よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 住まいについての考え

住まいづくりで大切にしたいこと

2月9日までおこなわれている愛知建築士会女性委員会の「わたしらしい住まいづくり」

作品展にだしたパネルでこんなことを書きました

住まいは暮らしの価値観が表れる場所

欲しい物を集める住まいづくりではなく、暮らしの価値観を考えることから住まいづくりを始めて欲しい。

今年も作品パネルをつくるにあたってやっぱりこんなことを書きました。

独立した頃からこの想いは変わっていません。

素敵な物、かっこいい物、があふれている今、好きなものに囲まれた暮らしを提唱するようなキャッチコピーもあちこちで見ます。

でもそれはちょっと違うと思っています。

結果として「好きな物」が集まったのであって、最初から「好きな物」を集めることが住まいづくりではありません。

目指すのは、物じゃなくて、心の豊かさや満たされた時間を味わうこと。

そのための日常の空間づくりです。

情報が多い今の時代だからこそ、振り回されずに自分の暮らしの価値観を見つめて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

ゆとりのある生活をするためのヒント

毎日いろいろなことに追われて気が付くと1日が終わってる。

もっと時間に余裕があれば気持ちにゆとりができるのに。

そうすればイライラすることもなく家族にも優しくできるのに。

そんなふうに思うことありませんか?

ゆとりを感じる生活って、時間があればできるんでしょうか。

そもそも、「時間がある」ことなんてあるんでしょうか。

うーん、たぶん、「時間がある」ってほぼ無いんじゃないでしょうか、アクティブにやりたいことがある人ほど。

余裕を感じる人、ゆとりのある生活をしてる人が、時間があまるような暇な生活をしてるかというと、たぶんそうじゃないですよね。

日常の些細なことで「ゆとりを感じるなにか」を確保してるんだと思います。

寝る前の5分間本を読むとか、朝ストレッチをするとか、職場に30分前に着くとか。

そういった行動で確保するということの他に、ゆとりを感じるような場所を持つ、という手もあります。

ゆとりのある場面を家の中につくりませんか?

寝る前はスタンドライトだけを部屋の片隅に灯す。

廊下の突き当りの窓の外に季節の移ろいを感じる木を植える。

月明かりがきれいに差し込む窓の横に椅子を置く。

ソファに座った時に目に入るところに生活感の感じるものは置かない。

難しいことではありません。本当に些細な日常のことです。

最近、ゆとりのある大人と感じる人を見ていると、何かがあるからゆとりがあるのではなく、最初からゆとりという価値観をもって生きてるのだなぁと感じます。本人たちに聞いたわけじゃないけれど。

価値観、考え方、視点、選択、そういうひとつひとつがゆとりや余裕や気品に結びついてるなって感じます。

そういう生き方を私もしていきたいし、そういう暮らしを生み出す家づくりをしていきたいと思います。

<お試しコーチングセッション募集>
何か達成したい目標がある人、やりたいことがあるけど一歩が踏み出せていない人、
そんなかたのコーチングをお試しで承ります。
コーチングはとても役に立ちます!
自分の思考の整理と次のステップと今やる行動がわかります。
自分との約束を守ることができます。
対面またはZOOMで行います。
仕事のあいてる時間で行いますので平日夜が多くなります。
あいていれば昼間も可能な時もあります。
対面は愛知県岡崎市安城市あたりのカフェまたは弊事務所、時々名古屋市もあるかも。
セッション後にアンケートにお答えいただきます。
お一人1セッションのみ 30分~1時間 無料 先着10名(残り4名)
ご希望のかたは右上の「お問合せ」またはFBメッセンジャーでお願いします。

今年を機嫌よく生きるための住まいにしませんか

『自分の機嫌は自分でとろう』

こんな言葉を時々目にしませんか。

人間ですから、イライラしたり腹が立ったり落ち込んだりすることはあります。

その感情をもったままそのことに関係ない人の前で、イライラしたりおこったりした態度をとるのは、できればしたくないですよね。

家族や職場で人にあたったり愚痴ったりすることで自分の機嫌をコントロールするのは、そこでの人間関係を悪くさせる原因です。

そうならないように、イライラしたり腹が立ったりしたことをリセットできる方法をいくつかもっておきたいですよね。

おいしいものを食べるとか、体を動かすとか、映画をみるとか、カラオケいくとか、すぐできるようなことで。

あなたにとって一番身近な場所、住んでる家、そこもそういう機嫌よくするための手段になりますよ。

むしろ、毎日帰ってくるところがイライラの原因になってませんか?

余分なものでいっぱいだったり、かたづけるのが面倒だったり、家事に手間がかかったり、気温が暑かったり寒かったり。

一人で集中したいのに場所がなかったり、夜は落ち着いて静かになりたいのに明るすぎる部屋だったり、自分の好みと家族の好みが違うからイライラしたり。

そもそも、自分がどういう場所でどういう時間を過ごすことで自分の機嫌がよくなるのかを、知っていますか?

まずはそこからです。

たんに、好きな物を集めて並べればいいわけではありません。

無意識に求めている感情、状態、価値観。

それをわかって日々を過ごしているのと知らないままでいるのとでは、心の余裕度は全然違います。

ここに来ればリセットされる場所、最高にリラックスできる場所、自分を取り戻せる場所、家って本当はそういう場所なはずです。

家の価値を高めるのはそこでの暮らし方です。

どうか、毎日当たり前に過ごしているその家を無駄にしないでください。

あなたが機嫌よくなり、自分らしく生きることができるために、家というのは一番身近な場所です。

そこをおろそかにするのは、もったいなさすぎます。

あなたの価値観を紐解き、どんな暮らし方、どんな空間ならそれが叶うのか、一緒に考えて創りあげます。

それができるのが、ハウジングコーチのできる建築士です。