よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 仕事をする

スマホで家具を買いますか?

昨日行ったインテリアコーディネーター三宅利佳さんのトークライブ、

名古屋会場のゲストは岐阜県高山市の家具店、家具木の國屋の舩坂康祐さん。

「スマホで家具を買う時代!?」

家具やインテリアをとりまく市場や経済状況の分析がとてもわかりやすくて、業界向けセミナーの趣きでした。

ネットで物を買うことはめずらしくもなんともないですが、みなさんは何をネットで買いますか?

ネットでカウンター割合は、本やCD・DVDが約3割、小型家電が約2割、だそうです。

もっと多いかと思ったけど、こんなもんなんですね。

家具は1割くらい。他の品目に比べると少ないんですよね。

ネットで買う理由は「外出しないで買える」「ネットの方が安い」「商品を比較しやすい」だそうです。

私はあんまりネットショップで買わないほうです。専門書とコピー用紙、オフィス用品くらいかなー。

ネットで買うのは、すぐに実店舗で見つからない物、重い物、です。なるべくネットショップは使わないことにしてるので。

なぜなら見て確かめて買いたいからです。色とか素材感とか細部の作りとか。

でもこういう人は少数派かもしれないですね。特にこれからの若い人たちは。スマホをおもちゃにしてるんですから抵抗ないですよね。

ネットで買うなかでも、今はスマホの方が多いそうです。本とかCDだったらわかるけど、家具は画像で確かめたいからスマホで買うなんて、って私なんかは思うけど。

そもそもパソコン持ってない人も多くてスマホでなんでも済ませてしまうんですよね。HPやブログのアクセスもスマホからの方が多いですもんね、アクセス解析すると。

ネットショッピングで売上をのばしているところは、とにかく商品の情報が細かい、使ったイメージがわかるような画像が豊富、そういうことで安心して買えるような努力をしているところだそうです。

これからはネット=スマホ、って考えたほうがいいかもですね。

さて、話しは変わって。

お話ししてくださった舩坂さんは元・楽天の管理職をしていたそうで(といっても30代前半)、市場のデータを提示しての分析とかマーケティングってものをとてもわかりやすく話してくださいました。たぶんこういうことは楽天ではよくあるんでしょうね。話し慣れてるし。

こんなこと、地方の零細工務店ではまずない(笑) 目の前の実務をこなすことしか見てない。せいぜいメーカーの営業さんから市場動向を教えてもらうくらい。社長は考えてるかもしれないけど、そういうことを社内で分析して話し合うとか、まずないですね。

なんか、こういうとこで中小企業がいつまでも中小企業でしかないんだなー、って感じます。視点が違うというか、文化が違う。

楽天の「成功の5つのコンセプト」って知ってますか?よくテレビや本でも紹介されるしググるとでてきます。

これが社内のどの部屋にも書いてあるんだそうです。社員はほぼこれを諳んじてるそうです。よくこれについても話し合うそうです。

私の地域だとトヨタ関係に勤めてる人はとても多いのですが、その人たちの話を聞いていて思うのは、会社の決まり事というか徹底して社員に行き渡ってるんですよね、生産方式とか安全管理のこととかやることが当たり前っていう風潮ができてる。それが行き渡ってることがほんとにスゴイ。

行き当たりばったりで個人の能力でこなしてる中小零細企業はこういうところが弱いですね。絵に描いた餅みたいな社訓じゃなくて社員が目標にできて現場に活かせるものじゃないと。

やっぱり、目標とそのための分析と計画は大事ですね。

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

本番前にプレゼンフィードバックを受けるべき理由

私は毎週異業種交流会に参加していて、毎週1分間と年に1回くらい10分間、自分の仕事についてのプレゼンをする機会があります。

先日10分間プレゼンの順番が私にまわってきて、ちょうどそのころレースアナウンサーの若松泰恵さんが「プレゼンフィードバック」のプレゼントをやっていたので、これはチャンス!と思ってお願いしました。

10分間プレゼンは今までも何回かやっているので、話す内容もスライドも今までのものをほぼ流用しました。余分なところを抜いたり今回強調したいところを足したり、順番を入れ替えたりした程度です。

話す内容も話す相手も普段と一緒で慣れている。これが実は落とし穴でした。

若松さんからいただいたフィードバックはこんな内容でした。

・プレゼンのテーマは?タイトルは?「この話をします」という掴みが大事

・説明が長い部分は結論を先に持ってくるのもアリ

・声の調子も説明的だと一本調子になりやすいのでトーンを高めに

プレゼンのテーマはざっくりと「私の仕事内容」っていうのがこの場では当たり前のように思っていて、特にテーマなんて考えてなかったのです。聞く方も毎週会うメンバーでだいたいの内容は知っているんです。

しゃべるほうも聞く方もプレゼン慣れしてる、という状況。

完全に、他者目線が抜けていました。

プレゼンとは知らない人に知ってもらうためにするもの。いかに聞いている人に残るものにするかです。

自分の仕事内容は、当然本人は良く知っているし業界の状況や専門用語は慣れてるし知らない人が何が知らないのかがもはやわからないということがおきて、自分の仕事を客観視することって実はとても難しいと思うのです。

私はまさにそんな感じでプレゼンをつくってました。

フィードバックをいただいて、テーマは「満足いく家づくりのために私がしていること」にしました。もともとそういう想いで仕事をしていてそのために「ハウジングコーチ」というものを提供しているので。

テーマができたらあとはそこからストーリーになるように組み立てます。最後に「紹介してほしい人」になるように。目的⇒なぜそう思うのか⇒その現状の問題点⇒改善するために⇒私が提供していること⇒こんな人がターゲット

プレゼンはとにかく練習が大事。

自分のことを知ってもらうためにするのだから聞いてる人が聞きやすく伝わらなければ意味がない。伝えたい内容のことを知らない人にきいてもらってちゃんと伝わるかどうかを事前に確認するのは必要なこと。

若松泰恵さんのフィードバック、残り4枠だそうです。ただし「動画で15分以内」「3月中に送ってくださる方」

バレンタインにプレゼントしたいもの

 

私がやったプレゼンはこれ↓

ハウジングコーチがなぜ必要でどう役に立つのか、伝わるかなー。

 

読み手にアクションをおこさせるセルフマガジンとは

個人事業主の会社案内のようなもの、セルフマガジン。

詳しくはコチラ。日本セルフマガジン協会

みんなのセルフマガジンを見て意見を出し合う「セルフマガジン品評会」を行いました。

私が持ってるセルフマガジンの数々。これを私が見てるだけじゃもったいないなー、って思ったのがこの会を開こうとおもったきっかけ。

セルフマガジンの目的は仕事だろうが趣味だろうが「自分がしている活動を多くの人に知ってもらうこと」

だから、見やすい、興味を持ちやすい、理解しやすい。

これができてなきゃ意味がない。

どのようにしたら興味をもってもらえるか、理解してもらえるか、というのは、業種やターゲットによって構成や見せ方は変わるけど、

少なくとも「見やすくする」ことはできる。

今回でた意見では

◎フォントと文字の大きさを厳選する、大きさやフォントを書いてある内容事柄に合わせて変える

◎1行を長くしない

◎行間、文字間をほどほどにする。つめ過ぎず、間延びさせない。

◎単調にだらだらと文章を載せずリズム感をもたせる

◎段落のタイトルで内容がわかるようにする

このへんのことはデザイナーさんにとっては当たり前なのでしょうけど、素人が自作したものはそれができてない。中には自作したものでも上手くできてたり、たぶんデザイナーさんが入ってるだろうけど文字が小さくて読む気にならない物とか背景に文字が埋もれちゃってる物とかもあって。こういうところが他者目線ですかねー。

これができてないものは内容云々の前に、読んでもらえない。

そしてもっと読んでもらうどころか手にしてもらえないのは

◎表紙が目を惹かない物

タイトルとか写真とかフォントとかデザインとか色とか、何かで目を惹かなければ見られて無いも同然。

予算的に全部をデザイナーさんにお願いできないなら表紙だけでもデザイナーさんにお願いした方がいいと思います。素人のもので素敵にできることは、まずない。

◎セルフマガジンを読んでもらいたい人の落としどころを考えた構成にする。

つくってる物を見てもらうのか、サービス内容をわかりやすく選べるようにするのか、やっているサービスや活動について知ってもらいたいのか、私という人間を知ってもらいたいのか。

最終的にはターゲットとなる人に問い合わせとか購入というアクションを起こしてもらうことを目的としてるんだろうけど、それをしてもらうまでの導線ができてないものはアクション起こすのは難しいんじゃないでしょうか。

そのためには、まずは、なぜセルフマガジンをつくるのか、誰に読んでもらいたいのか、読んだ人にどうしてほしいか、それを明確にしとかないと、つくる過程も迷走するし、まとまらないし、伝わらないし。

それが明確なものは、文章もフォントも色合いもデザインも写真も統一感があって見やすくて印象に残ります。

結局、セルフマガジンも大事なのはその人の「軸」ですね。

 

===================

づくり前の、悩み不安疑問、大募集中です。

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

32/1000