よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 家づくり・構造

メンタルの強さと建物の強さが一緒ってどういうこと!?

地震に強い家とはどういう家か。

木造住宅の場合、強くする方法は大きく3つあります。

耐震・・・筋交(すじかい)などをたくさん設けて揺れに耐える力を強くする

制震・・・制震装置をつけて揺れを制御して建物への影響を小さくする

免震・・・建物の下部に免震装置をつけて地面の揺れを免れて建物への影響を小さくする

基本的には耐震ありき、です。でも、耐震だけだとポキっとだめになってしまいます。もろいです。限界がきます。

それを補うのが制震、免震、です。

木造住宅だと制震が多いですね。高層ビルは免震を使います。

話しは変わって、メンタルの強さについてのこんな記事がありました。

『メンタルが強いとか弱いとかより、いつも安定している人の方が信頼できる件』

メンタルが強いってどういうメンタルだと強いっていうんだろ。

そんなことを考えてたら、建物の耐震制震免震と一緒だなぁ、と思いついたのです。(笑)

「嫌なこと」に出くわしたとき、それを真っ向から受けても跳ね返すくらいの自己を保っていられるメンタルが耐震。

「嫌なこと」に出くわしても、考え方によってプラスに変えるようにコントロールするメンタルが制震。

「嫌なこと」に出くわしても、無かったことにスルーして影響を受けないメンタルが免震。

いやー、面白い。人間も建物も一緒の構造だなんて。(笑)

安定するためには制震や免震をうまく利用することがコツかな。

基本は耐震です。ガッチリした力はほどほどにあったほうがよいです。でもそれだけだとポキっといっちゃう。

建物も、人間も。ポキっといくのは避けたいですね。

 

↓↓↓かたづけの季節です。今ならお得。

 

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

家の構造見学会で質問すべきこと

家の中身がどうなってるか、知ってますか?中身=できあがったら見えなくなる構造体です。

見える部分がメイクだとしたら構造体はお肌。一生懸命メイクできれいにしてもお肌ボロボロなんて「美しい」とは言えないですよね。

どうしても見た目のデザインに心を奪われますが、家を選ぶ基準はデザインよりも構造体を優先すべきです。

理由は2つあります。

①見た目のデザインはインテリアコーディネートで後からでもなんとかなるけど、構造体はどうにもできない。

②10年後20年後の生活の質に大きく影響するから。

柱や梁や土台の種類、耐震強度の取り方、断熱材の種類、それらが何を使っているかで10年後20年後の家の健康状態が全然違います。

それを確認できるものとして工務店がよくやるのが「構造見学会」です。

建築中の家で柱や梁が全部取りついて壁や天井でふさぐ前の状態を見せるものです。

家を建てたいと思うなら、必ずこれはいろいろ行ってください。そしてこう質問してください。

「なんでこれを使っているのですか?なぜこれがいいのですか?」と。

家づくりは「これが正しい家のつくりかた」って言いきれるものがありません。材料も工法もいろいろな考え方があっていろいろなやり方があるからです。

ただ言えることは、何でもいい、とりついていればいい、ではないということ。

断熱材が既定の数値をみたしていればそれでいいわけではありません、柱があればいいわけではありません、筋交があればいいわけではありません。

標準的に多く使われているからこれを使っている、が理由なところは家づくりの考えが甘いです。いい家づくりをしよう、という意識があまりないといえます。

どういう考えをもって家づくりをしている、だからこれを使っています、という説明を聞いてください。

よく「これが標準仕様です」と工務店は言いますが、それはその工務店の標準であって世間の標準でも家づくりの標準でもありません。そもそも「標準」があいまいです。多くのところで採用されてるから標準ってわけでもありません。

家づくりはデザインよりまずは質を求めるべきです。

そしてそれをきちんとわかるように説明してくれる工務店を選びましょう。

みんなちゃんとつくってるでしょ、って思うかもしれませんが、けっこう違いますから。やっぱり安いところはそれなりです。そしてそれは10年後20年後に差が出ます。

「標準ですよ」の言葉に惑わされないように。

 

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

地震大国なのに安全を優先していないという事実

NHKスペシャルで熊本地震で現行の耐震基準を満たす住宅がなぜ倒壊したか、ということをやってました。

耐震性について法律をOKしたくらいでは安全とはいえない、というのが熊本地震で露呈しました。

でもこれは、多くの建築士はわかっていることです。法律をクリアしたレベルの耐震性では大地震には耐えられないと。

NHKスペシャルでは1階に20帖のLDKがあることが倒壊の原因だった、と言っていました。チラっと見えた図面ではキレイな長方形の20帖でした。それ以外にいびつな形はしていないし大きく梁が大きくとんでもなさそうだし、それほど無理な設計ではないように見えました。「全然いいほうじゃん」正直言って私にはそう見えました。もっと無茶なプランなんていくらでもあるし・・・。

無茶なプラン、でも法律上はOKです。

法律上OKな家がいいのか、大地震に安全な家がいいのか。

そう聞かれたらおそらくみなさん、大地震に安全な家がいい、って答えるでしょう。

でも、そうしたら20帖のリビングがダメな可能性高いんですよ。大きな間口のウッドデッキと一体感のある窓なんてのも無理かもしれないし、吹抜けもやめたほうがいいかもしれないし・・・。

そうやって言われたらどう感じますか?

えー、せっかく広々したリビングがほしいと思ってたのに、吹抜けに憧れてたのに、がっかり・・・。

って、なりますよね。楽しみにしてる家づくりのやる気が下がっちゃう、ってことも。

住宅の作り手側はこれを嫌がります。お客さんのテンションが下がることを。

だって、希望は叶えたいし家づくり楽しんでもらいたいし、だいいち、そんなこと言ったら家建ててくれなくなっちゃうかもしれないし。これが何よりもコワイ。目の前にいる見込み客が離れることが。

お客様の希望が叶わないようなデメリットを言うことはとてもとても勇気がいることです。

でも!!!言わなければいけないのだと思います。

そのために建築士はいるのですから。

耐震性だけではありません。

お客様の気を引くデザイン力提案力は向上しても、目に見えない性能や強度について今まで啓蒙してこなかった住宅業界の責任だと思います。

広さやデザインという目の前の欲求を選ぶか、数十年以内に起こるかもしれない大地震に備えるか、費用と労力をかけて両方を叶える方法を探るか。

家を建てる人言いたいのは、要望をあれもこれも叶えてくれることを基準に選びがちですが、それ以外にも道はあってどの道がどういう結果になるのかをきちんと説明してくれる会社に依頼してほしいと思います。

私の提供する「住まいづくりコーディネート」ではこんな住まいについての専門的な知識を説明をしつつ工務店選びをしていきます。

 

★名古屋かさこ塾フェスタ 11月26日 土曜 @雲竜フレックスビル西館5階

『夢を実現させる部屋つくり』ワークショップしまーす。定員8名

★スッキリ暮らすおかたづけセミナー 実践編 10月19日 水曜 10時~12時

 @岡崎市天白町 よつば暮らしデザイン室  参加費2000円 残3名

★女性建築士が教える「理想の暮らし」の見つけ方セミナー お申込みコチラ

 @Cohac(コハク) 知立市中山町中山27-3