さんから設計士から現場監督から、下請け孫請けの職人さんに至るまで、

お客様の想いが行き渡るような仕組みを持っているか。

それは一朝一夕でできることでもないし、ましてや会社の規模は関係ありません。

家づくりを成功させたければ「いい工務店」をちゃんと見分けることが必要です。

 

都築寿雄0622-1 (2) (3000x1816)

 

 

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

家づくりに暮らしの価値観が大切なわけ

ハウジングコーチは家についての物やカタチや何をするかってことを聴くだけではなく

それがいいと思う「想い」

その家にいる時の「感情」

を聴き出していきます。

なぜ「想い」や「感情」が大事なのか。

それを聴いていくことで見えてくるお客様の価値観があります。

その価値観は普段の生活の中で物を選ぶ価値観だったりしますが、

人生を通していつも心にある価値観でもあるのです。

物やカタチがあるだけでは満足感や幸福感は十分ではありません。

心の中にある価値観が満たされるから人は満足感や幸福感を感じるのではないでしょうか。

一生懸命話しを聴いてデザイン考えてお客様の選んだもので見た目カッコイイ家ができたとしても

「なんかイメージと違った」「やっぱりここはこうすればよかった」

ということが起きるのは

カタチや物についてはたくさん聴き出しても

根底にある価値観を聴いてはいないからおきるのです。

あなたがどんな価値観をもって日々暮らしているのか

これからの暮らしで満たしたい想いなどんな想いなのか、

ハウジングコーチはそれを聴きたいのです。

写真 (17)

 

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村