ブログ

Category Archives: インテリア

雑貨ではなくハンドメイドではなく、工芸という世界

手しごと、工芸、というものに魅かれるようになったのはいつからだろう。

私は、若いころから今もそれほど物の好みが変わってない。ようやく趣味に年齢が合ってきた感じ。

旅先で買う物が他の子たちとはちょっと違っていて、「そういうの好きそうだよねー」って言われてきた。

器屋さんとかギャラリーというようなところが好きだった。たくさんきらびやかに物が並んでいるところより、ひとつひとつが展示してあるような。

雑貨屋さん、とはちょっと違う。

それが、工芸、という世界なのだとはっきり気づいたのは、たぶんこの本に出会った時。

稲垣早苗さんは、それ以来私の憧れの人。俳句を若いころから志していたというその文章も、新鮮な響きをもっていて惹きつけられる。

稲垣さんの運営するギャラリー「ヒナタノオト」にも行った。残念ながら稲垣さんにはお会いできなかったけれど。

そして、稲垣さんがディレクションしているイベント「工房からの風」

全国から公募で集まった若手作家さんによるイベント。

クリエイターさんが集まるイベントなんて今やいくらでもある。名古屋でも何百と集まるようなイベントもあるし、地元でも手作り作品を販売するママが好きそうなイベントなんてしょっちゅうある。

でも、この「工房からの風」は、そういう趣味の延長のような人たちとは一線を画す。

プロ、としての作家、単にお金をとるからプロ、ということではなく。

その作品がその人の人と成り、生きていること考えていること日々の営み、そういう物が表れているような。

なんて言ったら、おおげさかな。

工芸とハンドメイドは違う。と思う。何が違うかって言われたら明確に答えられないけど。ハンドメイド作家さんが真剣じゃないとはいわないけれど。ハンドメイド、ではなく、手しごと。

工芸作家さんが集い、使う人たちと出会う場所。それが、工房からの風。

作家さんたちから作品のストーリーを聞くことがこれまた楽しい。

こうやって、この物たちは生まれてこういう形となってここにあるのね。

私のところにやってきた物たち。

買うときには使うことをイメージしながら買ってる。どんなお料理が似合いそう、とか。こういう使い方もありだよね、とか。あそこに飾ったらぴったりだわ、とか。頭の中はいろんな会話が飛び交っていて、他から見たらじーっとそこで黙って見ている人だろうけど、本人的には忙しくて。

そしてそういう時間が夢中でたまらなく好き。

 

 

大掃除の前に知っておくべき、かたづけのコツ

11月15日 水曜 10:00~12:00

2000円

年末までのメールフォロー付き!

場所:よつば暮らしデザイン室事務所(岡崎市天白町)

 

お申込みは右上の「お問合せ」またはFacebookメッセージにて承ります。

 

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

 

イケアが似合う部屋にするには

イケア長久手店がオープンして大にぎわいのようですね。お店の前にならんで入場するまでに1時間とか。

こんなに大勢行ってインテリアに興味ある人そんなにいるのかなー・・・、って思うけど、たぶんちょっと行ってみたい!ってイベント感覚なんでしょうね。

ただ商品が並んでるだけじゃなくてコーディネートされたブースがたくさんあるから、それを見てどんなお部屋が素敵かイメージふくらませるのも楽しいですね。

私が以前イケア行って、さすがスウェーデン、イケアならではだなー、って感じたのは、

インテリアファブリックの素敵さ、と、キャンドル類の多さ。

インテリアファブリックって日本は苦手分野だと思うのですよ。苦手というか、そもそもその分野が歴史的にない!

昔の日本家屋にファブリックっていったら布団カバーか座布団くらい。

だから今でもインテリアファブリックのデザインが成熟してないと思うのです。カーテン屋さん行っても日本製ってなんでこんな花柄とか、昭和か!?って思うような古いデザインが多くてびっくりします。

最近は布屋さんでもインテリアファブリックという分野が増えてきたけど、それもここ数年のような気がする。

その点ヨーロッパは昔からそういう分野があるし、インテリアを自分たちで楽しむという習慣が一般的にあるからそういうデザインが成熟してる。特に北欧は寒い地域で家にいる時間が長いから家の中のことを大切にする。

キャンドルもそうですよね。キャンドルを家で使う人なんて日本じゃごく少数だと思うけど、北欧では当たり前にあるから。

キャンドルホルダーの売ってる種類が桁違い。日本のインテリアショップだとキャンドルはあってもキャンドルホルダーの素敵な物が少なくて、がっかりすること多いです。

実際、みなさんはイケアいって何を買うんでしょうね。ジップロックだけだったりして。

せっかく来たから!って気合はいって買い過ぎは禁物ですよーーーーー。

イケア行きたいけどそもそもそんな物が似合う部屋じゃないし、っていう方はかたづけから始めましょう。

素敵なイケアの物を活かしたいなら、余分なものを無くしましょう!

余分な物があるだけで、せっかく買った素敵なものが見栄えしなくなっちゃいますよ。

 

大掃除の前に知っておくべき、かたづけのコツ

11月15日 水曜 10:00~12:00

2000円

年末までのメールフォロー付き!

場所:よつば暮らしデザイン室事務所(岡崎市天白町)

 

お申込みは右上の「お問合せ」またはFacebookメッセージにて承ります。

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

北欧デザインが日本になじむわけ

フィンランドデザイン展、最終日にようやく行ってきました。

イッタラ、アラビア、マリメッコといったブランドやカイ・フランク、アルバ・アアルトといったデザイナーの当時の作品がならんでます。

当時の、といっても、北欧デザインは数十年前のデザインが今もほぼ変わらず市場に出回っているんですよね。

何十年経っても色あせることなく現代の生活になじむ、それが北欧デザインの良さです。

イタリアやイギリスやフランスといったデザインの先端の国は他にもあるけど、

やっぱり歴史的に見て「大国」と言われた国はデザインも主張が激しい(笑)

なんというか、権威的というか。

北欧の国々は冬の厳しい気候を凌ぐこともあってか、身の丈の範囲でいかに快適にするか、ってことに意識が向いてる気がします。

フランスやイタリアのデザインだったらここはもっとくねくね装飾してるだろうなー、とか、もっとエレガントさが際立ってるだろうなー、とか。

以前、イケアが日本の古民家で家具をコーディネートして展示してる写真があって、馴染んでましたね、古民家と北欧デザインが。

素朴さがとポップさのバランスがいいんだと思います。

シンプルナチュラルな部屋に北欧ヴィンテージの家具とモダンデザインの家具をミックスしたような部屋が憧れです。

この日の晩御飯は気分はフィンランド。食器はフィンランドでそろえてみました。料理はさておき・・・。

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ