よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 仕事をする

好きなことをやり続けている素敵な大人の話

木のおもちゃがずらーっと並んだここは、名古屋市の閑静な住宅街のとあるお宅の地下室です。 

部屋中いっぱいおもちゃで埋め尽くされてます。

地下に行く階段はこんな感じ。思わず、わああーー!って声がでちゃいました。

ここは、「おもちゃのひろば」を主宰されてる三輪義信さんのお宅の一部です。

三輪さんは糸のこで木のおもちゃを作って自宅を開放してらっしゃいます。ここには子供たちが遊びにきて自由にここのおもちゃで遊んでいきます。

その数、そのクオリティにびっくりです!

こんなおままごとセットも!かわいい!

ここに写っているのは地下室で、これとは別にアトリエがありそこに糸のこが数台置いてありました。

増築するとしたら地下室つくるしかない、ということで地下室つくっちゃったそうです。

三輪さんは元・特別支援学級の先生です。おもちゃづくりを始めたのは、最初は自分のお子さんのためだったそうです。そのうち学校の授業でも使うようになり・・・。

ここのアトリエを始めたのは20数年前、地下室をつくったのは10数年前、とのこと。

自宅を開放してこどもの遊び場にしたり、工作教室を開いたり、つい最近は韓国で工作指導もしてらっしゃったそうです。

好きなことをやり続けて20数年経った姿というのをこうして目の当たりにすると、「好きを仕事にするためには」なんていろいろ小手先のこと考えるよりも、とにかくやり続けることなんじゃないかって思えてきました。

自分のやりたいことをやり、人と共有して喜んでもらえる。「好きを仕事に」の原点ですね。

 

そんな三輪先生をお招きして読み聞かせをやります。読むのはこの本

これに合わせて三輪先生がつくったおもちゃがこちら

絵本に合わせて木のおもちゃで場面をつくっていきます。立体的な紙芝居のよう。

愛知建築士会女性委員会の催しのひとつです。来年1月です。詳細は近いうちに書きますね。

 

そうそう、三輪先生にこんな質問をしました。「子供たちがおもちゃを無くしたりこわしたりしませんか?」

返ってきた答えが

「無くなったらつくればいいし、こわれたら直せばいいから」

素敵すぎます。

 

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

商品力が二流でも業界トップになった住宅設備メーカー

昨日のテレビ「カンブリア宮殿」、住宅設備メーカーのリクシルをやっていました。

リクシルという会社は前身はトステムというサッシメーカーです。

トステムがタイルメーカーのイナックス、エクステリアの東洋エクステリア、サッシメーカーの新日軽、キッチンメーカーのサンウェーブなどを統合して今のリクシルになっています。

統合っていうか、実質的にはトステムが他を吸収合併した感じですね、あきらかに。

 

リクシルの前身のトステムという会社は創業時は窓サッシメーカーでしたが、イナックスとの統合まえでもキッチンもユニットバスも室内ドアもつくってました。

トステムとリクシルが統合したのが2001年。

私が当時勤めてた会社でもよくつかってました。そのころからトステムは他とは違ってました。

他のメーカーと圧倒的に違うのは「対応力」でした。

正直言って、サッシは元々つくっていたので良いのですが、キッチンやユニットバスが他より良かったかというと、そうでもない。悪いわけじゃないけど一番いいわけじゃない、すごく魅力的な何かがない。とくに室内ドアなんかはあきらかに二流三流でしたね。

やっぱり木でできてるようなものは元々材木商だったようなW社やD社のほうがいい商品でした。

「商品はW社がいいけど、対応はトステムだよね」

当時私のまわりではよく言われてました。

対応力とは具体的にどういうことかというと、

住宅設備メーカーは受発注業務や商品説明など1人の営業さんが専属で工務店に対応してくれます。

トステムも基本は1人の営業さんが専属でつきますが、それ以外の対応もしてくれる他部門の人が多い。

小さい工務店にとって、新しい法律や制度や技術を知ることは日々の業務ではなかなか難しい。大手ならそれを専門でやる部署がいるでしょうけど。そういうことを積極的に説明してくれる部署の人がいたり、エンドユーザーへの説明ツールも提供してくれたり。

専属でくる営業さんもいろんなことを良く知ってたしマメだったし。しかも担当者がかわっても対応力は変わらなかった。

とにかく、小さい工務店にとってかゆいところに手が届く。そんな対応なのです。

どうしたって頼りますよね、そんなところがあれば。

特別魅力的な商品ではないけど抜群の対応力。

中小零細工務店がターゲットで、そこの潜在的なニーズをくみ取り対応する。

トステムがサッシメーカーから住宅設備総合メーカーのトップランナーになったのはそんな理由のような気がします。

あ、もちろん商品力も向上してますよ、室内ドアなんかは本当に昔に比べたらずいぶんよくなって今じゃ主流で使う工務店も多いんじゃないかな。

家づくりする人は1回は行くんじゃないですかね、リクシルのショールーム。なんでもあるから。

オシャレとか高級とかセンスいいっていう特徴より、庶民が喜ぶ機能満載、って感じのイメージかなぁ。

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

業績アップと仕事環境の関係

今日のNHKクローズアップ現代でイノベーションオフィスの極意っていうのをやってました。

映し出されたのは、従来型の事務机が規則正しく並んで書類が山積みの会社とは全然違う光景。

巨大モニターで全国の支社と常時接続してまるで隣にいるかのように話せるミーティングルーム、会議で話せないような本音が話せるバーカウンターのようなコーナー、一人一人の固定席ではなく大きな木目のテーブルでパソコン一つで自由に座れるオフィス、東京の会社から離れてリゾート地のオフィスに短期滞在。

オフィス環境を変えたことで一人あたりの業績もUPだそうです。

地方の零細企業の住宅会社というオシャレなオフィスとは程遠い環境でしか働いたことがない私としては、映し出されるオシャレな人やオフィスはまるで別世界。こんなの大企業のIT関連でパソコンだけで仕事がおわるようなデスクワークな会社だけだよねー、なんて冷ややかな目で見ていましたが。

ひとつだけ「そうそう!」と大いに同意したことがあります。

仕事の段階によって場所を変えるということ。

初期段階のアイデア出しのときはソファでゆったりと。

上司との詰めの段階では小さなミーティングテーブルで膝を突き合わせて。

私は自分のいる空間が自分の精神状態にとても影響を与えることを自覚しているので、どこで仕事をするかはとても選びます。

図面を書くとか書類をつくるとかガーッと集中してつくりあげるような仕事はメインのパソコンで事務所で行います。

で、プランニング(間取りを考えること)はぜーったいここではできない。会社員時代からもそうですが、パソコンの前で事務椅子に座ってプランニングができません。ぜんぜんそんな気分にならない。

講座の組み立てとかアイデアだしも事務所のパソコンの前ではできないです。

主にスタバです。コメダよりもスタバです。なんででしょうねー、スタバのあの雰囲気は、ほどほどに仕事向きな感じは。

仕事にはいろいろな段階があって脳の使い方や意識の集中度合はその都度違います。

仕事に合わせて環境を変えると自然とそういう脳の働きに持っていけるのではないかと私は思ってます。

モードの切り替え、スイッチのオンオフ。

会社を辞めて一番感じたことは、会社のデスクに拘束さられていることがいかに苦痛だったかということ。

そんなにあちこち動けないっていう人は、目に見える範囲を変えるだけでも効果はあります。

同じ部屋の中でも窓に向かって外を眺めながらとパソコンの前では気分が変わります。

もっと手軽にするなら、デスクの上の小物を変える。集中するときは余分なものは一切置かない。アイデア出しの時はカラフルなもの置いて刺激する。

自分の気分をコントロールして効率よく仕事ができたらいいですね。

あ、これらが上手くいくにはかたづいた環境であることは言うまでもないですけどね。

 

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ