よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 仕事をする

役立つアドバイスが欲しいならしてはいけないこと

仕事でも日常会話でもアドバイスをしたりされたりする場面がありますよね。

特に仕事だと専門家としての考えを求められることもありますよね。

アドバイスする立場になった時、せっかくアドバイスしたのに「この人残念な人だな」って思う人がいます。

アドバイスに対して否定的な持論を返してくる人です。

自分の意見をもってることはいいことだけれど、人の話を聞きに来たんだったらとりあえずは受けとめようよ、って思います。

「この場合だと〇〇〇な可能性があるから△△したらどうですか」ってこちらが話したら

「それは××だからそんなことはないです」って返ってくる。

いやいやそれはあなたがそう思ってるだけで他の人はそうじゃないから言ってるんじゃないの。少なくとも私は専門家なのであなたより事例をたくさん見て来てるんですよ。

結局、自分の意見に対して「それでいいですよ」っていうお墨付きが欲しいだけなんじゃないのって思えちゃう。

だったらアドバイスなんて求めなくっていいんじゃないの?

 

家づくりのお客様でもそういう人がいて。

情報収集で勉強熱心なお客様がいて、夫婦二人とも熱心で、要望も細かくて。「それだったらこちらのメーカーもあります」って提案したら「そこはもういいです」ってピシャッと会話が終わってしまうような人たちで。結局、ひたすら「これがいいけどこれならいくら?」っていう質問に見積もりだして応えるだけ。

この人たちのために一生懸命考えようかなっていう気もなくなってしまうような人たちでした。有益な情報あっても「ま、言っても自分たちの好きにしたいだろうからもういいや」って引っ込めてしまいます。

自分で調べて自分の考えを持つことは大事なことです。

でも、その考えは世界の中心でもなければその人だけの偏った意見でしかありません。自分とは違う意見をもってる人の声に耳を傾けることができない人は、偏った狭い見方で終わってしまいます。自分の世界以外のことを知ることなく終わってしまいます。

「俺は大丈夫、知ってるから」って思ってるかもしれませんが、他から見たら「何も知らないじゃん」って言われてるかもしれませんよ。まわりから反対意見を言われなくなったら、成長は終わりじゃないでしょうか。

 

家づくりの成功の秘訣は、いかにプロからよりよい提案を引出せるかです。

プロの意見を最大限に活かせるコミュニケーション方法にはちょっとしたコツがあります。それができると、コストを抑えて最大限に要望を叶えることができます。

そんなコミュニケーションの方法も家づくりセカンドオピニオンのご相談では教えています。

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

 

やらなきゃいけないのにやる気にならないことを終わらせるコツ

やらなきゃって思っててもやるのが嫌なこと、ありませんか?

仕事の気がのらないけど締切がせまってるとか、食べ終わった食器洗わなきゃとか、朝起きるの嫌だなぁまだ寝ていたいとか。

私は夜型人間なので朝が本当に苦手なんです。しかも寒いのも大嫌いなのでこれからの季節は朝起きるのがもう本当に辛い。でも起きないわけにはいかないし。

どうするか。

アラーム鳴ったらまずスマホのラジコを立ち上げてラジオをつけます。布団をがばっとはいでカーテンをガーッとあける。ここまでを一気に。これが朝のルーティンです。こうしないと起きれない、逆に。

仕事の気がのらない、集中力がない、そんな時はどうするか。

どーにも差し迫ってる仕事があるときはさすがに嫌とか言ってられないのでやりますが、そこまでせまってるものが無い時はいくつかある仕事のなかで一番何も考えずにできる楽な仕事をやります。調べなきゃできないようなこととか、返事に気を使うメールとかには手を出しません。

朝起きるのが苦痛とか、仕事の気がのらないとか。そういう嫌な気持ちはとりあえずいったん脇に置いておきます。

本当は、そういう嫌な気持ちにならないような努力は必要なんでしょうけど、そんなこといっても今そこと戦ってる余裕はないのでそこは戦いません。

それよりも、今できる何かをして体をそのように仕向けていく、そうするといつの間にか朝起きてるし仕事進んでるし。

考えるより体を動かしてみるほうが早いんですよね。

無駄にエネルギーを消費しないというか。

ああ起きなきゃー、でも寝ていたいしー、寒いしー、でも起きなきゃー。って考えてるモヤモヤした時間がエネルギー無駄使いしてるようで余計に疲れる気がします。

歳と共にそういう無駄な戦いはしないようになってきたなーって思います。

やらなきゃいけない、でもやる気にならない、だったら一切やらないと決めるかさっさと終わらせるか。中途半端にうじうじしてるのが一番もったいない。

かたづけも同じですよー。やらなきゃー、やだなー、なんて思ってたって何も変わりません。

なんとかしたければ考えずにやってみることです。

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

 

あなたは人の時間を奪ってませんか?

仕事を受けるにしてもお願いするにしても、私が気をつけていることがあります。

予定日時を伝えること。

当たり前じゃん、って思うかもしれないけれどけっこうできてない人多い気がするんですよね。

BtoBの場合は、「〇日までにこれをお願いします」っていう納期の連絡は多いと思うけど。

そういう依頼が来たら「△日に終わらせます。×日に取り掛かりますのでそれまでにこれとあれとお送りください」みたいな連絡をするようにしてます。

もしそのあたりで1日中留守で仕事できない日があったら「〇〇日は終日不在です」って連絡して、その日は仕事できないよーってアピールしときます。

私が主体のときは、「〇〇日までにこの図面完成させて送りますので、△日までに見積もりお願いします。×日にお客様にお届けします」

かたづけなどの一般のかた相手の仕事の時も、最初にだいたいのスケジューリングをお伝えします。「この範囲だと何日くらいかかりますね。何月何日くらいまでに終わらせたいと思います。この日くらいにどこどこの片づけやって、この日くらいに家具を見に行きましょう」

家づくりの相談の時も、漠然とした相談だとしても「いつまでにどうしたいですか?だとしたら、いつごろまでにこれをやって、いつくらいからこれにとりかかって、今はこれをして・・・」

って具合です。

この先の「時間」を予約するんです。

建築工事っていうのは、いろんな工程いろんな会社が入り乱れて進んでいくので、工程管理って重要なんですね。

もちろん、お客様がなかなか決められなくて~、とか、お客様がまた変更言ってきたのでちょっと延びますぅ~、ってざらに起こります。

が、テキトーにしていいわけじゃない!!!

この仕事をいつまでにやる、ってことは、そのあたりを空けてあるわけです。そして、その後は別のことがあるんです。

変更なら変更で連絡が欲しい!!!

幸い(!?)最近忙しくないからリスケが簡単にできちゃうけど・・・。

誰にとっても「時間」は生産性のあるものです。それを無駄にするって、しかも人の時間を無駄にさせるって、労働力=お金を奪ってるのと同じじゃないの?

いつでもOKです、っていう仕事のしかたしてたら逆にこわいわ、私だったらそんな人に依頼したくない。

仕事だろうがなんだろうが、自分の行動が人の時間に影響与えてるんですよ。無駄な労力を人に使わせないようにしましょうよ。

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてください!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ