ブログ

Category Archives: 仕事をする

その発信がお客様に届かない理由

「地域材活用セミナー」というものに行ってきました。

家を建てる時の柱や梁という「木」がどこの山から来てどうやって柱として家づくりの現場にくるかって考えたことありますか?

川上から川下へ。

っていう言い方を講演ではされてました。実際、昔は山にある川の上流から流して川下の街に送っていたのです。

川上が木を育てて供給元となる山元としたら、私がしている設計という仕事は決定権を持つお客様と直接対面する一番川下にいることになります。

川下の人は川上でがどこで何がどうなっているのか知らない、川上の人は川下の人が何を考えてどう選択しているのか知らない。

「ブラックボックス」なんだそうです、製材の流通は。山元での原木の価格は実際製材として取引される価格の数%だそうです。手をかけて育てられた枝打ち材が末端の市場では評価されていない、

要するに、供給している側にとっての「価値あるもの」と、消費者の思う「価値あるもの」が合っていない、ということです。

そのブラックボックスを変えようとという林業の新たな仕組みを始める、という趣旨の講演でした。

その趣旨と問題点と苦労している様はわかったのですが。

話しの中に消費者のことが一切でてこない。

最終的に建物をたてるオーナーとなる人が決定権をもっていてその人たちが地域材を使うという選択をしない限り、どんなに山元の人たちががんばって山を育てて製材所が問屋に地域材を積極的に売ろうとしたところで、建築現場で使われることはありません。

なのになのになのに、一般人の意識調査だとか、なぜ地域材が選択されていないのかだとか、そもそも一般の人が材木を選択するということがあるのかとか、そこをどうしたら変えられるのかとか、どう訴えていこうだとか、そういうことが一切でてこなかった。

自分たちの取り組みのことばかりで。今回はそういう趣旨に講演なのかもしれないけど。

川上と川下のあいだに大きな隔たりがある、全然川下から見えない、っていうことをとても感じたのです。

供給する元にいる人たちの発信が、最終的に使うエンドユーザーに届かなければ、市場なんて変わるわけないのに。

エンドユーザーが「欲しい」と思っている顕在化されてるニーズだけに応えるような情報提供だけじゃ新たなニーズの掘り起しなんてできるわけないのに。

供給する側が「これいいよ!」「これ大事だよ!」っていくら叫んだところで、末端のユーザーの「こういうの欲しい」に合わなければ、その発信はされてないのも同じこと。

そもそも、その発信はエンドユーザーが選択する場に届いていないんじゃないの?

供給する側は自分たちのものを「これはいい!多くの人に届けたい!」っておもってその事業を営んでいるはずだけど、それはほぼ一方的な想いに終わっていてユーザーに届いていないことが多い。だから苦労してるんだけどね、私もだけど。

供給する側の価値を活かしたままユーザーの隠れたニーズをビビッと刺激するような商品やコンテンツつくり&発信っていうのができると、川上から川下すべてがうまくいくのでしょうね。

これをうまくまわせるプロデューサーっていう人材が不足してるんだろうけど。

暮らし方を変えるかたづけ講座

10月4日 水曜 13:30~15:30

参加費3000円

◎今年中にかたづける行動計画作成します

◎実行できるよう個別指導します

◎年末までのメール指導つき

お申込みは右上の「お問合せ」またはFacebookメッセージにて承ります。

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

安くやってよって言ってくる人の対処方法

フリーで仕事してる人なら一度は経験してるのでは?

お友達価格、知り合い価格を迫られること。

「ちょっとやってくれる?」とか「ついでにこれも」とか「お試しで」とか。

こちらからお試しとかフロントエンドとしてのサービスメニューならわかりますが、

そうじゃないものを値切ってくる場合、

それを言ってきた人自体がプロフェッショナルな仕事をしていないのだと思います。

仕事って、依頼されたことをただやるだけではありません。

例えば私の場合。ハウジングコーチのセッション自体は数時間クライアントさんと会話をするという行為です。話しを聞くだけで20,000円、ではありません。当然ハウジングコーチの講座に通った時間と費用も費やしていますが講座に出た数時間だけでコーチングができるわけもなく、何度も何度も練習セッションを行い、コーチとしての在り方を学び、1回数時間のセッションのクオリティを上げるための見えない研鑽があるわけです。

家を建てる相談だって、相談自体は1時間ばかりのことかもしれませんが相談に応えられるだけの建築士としての知識や経験はタダで提供できるレベルではありません。

仕事って、目の前の与えられたことをやるだけのものではありません。与えられた役割をこなすだけなら仕事じゃなくて作業です。より良い成果をつくるため、満足していただくため、どうしたらいいか創意工夫をしてレベルを上げていくことが仕事です。

見えてる成果物なんて最後の最後の1滴にすぎません。

そうやってスキルを上げてきたプロに対して、同じように仕事をしている人なら値切るなんてできないはず。

それを「ちょっとやってよ」って言えるってことは、その人はろくに仕事をしてない証拠だと思うのです。

そんなこと言ってきた人がいたら「あなたはその程度の仕事しかしてこなかったのね」って言ってやりましょう。

私も、コーチングを始めたころは無料とか1000円でフルセッションしてきたけど、今はもうそれはやりません。

コーチングを受けてくださったお客様や理解ある工務店さんたちに感謝されてきたという自負と責任があるからです。

 

『岡崎まちゼミ』参加してます!

インテリアコラージュで理想の部屋づくり

9月6日(水) 9:30~11:30

9月12日(火) 13:30~15:30

場所:岡崎市せきれいホール 

費用:300円

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

 

休みが思いっきり楽しめる働き方してますか

長期休暇だーー!!!っていう人も多いでしょうか。

会社員がいいなって思うことの1つは働かなくても金がもらえる休暇があるってことですね。そこは単純にうらやましいです。

以前は、私も長期休暇になると友達とあちこち旅行にいきました。あっちの友達とあそこへ行き、こっちの友達とここへ行き、って具合に。

楽しい旅行から帰ってくる道中ある友達が「あーーー、仕事かーーー、胃が痛くなる」って激しくため息ついたんです。胃が痛くなるっていうのは大げさに言ったんでしょうけど、仕事のことを考えるとそれくらい憂鬱になるってことです。

それを聞いたとき、なんか残念な気持ちになりました。なんだか旅行を満喫してないような、仕事を一時的に忘れる時間になってるような。

長期休暇じゃなくても毎週日曜日の夕方になると憂鬱になるとか、休暇と仕事の気分の落差が激しい、それっておかしいというか、なんでそんな気分になるような仕事のしかたしてるの?って思うのです。

休暇は、仕事の嫌なことを忘れるためにあるの?休暇は楽しくて仕事は楽しくないものなの?

そうじゃなくて、仕事は仕事で楽しいし、休暇は休暇で楽しいもの、じゃないですか。

仕事やりきったぜー!明日から休みだー♡

旅行楽しかったわー!明日から仕事だー♡

っていうのが一番いいはずです。

仕事の憂さ晴らしのような旅行なんて残念すぎる。

仕事を思いっきりやりきってるからこそ休暇を満喫できるし、休暇を十分休暇らしく過ごすから仕事も充実するってもんです。

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ