よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 家づくり・構造

地震大国なのに安全を優先していないという事実

NHKスペシャルで熊本地震で現行の耐震基準を満たす住宅がなぜ倒壊したか、ということをやってました。

耐震性について法律をOKしたくらいでは安全とはいえない、というのが熊本地震で露呈しました。

でもこれは、多くの建築士はわかっていることです。法律をクリアしたレベルの耐震性では大地震には耐えられないと。

NHKスペシャルでは1階に20帖のLDKがあることが倒壊の原因だった、と言っていました。チラっと見えた図面ではキレイな長方形の20帖でした。それ以外にいびつな形はしていないし大きく梁が大きくとんでもなさそうだし、それほど無理な設計ではないように見えました。「全然いいほうじゃん」正直言って私にはそう見えました。もっと無茶なプランなんていくらでもあるし・・・。

無茶なプラン、でも法律上はOKです。

法律上OKな家がいいのか、大地震に安全な家がいいのか。

そう聞かれたらおそらくみなさん、大地震に安全な家がいい、って答えるでしょう。

でも、そうしたら20帖のリビングがダメな可能性高いんですよ。大きな間口のウッドデッキと一体感のある窓なんてのも無理かもしれないし、吹抜けもやめたほうがいいかもしれないし・・・。

そうやって言われたらどう感じますか?

えー、せっかく広々したリビングがほしいと思ってたのに、吹抜けに憧れてたのに、がっかり・・・。

って、なりますよね。楽しみにしてる家づくりのやる気が下がっちゃう、ってことも。

住宅の作り手側はこれを嫌がります。お客さんのテンションが下がることを。

だって、希望は叶えたいし家づくり楽しんでもらいたいし、だいいち、そんなこと言ったら家建ててくれなくなっちゃうかもしれないし。これが何よりもコワイ。目の前にいる見込み客が離れることが。

お客様の希望が叶わないようなデメリットを言うことはとてもとても勇気がいることです。

でも!!!言わなければいけないのだと思います。

そのために建築士はいるのですから。

耐震性だけではありません。

お客様の気を引くデザイン力提案力は向上しても、目に見えない性能や強度について今まで啓蒙してこなかった住宅業界の責任だと思います。

広さやデザインという目の前の欲求を選ぶか、数十年以内に起こるかもしれない大地震に備えるか、費用と労力をかけて両方を叶える方法を探るか。

家を建てる人言いたいのは、要望をあれもこれも叶えてくれることを基準に選びがちですが、それ以外にも道はあってどの道がどういう結果になるのかをきちんと説明してくれる会社に依頼してほしいと思います。

私の提供する「住まいづくりコーディネート」ではこんな住まいについての専門的な知識を説明をしつつ工務店選びをしていきます。

 

★名古屋かさこ塾フェスタ 11月26日 土曜 @雲竜フレックスビル西館5階

『夢を実現させる部屋つくり』ワークショップしまーす。定員8名

★スッキリ暮らすおかたづけセミナー 実践編 10月19日 水曜 10時~12時

 @岡崎市天白町 よつば暮らしデザイン室  参加費2000円 残3名

★女性建築士が教える「理想の暮らし」の見つけ方セミナー お申込みコチラ

 @Cohac(コハク) 知立市中山町中山27-3

見た目にこだわるだけではキケンな家にしかなりません

間取りやデザインにこだわると、大きな吹抜けやスキップフロアやL型の外形や壁の量が偏ったり・・・

昔ながらの田の字の間取りとは大きく異なるプランになることが多いです。

1階建2階建ての一般的な木造だと「壁量計算」といわれる検討方法で構造強度を測ります。

が、田の字のシンプルな間取りから大きく外れたプランだと、

壁量計算じゃ無理なんじゃ・・・、、、

って思うプランもあります。

そうなるとどうするか。

「構造計算」をします。というか、したほうがいいのですが。

が、、、1階建2階建ての木造住宅で「構造計算」をする習慣がないため、プランにこだわったものの、それに見合った構造強度の検討=構造計算をしないで、「壁量計算」ですましてしまうことが多い、というのが現状です。

1階2階建ての木造住宅だと法的にそこまでチェックされないのでスルーできてしまう、というのも理由のひとつです。

予算と時間かけてこだわりのプランを考えてるわりに

なんで構造だけ壁量計算ですますんだろー、って思う住宅に時々出会います。

工務店さんで見た目カッコイイ住宅をつくっているところに多い気がします。あくまでも私の主観ですけど。

構造計算すると費用もかかるし時間もかかるし手間もかかります。

でも、こだわりの住まいづくりをするならちゃんとそれに見合った手間と費用はきちんと負担すべきです。

お客様が口に出す条件に応えるだけの家づくりでは片手落ちです。

ハウジングコーチでは条件よりも「価値観」を重要視するので、そういう片手落ちになることはありません。

お客様の「価値観」に見合った家づくりをトータルに提案できる、だから満足度が高くなるんです。

都築寿雄0622-1 (2) (3000x1816)
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

↓↓↓ ぽちっとよろしくお願いします!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

強い家が欲しいならこう聞いてみて

予算配分を考えると優先順位をきめなきゃいけなくなります。

そうなると予算が削られるところもでてくるわけですが、

基礎は削ってはいけません。

なぜなら、後々になってなにかあったとして手を加えたり補修したりがほぼ無理だからです。

それにいくら柱が太くて強くできていても、基礎が弱ければそれは意味がないから。

といっても、見積書を提示されて「基礎ちょっと高いから減額してくれませんか」っていうお施主さんはまずいませんね。だってわからないですよね、基礎の良し悪しも高い安いも。

だから、こう聞いてみてください。

「この基礎の根拠はなんですか?」

驚かれるかもしれませんが、多くの木造住宅の基礎は構造計算でその仕様を決めているわけではなく、「いつもこうだから」ということで決めています。だから、同じような面積や間取りでも工務店さんによって基礎の仕様が違うんです。鉄筋の太さとか量とか配筋ピッチとかコンクリートの立上り位置とか。

一般的な間取り、8帖や6帖の部屋が田の字型にならんでるような、の場合はある程度パターン「スパン表」が決まってるのでそれにあてはめて決めていく方法もあります。

最近は間取りもバラエティにとんでいるので20帖の部屋とかあることも珍しくありません。こうなるとパターンにあてはまらないこともあるのでそういう場合は構造計算をしたほうがいいと思います。

が、木造2階建ての住宅で構造計算をしている工務店さんはほとんどないでしょう。構造計算すること自体に費用がかかるし、それによって慣習的にいつもやってる仕様より手間がかる仕様=費用がかかる、というのが理由です。

一般的な仕様におさまる間取りならいいですが、一般的では満足できず工夫した間取りなら、それに見合った構造にしてその分の費用負担は必要でしょう。

構造について内容まで理解することは難しいですが、

「この基礎、なんでこの仕様なの?根拠はなんですか?」

って聞いてちゃんと根拠を説明してもらいましょう。

P1010015-2

 

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

↓↓↓ ぽちっとよろしくお願いします!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ