よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 仕事をする

読み手にアクションをおこさせるセルフマガジンとは

個人事業主の会社案内のようなもの、セルフマガジン。

詳しくはコチラ。日本セルフマガジン協会

みんなのセルフマガジンを見て意見を出し合う「セルフマガジン品評会」を行いました。

私が持ってるセルフマガジンの数々。これを私が見てるだけじゃもったいないなー、って思ったのがこの会を開こうとおもったきっかけ。

セルフマガジンの目的は仕事だろうが趣味だろうが「自分がしている活動を多くの人に知ってもらうこと」

だから、見やすい、興味を持ちやすい、理解しやすい。

これができてなきゃ意味がない。

どのようにしたら興味をもってもらえるか、理解してもらえるか、というのは、業種やターゲットによって構成や見せ方は変わるけど、

少なくとも「見やすくする」ことはできる。

今回でた意見では

◎フォントと文字の大きさを厳選する、大きさやフォントを書いてある内容事柄に合わせて変える

◎1行を長くしない

◎行間、文字間をほどほどにする。つめ過ぎず、間延びさせない。

◎単調にだらだらと文章を載せずリズム感をもたせる

◎段落のタイトルで内容がわかるようにする

このへんのことはデザイナーさんにとっては当たり前なのでしょうけど、素人が自作したものはそれができてない。中には自作したものでも上手くできてたり、たぶんデザイナーさんが入ってるだろうけど文字が小さくて読む気にならない物とか背景に文字が埋もれちゃってる物とかもあって。こういうところが他者目線ですかねー。

これができてないものは内容云々の前に、読んでもらえない。

そしてもっと読んでもらうどころか手にしてもらえないのは

◎表紙が目を惹かない物

タイトルとか写真とかフォントとかデザインとか色とか、何かで目を惹かなければ見られて無いも同然。

予算的に全部をデザイナーさんにお願いできないなら表紙だけでもデザイナーさんにお願いした方がいいと思います。素人のもので素敵にできることは、まずない。

◎セルフマガジンを読んでもらいたい人の落としどころを考えた構成にする。

つくってる物を見てもらうのか、サービス内容をわかりやすく選べるようにするのか、やっているサービスや活動について知ってもらいたいのか、私という人間を知ってもらいたいのか。

最終的にはターゲットとなる人に問い合わせとか購入というアクションを起こしてもらうことを目的としてるんだろうけど、それをしてもらうまでの導線ができてないものはアクション起こすのは難しいんじゃないでしょうか。

そのためには、まずは、なぜセルフマガジンをつくるのか、誰に読んでもらいたいのか、読んだ人にどうしてほしいか、それを明確にしとかないと、つくる過程も迷走するし、まとまらないし、伝わらないし。

それが明確なものは、文章もフォントも色合いもデザインも写真も統一感があって見やすくて印象に残ります。

結局、セルフマガジンも大事なのはその人の「軸」ですね。

 

===================

づくり前の、悩み不安疑問、大募集中です。

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

32/1000

無駄な時間を過ごさないおススメの方法

師走ですね。時間がなくて焦ったわりには思い通りにやり切ることができずに終わってしまった・・・。

そんなことが例年続く人は今までと違ったやりかたをしなければ、きっと今年も同じ結果になるでしょう。

今までの自分を変えたいと思ったらどうしますか?

宣言する?決意を紙に書く?そういった類のことしても、行動しなければ意味がない。

大前研一さんの有名な言葉「人間が変わる方法は3つしかない」

「1つ目は時間配分を変えること。2つ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること。」

「どれか1つを選ぶとしたら時間配分を変えることが最も効果的」

意志や決意やモチベーションがなくても、行動すればよいわけです。モチベーションが上がらない、って手を付けずにいるなら、なにも考えずにとにかく「今から30分これをやる」と思って目の前のことをやればいいだけです。

意外と、だらだらと無駄な時間っておおくって、SNSとかメールのやりとりとかちょっとした長電話とか、あっというまに15分30分と過ぎちゃうですよね。

そんなあっというまに過ぎちゃう時間をコントロールする方法を先日ききました。

15分を1コマで考えるんだそうです。

1日96コマ、睡眠6時間をのぞいても72コマ。

15分1コマずつで何をするか、結果何をしたか、それを意識すると何に無駄な時間を使っているかわかるそうです。

SNSしてると15分ってあっという間に過ぎちゃいますもんね。

私のようなSNS好きでスマホをすぐいじっちゃう人はスマホ防止アプリも使ってみては。

私はコレ使ってます。今までしょっちゅうスマホ触ってたんだなー、って気づきます。(Iphone対応だけみたいです)

「スマホをやめれば魚が育つ」

時間配分を変えること。

今までやっていなかったやり方をすることで今までと違う成果を残すことができる。

かたづけできてない人は、毎日5分必ずどこかを整理するとか、毎日1個物を捨てるとか、寝る前にリビングをかたづけて寝るとか、今までと違う時間の使い方をしないと、そりゃかたづかないよねー。

中途半端な時間の使いかたをやめること。これで今年を思う存分やりきるぞ。

 

===================

づくり前の、悩み不安疑問、大募集中です。

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

30/1000

PVアクセスランキング にほんブログ村

好きな仕事をして30周年の集団

好きな仕事をし続けている人たちばかりの集まりがあります。

【愛知建築士会女性委員 30周年記念事業ワークショップ・懇親会】

というものに参加しました。

ワークショップでは働き方について「がんばっていること」「悩んでいること」「その解決方法」について話し合ったのですが。

悩みで多いのが「時間がない」「長時間労働」「プライベートとの境がない」ということと「親の介護との両立」「子育てとの両立」というのがほとんどでした。

話し合っていると、長時間労働してるのもプライベートとの境がないのも好きでやってるので結局それほど問題視してない、とか、暮らしていることや出かけて行っても「建築士」としての目線がいつもあるから、とか介護の苦労話もお客様とのコミュニケーションになる、とか。

結局なんだかんだいって「この仕事が好き」というなんともポジティブなまとまりになっていったのです。

建築士になったきっかけだって、みんながみんな建築科で教育うけたわけではなく、結婚してダンナがこういう仕事だった、とか、自分の家を建てたときに面白さに気づいた、とか、畑違いなところからこの道に進んだ人も結構いらっしゃる。

私も最初から「建築士」になりたかったわけではありません。家づくりに関わることがしたい、という気持ちはあったけど建築士事務所に勤めたいと思ったわけではないしたまたま求人に応募して採用されたところが建築士事務所だった、というノリです。

やってみたら面白かった、はまっていった、というほうが合ってるかも。

目の前のことを続けていたら好きになる。続いたことが結果的に好きなこと。

そんなもんじゃないのかなぁ。

「好きを仕事にしたい!」と思うなら、目の前のやりたいことを誠実に続けることなんじゃないかな。

それにしても、30年前、男ばかりの建築の世界で女性部会を立ち上げ今も変わらずこの世界に従事している先輩方のエネルギーの強さ。

女性は元気です。そしてそれを応援してくれる男性は素敵です。

こういう人たちがもっと増えたらいいなぁ。自分のやりたい仕事するって、ほんとに楽しいよ。

 

===================

づくり前の、悩み不安疑問、大募集中です。

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

28/1000

PVアクセスランキング にほんブログ村