よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 仕事をする

業績アップと仕事環境の関係

今日のNHKクローズアップ現代でイノベーションオフィスの極意っていうのをやってました。

映し出されたのは、従来型の事務机が規則正しく並んで書類が山積みの会社とは全然違う光景。

巨大モニターで全国の支社と常時接続してまるで隣にいるかのように話せるミーティングルーム、会議で話せないような本音が話せるバーカウンターのようなコーナー、一人一人の固定席ではなく大きな木目のテーブルでパソコン一つで自由に座れるオフィス、東京の会社から離れてリゾート地のオフィスに短期滞在。

オフィス環境を変えたことで一人あたりの業績もUPだそうです。

地方の零細企業の住宅会社というオシャレなオフィスとは程遠い環境でしか働いたことがない私としては、映し出されるオシャレな人やオフィスはまるで別世界。こんなの大企業のIT関連でパソコンだけで仕事がおわるようなデスクワークな会社だけだよねー、なんて冷ややかな目で見ていましたが。

ひとつだけ「そうそう!」と大いに同意したことがあります。

仕事の段階によって場所を変えるということ。

初期段階のアイデア出しのときはソファでゆったりと。

上司との詰めの段階では小さなミーティングテーブルで膝を突き合わせて。

私は自分のいる空間が自分の精神状態にとても影響を与えることを自覚しているので、どこで仕事をするかはとても選びます。

図面を書くとか書類をつくるとかガーッと集中してつくりあげるような仕事はメインのパソコンで事務所で行います。

で、プランニング(間取りを考えること)はぜーったいここではできない。会社員時代からもそうですが、パソコンの前で事務椅子に座ってプランニングができません。ぜんぜんそんな気分にならない。

講座の組み立てとかアイデアだしも事務所のパソコンの前ではできないです。

主にスタバです。コメダよりもスタバです。なんででしょうねー、スタバのあの雰囲気は、ほどほどに仕事向きな感じは。

仕事にはいろいろな段階があって脳の使い方や意識の集中度合はその都度違います。

仕事に合わせて環境を変えると自然とそういう脳の働きに持っていけるのではないかと私は思ってます。

モードの切り替え、スイッチのオンオフ。

会社を辞めて一番感じたことは、会社のデスクに拘束さられていることがいかに苦痛だったかということ。

そんなにあちこち動けないっていう人は、目に見える範囲を変えるだけでも効果はあります。

同じ部屋の中でも窓に向かって外を眺めながらとパソコンの前では気分が変わります。

もっと手軽にするなら、デスクの上の小物を変える。集中するときは余分なものは一切置かない。アイデア出しの時はカラフルなもの置いて刺激する。

自分の気分をコントロールして効率よく仕事ができたらいいですね。

あ、これらが上手くいくにはかたづいた環境であることは言うまでもないですけどね。

 

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

ブロック塀の撤去費用補助まとめ 岡崎市/豊田市/西尾市/刈谷市

大阪の地震でブロック塀の倒壊で子供が亡くなって以来、ご自分の敷地のブロック塀は大丈夫か気になる方もいると思います。

自治体によってはブロック塀の撤去費用を補助してくれるところもあります。私の地元周辺の自治体を調べてみました。(内容を抜粋して掲載しています。)

補助費用の上限は10万円のところが多いようですが、補助対象基準がちょっとずつ異なるように思います。(私もすべてを細かく読んでいないので詳しくはまだ把握していません)

申請などどうしたらよいかわからない方、業者さんを紹介して欲しい方、などメッセージください。お手伝いいたします。

 

<岡崎市> 詳しくはこちら 岡崎市HP

◎対象ブロック塀等 

  • コンクリートブロック、レンガ、石材などの組積造の塀
  • 巾4メートル以上の道路、通学路に接面するもの
  • 道路面からの高さが1メートルを超えるもの、擁壁上のものは擁壁上からの高さが60センチメートルを超えるもの
  • 転倒のおそれがあるもの

◎補助費用

アとイの低い方の額の2分の1 かつ 上限10万円

ア.ブロック塀等の撤去に要する費用

イ.ブロック塀等の撤去長さ×1万円

◎申請受付

平成30年12月28日(金)まで先着順に受付  ※予算に達し次第、受付終了

 

<豊田市> 詳しくはコチラ 豊田市HP

◎補助対象

公道等に接面する高さ1メートル以上のブロック塀等を撤去する工事。ただし、公道等と敷地地盤面の高さが異なる場合は、公道等からの高さが1メートル以上あり、かつ敷地地盤面からブロック塀等の高さが60センチを超えるもの。

◎補助単価

撤去に要する経費又は撤去延長に1メートルあたり10,000円を乗じて得た額のいずれか少ない額の2分の1の額

◎補助限度額

10万円

<西尾市> 詳しくはコチラ 西尾市HP

◎対象となるブロック塀等

  • コンクリートブロック
  • レンガ
  • 大谷石等の組積造の塀(門柱を含む)
  • 道路からの高さが1メートル以上かつ組積造の部分が80センチメートル以上のもの  

◎対象となる工事

市内に存するブロック塀等の所有者が、道路及び公共施設の敷地に面する当該ブロック塀等を撤去する場合。ただし、補助を受けることができるのは、一団の土地につき1回限りです。

◎補助の金額

  1. 撤去したブロック塀等の延長に1メートル当たり1万円を乗じて得た額

  2. ブロック塀等の撤去に要する経費

1.2.のどちらか少ない額の2分の1の額とし、10万円を限度とします

 

<刈谷市> 詳しくはコチラ 刈谷市HP

◎補助対象

刈谷市内に存するブロック塀等の所有者が、道路及び公共施設の敷地に面する当該ブロック塀等を撤去する場合に補助金を交付します。
ただし、補助金の交付を受けることができるのは、一団の土地につき1回限りです。
 ●ブロック塀等とは、コンクリートブロック、レンガ、大谷石等の組積造の塀(門柱を含む)で、
 道路からの高さが1メートル以上のものをいいます。

◎補助金額

ブロック塀等の撤去に要した経費と撤去したブロック塀等の延長に1メートル当たり1万円を乗じて得た額のいずれか少ない額の2分の1の額とし、10万円を限度とします。
ただし、その額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てるものとします。

 例)ブロック塀等を長さ15メートルを撤去予定で、経費が10万円の場合は、5万円の補助
になります。
 (ブロック塀15メートル×1万円=15万円及び、経費10万円のいずれかの少ない額の1/2の額 10万円×1/2=5万円 が補助額となる。)

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

販促工房・笹野将治さんの今までとこれから

笹野将治さん企画「他社紹介ブログを書こう」に参加しまして、

ペアとなった販促工房笹野将治さんに今に至るまでの経緯とこれからについてお話を聞きました。

笹野さんが代表を務める販促工房さんは名刺・チラシ・HP・会社案内などの販促物をワンストップで制作してくださいます。制作するだけでなくコンサルもしてくれて、つくって終わりではなく目的を確認して効果を発揮できるように構築してくださいます。

人あたりもソフトでコミュニケーション能力も高く仕事も早いと評判の笹野さん。

どうやらルーツは学生時代からあるようです。

高校生の頃からアルバイトざんまい、主に客商売でしかもけっこう長時間労働で、その頃から仕事漬けの生活は平気になったとのこと。この頃の客商売経験が今の営業力に活きてるように感じます。

「パソコンを扱う仕事がしたい」と希望していたものの就職難の時代、希望の業種にはいけず今とはまるで違う業界へ。

転職しようと思っていたところ友達の紹介で印刷会社へ就職。

誰もが知ってるような大企業の広告を扱っていたそうで、ここでデザインの基礎知識を習得、その後リーダーとなり営業同行するようになりコンサル寄りになり・・・。と、ここでも笹野さんの仕事のできる人っぷりがうかがえます。

社長とケンカしたことをきっかけに独立したのが6年前。

最初は今までのツテでお仕事をいただいていたそうです。しかも結構大きな会社の仕事を。その会社が方針を変えたことをきっかけに笹野さんも「10万の仕事を10個とる」方向にシフトしたそうです。

笹野さんが現在している業務は多岐にわたっていて、販促物を制作するだけにとどまらず、ソーシャルメディアの使い方の社員教育や、ブログの書き方教室、ブログの代理投稿、補助金使って販促物制作するための申請のお手伝いなんてこともやっているそうですよ。

販促物がワンストップで出来るということは、最初にロゴ制作からはじまり名刺・HPとつくっておくと、その後そこから会社案内やセールやイベントのチラシやDMなどにすぐ応用できるということ。しかも打合せ時間も短縮できるし1回直せば他も全部直る、という人手がギリギリでやってる中小企業や個人商店や個人事業主にとってはありがたい存在です。

お話をきいていると、販促物という物をつくるというより売れるための仕組みを考えて活かせるように構築してくれる、といった印象です。

今後力を入れたいことは、求人に特化したHPの制作とのこと。

特に職人系の職種の人は横のつながりだけで仕事をとっていることが多く情報量が少ない。求人のHPに会社の想いや理念も載せておくと元請けにもアピールできる。SNSに応用したりターゲット広告にも使える。などなど、求人HPをきっかけにそこから広げられる、というメリットがあります。

こういう新しいネタはいったいどこから湧いてくるのか、と聞いてみると、笹野さんは「展示会マニア」だそうです。

たしかに、あちこち出掛けてますね。出先で食べた美味しそうなものの投稿とか。(けっこうスイーツ男子ですよね?)

そんな笹野さんは現在ペライチワークショップを全国で開催中です。なんと最低開催人数は1名!お呼びがかかれば全国どこへでも!

立派なHPつくる費用がないわというサロンオーナーさん、起業したけどHPまで手がまわらないという起業家さん、ぜひぜひ笹野さんに相談してみてください。

 

ちなみに私も↓これをペライチでつくりましたよ。書きたいことと画像があればサクッとつくれます。

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ