よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: おかたづけ

初売りバーゲンの買い物でわかるあなたの特性

初売り行きましたかー?福袋買いましたかー?いいもの買えましたかー?

これがお正月のお楽しみ♪っていう方も多いのでは。

お買い物、楽しいですか?好きですか?

さて、お買い物の何が好きなのか考えたことありますか?

「買い物」といっても一連の流れがあるんですよ。

1)何かを欲しいと思う→ 2)どんな物が欲しいか考える → 3)どんな物があるか調べる → 4)商品を探す 
5)購入する → 6)開封する → 7)使う

あなたはどのポイントが一番気分が盛り上がりますか?

何言ってるの、買うときに決まってるじゃないの、って思う人もいるかもしれませんが、それはあなたの価値観です。

調べることが好きでワクワクするっていう人もいます。奥さんと一緒に商品を探す時間が楽しいっていう人もいます。使い始めて買ったものの良さを実感した時にみんなに自慢したくなるっていう人もいます。

これらは私のコーチングを受けた人が実際にそう言ったのです。

買い物の目的は買い物ではありません、ほとんどの場合は。

その物が欲しいから買うかというとそうでもなくて、買ったにもかかわらず開封もせず忘れちゃう人もいるくらいです。

あなたが買い物で気分が盛り上がるのはどんな時ですか?その時はどんな感情でいますか?

どんな物がいいか検索してる時に知らないことを知る楽しみでしょうか。

奥さんと会話しながら一緒にいる時間、ほんわかした気分でしょうか。

憧れの物を手に入れた時の満足感でしょうか。

お値打ちにいいものを手に入れた得意げな感じでしょうか。

友達に「それいいね」って言われた時の高揚感でしょうか。

検索しているときが楽しい人は調べたり分析したりが好きな人でしょう、人といるより一人の世界が好きかもしれませんね。

誰かと一緒にあれこれ見てる時間が好きな人は、何かをするではなく誰といるかが重要なのでしょうね。

こういう日常のひとつひとつの行動を紐解いていくと、あなたの価値観が明確になっていきます。

これが、コーチングでできることです。さまざまな質問を通してあなたのことが明確になっていきます。

今回は買い物について書いたけど、買い物だけにこの特性が表れてるわけじゃなくって、他のことも共通してることがほとんどです。

自分がどういうことで気分が盛り上がりどういう感情になるのか、その感情があることでどんな価値を得ているか、それを知っていることが自分の軸を強くします。本当に欲しい物が明確になっていきます。

それと、無意識に買い物してると無駄に買い物しちゃって必要以上に物が増えます。自分の行動特性を知ってどうすれば自分の気分が満たされるのかをわかっていれば、むやみやたらに買い物することが減ります。

なんだか物が多い、収納に収まらない物がある、っていう人は、自分の買い物行動を振り返りましょう。

「買い物であなたは何が満たされたの?」

 

【お知らせ】

2月24日 日曜 ハウジングコーチのワークショップ開催します。

オリジナルの質問カードを使ってあなたの暮らしの価値観を発見するワークショップです。

詳細は決まり次第発表します。

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

年末押し迫ってからのすぐできて気分がいい大掃除法

年末も押し迫って、大掃除はもう無理~~っていうあなたに。

すぐできる、簡単、でも効果は抜群、やった気分も♪、っていう掃除法を教えますね。

用意するのはボロタオルとか着古したTシャツ。それと、手が入るくらいの熱いお湯。

お湯で濡らしたタオルやTシャツを固く絞ってお家をくまなく回って拭いていきましょう。

拭くのは、スイッチ、ドアノブ、

コンセント、照明器具、

そして、床の隅!できれば壁も!

(壁は木が貼ってあったり塗り壁だと拭けるかどうかの確認をしてくださいね)

床の隅っこってホコリ溜まってませんか?ドアの金具まわりって静電気で溜まりやすいし。

これが私は気になるんで、雑巾もってあちこち拭いてまわります。

壁もお湯拭きするとけっこう雑巾が黒くなるので、あー汚れてるんだなーってわかりますね。

洗剤は使いません、二度拭きなんて面倒だしお湯で十分だし。私は掃除用洗剤って使わないです、使いきれないし邪魔だし。お湯とセスキと重曹を使い倒します。

雑巾がまっ黒になるまであちこち拭いたらそのまま雑巾は捨てます。心置きなく雑巾使い倒します。だからボロタオルとかTシャツで十分。

手が触れるスイッチやドアノブ、ホコリが溜まりやすいコンセントや床の隅、明るさに影響する照明器具、うっすらと汚れてる壁、これがきれいになると見た目もすっきりするし、やった感も大きいし、何より気分がいい!

お家全部やるのは大変ならリビングとキッチンだけでも。

今から不用品を捨てるとか物をどかしてやらなきゃいけないようなことだと大変だけど、

スイッチや床の隅なら大して時間もかかりません。

やっぱり拭き掃除はいいですよ、すっきりして。

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

 

余裕がないときこそ物の整理整頓を

私の事務所は小さなワンルームアパートで他の部屋には住んでる人もいます。

その中に、たぶん若い男性が住んでいて、いつも洗濯物がきれいに干してあるんですよね。

地元の自動車部品メーカーの作業着、黒いTシャツ、タオル、安全靴も干してある。タオルはちゃんとピンっとなるように隅が洗濯バサミでとめてあって、TシャツはTシャツ、タオルはタオル、靴下は靴下でグループ分けされてるかのように綺麗に並んでる。時々足ふきマットも干してある。

几帳面だなぁ、きっちりしてる。

ちらっと姿を見かけたことあるだけで挨拶もしたことないけれど。なんだかどんな人なのか想像できます。

「几帳面」だけでその人を推し測れるわけではないけれど。

物の扱いには人柄が表れると思います。良くも悪くも。

 

物は勝手には動きません。必ず人の手によって家のなかにやってきて、人の手によってそこに置かれます。

物の状態はそこにいる人の無意識の行動を表します。嘘いつわりなく。

忙しい時は散らかるのは単に時間がなくて片づけられないというだけでなく、心に余裕がないことが表れてるんですよね。

物にその人の状態が表れるのなら、その逆もあって、目に入る物の状態から心の状態が影響も受けます。

散らかったところで生活していれば心は無意識にざわざわした情報を受け取るのです。

自分がつくった環境が自分自身に返ってくるというわけです。

余裕がないときこそ、手にした物、目に入る物を意識して整えることで、自分に余裕ができます。

物をきれいに整えるっていうのは、おしゃれにするとか高級なものを使うってことじゃなくて、大事に扱うということ。

そのへんに出しっ放しにするのではなく決めた場所に収納する、縦の物は縦に並べる、ぎゅうぎゅう押し込むのではなく余裕を持たせてしまう。

見た目の余裕、行動の余裕、気持ちの余裕、全て繋がってるんですよね。