よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 空き家問題

リフォーム・リノベーションに興味ある方はぜひ!

今年で29回目になる愛知建築士会女性委員会の『わたしらしい住まいづくり』

今年は1月28日から2月9日です。

内容はもりだくさん!

作品展に講演会に無料相談会に読み聞かせも!

今回の作品展のテーマは「リフォーム・リノベーション」

水回りや耐震改修やバリアフリー。リフォームって規模も内容もほんとうに様々。

そんなたくさんの事例を集めて、女性建築士の考えるリフォーム・リノベーションのコツも紹介します。

女性はやっぱり「生活者」っていう視点が効くんですよね、建築の中に。

リフォームを考えてる方にはきっと参考になるヒントがみつかると思います。

 

2月1日の講演会はリノベーションの第一人者、大島芳彦さんです。

空きマンション、空き家をリノベーションすることで地域コミュニティも生み出す手法は全国から注目されています。

『なぜ今、リノベーションを考えるのか~「建物」を「物語」へ~』

2月1日(土)14時~16時 名古屋都市センター(金山駅南側旧ボストン美術館のビル11階)

資料代として500円

託児もあります

事前申し込み制です ⇒ コチラ

ぜひぜひお越し下さーい!お待ちしてます!

 

 

<お試しコーチングセッション募集>
何か達成したい目標がある人、やりたいことがあるけど一歩が踏み出せていない人、
そんなかたのコーチングをお試しで承ります。
コーチングはとても役に立ちます!
自分の思考の整理と次のステップと今やる行動がわかります。
自分との約束を守ることができます。
対面またはZOOMで行います。
仕事のあいてる時間で行いますので平日夜が多くなります。
あいていれば昼間も可能な時もあります。
対面は愛知県岡崎市安城市あたりのカフェまたは弊事務所、時々名古屋市もあるかも。
セッション後にアンケートにお答えいただきます。
お一人1セッションのみ 30分~1時間 無料 先着10名(残り5名)
ご希望のかたは右上の「お問合せ」またはFBメッセンジャーでお願いします。

将来のお金のこと、土地のこと、家のこと、相談できる場所があります

お金のこと、土地のこと、家のこと、税金のこと、保険のこと、相続のこと。

あなたは専門家に相談したことありますか?

こういうことって、たくさん持ってる一部の特別な人のことだけで、わたしには関係ないわー、って思ってますか?

それは違いますね。

今の時代に生きていて、少なくとも生きることに困るギリギリじゃない生活してて、住んでる所があって、収入があって、肉親がいて、

そういう人には必ずこの先の、お金、住まい、相続、って問題はくるんですよ。

誰だって10年後には年をとっているし、今とは違う状況で違う暮らしになっているのです。

どうすることがベストか、という方法を決めるためためには、

そもそもどういう方法があるのか、その根拠となる制度や法律はどうなってるのか、それを知ってないと話しにならない。

どんなに仲の良い家族でも、考えていることが同じなわけではないですよね。

問題に直面したときに、急に意見が食い違うわけではなくて、今まで話したことがなかったから、問題になるだけのこと。

この先どういう状況がやってくるのか、その時の選択肢は何があるのか、自分の意思を残すためにはどうしたらいいのか。

それを考えておくことは決して無駄ではありません。

一番いけないことは、何もせずにほかっておくこと。

放置された土地や建物やお金が、世の中の適材適所に行き届いたらどんなにか救われる人が増えるだろう、って思います。

ほったらかしが一番よくない。大きな損失です。

今日は「おかざき相談隊」の無料相談会の日でした。

次回は8月17日、岡崎市のりぶらで行います。ぜひ利用して欲しいです。

 

★イベント情報
『あなたの想いを表現するサロン空間づくり教えます』

7月21日 日曜 『はたらくなでしこ』
時間:10:00~16:00 
開催場所 :蒲郡宿泊できる住宅展示場 SHARESラグーナ 
 愛知県蒲郡市海陽町2丁目7-3 
入場料 : 無料
ワークショップ開催時間:14:00~15:30
参加費:500円(税込)

カードコーチングで想いを言葉にして、インテリアコラージュでさらに具体的につくります。できあがったものを元に私から具体的な方法をレクチャーします。今のサロンのお写真もお持ちくださればどこをどうすれば改善できるかアドバイスもいたします。

お申込みは右上の「お問合せ」からお願いします。

空き家を使うアイデアをなぜ募集したかというと

昨日の 空き家を使うアイデアありませんか? の呼びかけにいろんなご意見をいただきました!ありがとうございます!

いただいたアイデアについたはまたまとめてご紹介します。

そもそもなんでこういう募集をしたかというと。

私が所属してる団体で「おかざき相談隊」というものがあります。そこは、不動産屋、司法書士、税理士、弁護士、行政書士、ファイナンシャルプランナー、建築士、という専門家が集まっていて、空き家だとか相続だとか遺言だとか土地売買とかのお困りごとを相談できる機会を提供しています。

今のところ、3か月に1回くらい無料相談会っていうのをやっているんだけど、無料相談会だと「困っている」という実感をもっている人が相談にきてくれることを待ってるだけなんですよね。

これじゃ物足りないな、せっかくこれだけの専門家が集まっているのにただ来るのを待ってるだけって、ていう意見もあって。(実際に手持無沙汰でぼーっと待ってるだけになることも多いので)

もうちょっと積極的に「こんなことがこんな風に解決できますよー」っていうネタを提供できれば

「そんなことできるの?」って専門家がどう役に立つか知ってもらえるんじゃないか、「そんなことができるんだったら相談してみようかな」ってそれほど問題に感じてないことでも一歩進んで事態を改善できるんじゃないか、そう思ってセミナーを開催する計画をしています。

その一環で私が考えてるのが、空き家の積極的な活用。

昨日のブログでも書いたけど、ほかってある空き家が増えてる理由を空き家を持っている人の立場で考えると、何かをするにはお金と労力がかかる、そんな面倒なことはやる気にならない、っていうのが本音なのではないかと思うんです。固定資産税かかるんだから維持してるだけでもお金はかかってるんだろうけど。

なんでもそうだけど、現状を変えるような新たな展開を起こすにはそれなりの「傷み」は必要なんだよね。空き家問題でいうと面倒な手続きやお金がそう。

その傷みの部分を乗り越えて進んだら、現状維持してるだけより収入アップになりますよーとか、人が集まって賑やかになりますよーとか、明るい未来を提示できれば「お!そんないいことがあるのかー」ってちょっと前向きになって行動のきっかけになるんじゃないかと。

で、具体的にこういう手続きが必要でこういう工事が必要で維持するためにはこういうことが必要です、それを私たち専門家ができますよー、っていう話をしようかな、と思っています。

でも、皆さんの意見を読んでいて思ったのは、手続きや工事といったことより

「運営」ですね、一番の難関は。

街づくりにしてもコミュニティにしても、「つくる」ことより「維持する運営」がはるかに難しいってことでしょうね。

建築士ってそこを担えるんじゃないかなーって思ったりもしています。

【お知らせ】

2月24日 日曜 ハウジングコーチのワークショップ開催します。

オリジナルの質問カードを使ってあなたの暮らしの価値観を発見するワークショップです。

詳細は決まり次第発表します。

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ