よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: かさこ塾

かさこ塾から2年半経った私が思うこと

「好きを仕事にするためのセルフブランディング&ブログ術」を教える「かさこ塾」

かさこ塾自体は週1回で全4回の講義。私が参加したのは2016年4月~5月、名古屋2期。

その4回の講義が終わった直後くらいに東京で「かさこ塾フェスタ」があって、それにボランティアスタッフで参加しました。

その時初めて、卒業した全国の塾生たちが自由に交流している、卒業した後も絡んでる、ってことを知ったのです。

私は割とガチで「自分の仕事に行き詰まり感を打開したい!」っていう完全に仕事モードで入ったので、他の塾生さんと仲良くなるとかほとんど考えていませんでした。

東京のフェスタは、他の癒し系イベントとか地元のママ向けイベントとはちょっと違う雰囲気で、「人の濃さにあたった」ような何とも言えない衝撃を受けたことを今でも覚えています。

それと、塾生や出店者の熱気の中、かさこさんが一人ぽつんとうろうろしてたのも衝撃でしたね。

その時の11月に名古屋フェスタがあって、出店者とスタッフとして関わって。とにかく、2016年は濃かった、かさこ塾関連で。

で、その後どうなったか。かさこ塾に入って成果は何かあるのか。

かさこ塾に入って2年半たって、私の何かが変わったかというと、正直よくわかりません。

私は元々起業してたしHPあるしブログも書いてたし、ざっくりとだけどやりたい仕事をしているし。

でも、なんだか物足りなさや、こうじゃないなっていう感じがしていて。

なんか突破したい。そのきっかけが欲しかった。

一時的に学ぶ場や教えてくれる人はいくらでもあるけど、かさこ塾のいいところは圧倒的に卒業してからだと思う。

個人事業主が多いっていうのもあるし、仕事じゃなくても趣味でもとにかく「自分がやりたい何か」をはっきりとやってる人が多い。

2年たつと、あの頃はまだそんなにやってなかった人があれよあれよという間にあちこちのイベントに呼ばれるようになったり、どんどん新しい展開を広げている人がいたり、みんなの変化が見て取れることがとても刺激になる。

やっぱり、地道にコツコツと自分のことを発信している人は確実に形にしてるなって思う。オンラインでもリアルでもそれは同じこと。

それと、1回や2回うまくいかなくても何度もやりつづけることも必要。イベントたてても集客できなかったり、新しいメニューが不発だったり、講座に人が集まらなかったり。起業した人はだれでもそんな経験すると思う。

私は、ハウジングコーチという全く知られていないことを世に広めようとしていて、住まいづくりのセカンドオピニオンというなかなか珍しいことをお金とってやっていて。最初は人に話しても「へー、そんなのお金出して受ける人はいるの?」っていわれるくらい冷ややかな反応が多かった。特に同業者は。でも最近は、まったく見ず知らずの人からHPで問い合わせがあり集客できることもあるし、お客様を紹介してくれたり、それいいねーおもしろいねーって言ってもらえることが本当に増えた。

私の話し方も最初の頃に比べて的を得てるようになったと思うし、やり続けていることで自信をもって話せているのだと思う。

牛歩のごとくだけど、確実に前に進んでるな、そう思える。

 

卒業してから卒業生と絡むのも絡まないのも個人の自由で、どういう関わり方もするかも個人の自由。

行きたいところには自分から行く、会いたい人にには自分から会いに行く、遠くから見てるだけでよければ見てればいい、中心にいたければいけばいい、来るものは拒まず去る者は追わず。

そんなスタンスが私にはとても居心地よくて、2年半たってもやっぱり離れずにいる。

何をするか、どうするか、決めるのは自分、決めたのならやろうよ、いつだって応援するよ、かさこ塾はそういうところ。

2019年2月、名古屋5期が開催です。こちらからどうぞ。

 

セルフマガジンあります。のこりわずか!思い通りの家づくりの秘密がわかります。

こちらから

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

 

かさこ塾フェスタが他とは違うわけ

改めて「かさこ塾生」の凄さを知った一日。

何がすごいって、他じゃ知り合えない職種の人に知り合える!

だって、私の隣のブースのたけさんは弁理士さんですよ!商標登録の相談できるってめったに会わないですよね。その隣の山田さんは事務屋さんとして全国に事務職のプロフェッショナルを送り込んでる事務管理のプロだし。私の左となりのアニータさんは集客のプロだし。

そして、私は建築士。

集客と建築士と弁理士と事務屋が並ぶブース。

異色過ぎるでしょ。これがかさこ塾フェスタならでは。

昨日、うれしかったのは「私も建築士なんです」って女性建築士さんが二人話し掛けてくれたこと。女性建築士ってやっぱり少ないのでもうそれだけでめちゃくちゃ親近感。

それ以外でも「建築士なんですね!」って話しかけてくれる人の多くて、イベントにでた甲斐がありました。

建築士がイベントに出るって、なんで?何やるの?、って思う人も多いでしょう、特に同業者は。

人間にとって建築、特に住宅って、ものすごく身近なものなはず。だったら、それを扱う建築士はもっと身近な存在でいるべきじゃないのか?っていうのが私がイベントにでる理由。

つくるときだけ出番がある建築士じゃなくて、当たり前に暮らしている環境をどう整えるかってことを一緒に考える、そのことでその人の生活全体の満足度をあげて想い通りに生きることに繋がる、それが私がイベントに出る理由です。

癒し系やクリエイター系やママ向けイベントとは一味も二味も違うかさこ塾フェスタ。

職業の見本市、みたい。

おまけに着物で行っちゃったし。仕事とは関係ないけど着物着たいからっていう理由で。

 

出店者とスタッフたち。朝から最後まで、熱気はとぎれることなく。

お話しできた方も、お話しできなかった方も、来場してくださった方も、裏方でがんばってたスタッフの方も、一緒に出展したみなさんも、ありがとうございました。

 

◆そろそろ家づくり、という方。計画中だけどなかなか進まない方へ

夫婦の意見を合わせる第一歩「ハウジングコーチワークショップ」

 

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

 

 

 

あなたはどの方法でイベントを楽しみますか

東京かさこ塾フェスタが終わりました。

私がかさこ塾フェスタに関わるのはこれで4回目。

昨年4月~5月にかさこ塾に通って、5月に行われた東京かさこ塾フェスタにボランティアスタッフとして行ったのが1回目。

2回目は昨年10月の京都フェスタに遊びに行きました。

3回目は11月の名古屋、これは運営委員をやりました。

そして今回は出店者として。

4回とも違う形で関わりました。

1回目の東京は、なんだか圧倒されて他のイベントとはちょっとちがうぞ、かさこ塾フェスタは。って感じでしたね。塾生同士が地域を超えてこんなふうに関わるんだー、ってことを知りました。ボランティアスタッフで参加したことで会場全体をウロウロできたし。

2回目の京都は、もう単純に遊びに行っていろんなブースをまわって写真とってはしゃいだ感じ。

3回目の名古屋は、運営だったので当日というよりそこまでの準備期間のあれやこれやが忙しくもあり楽しくもあり、当日は今思えばちょっと緊張感持ってましたね。スムーズにいきますように、って。自分の力量不足と器の小ささを思い知った日でもあったなぁ

4回目の今日は出店者だったのでぜーんぜん他のブースに行くことをせず、自分のブースに来るお客様とお話ししっぱなし。いろんな反省もあるけれど、私が何を伝えたいかってことを、しみじみと再確認することもできました。

イベントって、いろんな関わりかたがあるのね。遊びに行くだけっていうのが単純に楽しめるかもしれないですね。いろんな人の活動をみて話をきいて刺激をうけることも多いですし。

出展すると、やったことが自分のこれからにフィードバックできますね。うまくいかなかったことや反省もあるけれど、内に思っていた何かをお客様と接することで外に放って、その反応をダイレクトに受け取ることができる、っていうのは今後に大きいと思います。自分が何をやりたいかってことを突き詰めて考えるいい機会です。

運営で関わると、人間的に学ぶことが多い気がします。人を動かすにはどうしたらいいか、どう伝えるか、どうまとめるか、これをやるには何をどうするってことをあれやこれや考えるんですね。なかなかの醍醐味ですよ、これは。

遊びに来た、っていう人は次回は出展を考えてみては。出展を何回もしている人は運営に名乗りをあげてみては。違う視界で人が見えると思います。

どんな関わり方であれ、自分がこうしたい、という意志をもって関わること、それが一番楽しめるし充実感もいっぱい。

出店者とスタッフたち。朝から最後まで、熱気はとぎれることなく。

今日お話しできた方も、お話しできなかった方も、ありがとうございました。

 

◆そろそろ家づくり、という方。計画中だけどなかなか進まない方へ

夫婦の意見を合わせる第一歩「ハウジングコーチワークショップ」

 

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ