よつば暮らしデザイン室

ブログ

Category Archives: 未分類

寒さをがまんしなくていい家に住みたくはありませんか

今日は本当に寒かったですね。

空気が冷たくて芯から冷える、そんな感じでした。お家の中でも暖房器具付けてもなかなか暖まらないって人もいたのでは。

私の事務所も寒くて机がいつまでも冷たいんですよね。マウスを使う手が冷たい机にふれてて、もう仕事のやる気が減ります・・・。

暖房で温めた部屋はまだいいけど、トイレ行くのに廊下に出ると「寒いっ」ってぶるっと震えがきたり。

こんなふう寒いということを気にして過ごすのは、あまり快適じゃないですよね。

外が寒ければ家の中も同じように寒くなるのは、断熱性能が悪い証拠です。

冬なんだから寒くて当たり前、寒さはガマンするもの、寒ければたくさん着ればいい、という考えは今の家づくりでは間違いです。

冬でも寒さを気にしないで過ごせる家、これが今では実現可能です。

家中ほぼ同じように室温23℃を保つことができる方法があります。

高気密高断熱住宅で全館空調の家です。35坪くらいの家で14畳用のエアコン1台で十分に暖かい。

しかもその暖かさはストーブにあたっているところだけが暖かくするのとは違って、じんわりと全体が暖かい。

床暖房を使っているお家はその快適さから周りの人にも床暖房を絶賛しますけど、その快適さが家中にある、という感じでしょうか。

玄関あけた瞬間に、「はぁ~ほかほか~」って気分です。

こういう「断熱性能の良さ」って体験しないと本当にわからなくって。

エアコンだけじゃ足りなくてホットカーペットもつける、っていう家しか体験していない人に、じんわり暖かく寒さを気にしないことの快適性をいくら説明しても「そうなんだー」ぐらいの感想しか返ってきません。

一度体験してみてください。ぜんっぜん違いますから、空気の感じが。

エアコンの温風で直接的に空気を暖かくするのではなくて、輻射熱でじんわり暖かいってこういうことなのね、っていうことを感じてほしいです。

今までいかに寒さをがまんしてストレスになっていたか。

寒さはガマンするもの、寒ければたくさん着る、っていう考えは家の質を低下させてるだけです。

体験してみたい、って言う方は体験できるモデルハウスをご案内しますよ。

【お知らせ】

2月24日 日曜 ハウジングコーチのワークショップ開催します。

オリジナルの質問カードを使ってあなたの暮らしの価値観を発見するワークショップです。

詳細は決まり次第発表します。

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

セカンドオピニオンが必要なわけ

家づくりのセカンドオピニオンってそんなにあるサービスじゃないんですよね。つくってる会社の数に比べたら全然ない。

つくってくれる人が教えてくれる。つくってくれる専門家の言うことを聞いていれば大丈夫。そう思っている人がほとんどだと思いますが。

うーーーん、たしかにそれは間違いではないけれど。

そもそも、そのつくってくれる専門家の言うことは誰もが同じことをいうわけではありません。そんな中で、素人が正しい判断ができるかっていったら、無理でしょう。

家づくりは、お客様とつくる側の知識差がとても大きいものです。

付け焼刃で検索して得た知識程度で判断できるものではありません。

何かを買うとき、家電とかパソコン関連とか車とか、みなさんはどれくらい調べて比較しますか?

スペックまで調べて徹底的に比較する人もいれば、価格と機能と見た目の好みでサラッと決めてしまう人もいるでしょう。

何度も買い替えるものや、個人的に使うものならそんなに気にしなくていいかもしれません。もし失敗したとしても人生に影響あるほどのことはないでしょう。

でも、家はそうじゃありません。

何十年払い続けるくらいの金額、家族が何十年と過ごすところ、財産、健康、安全、人生に与える影響は家電とは比べ物にならないはずです。

知らなかった・・・、では済まされないことを知らされないまま建ててしまっている人が多いことに、逆にびっくりします。

家づくり経験者に話しを聞くと、えっ!?それ知らないで建てちゃったの?って思うことがあります。

どうやって安全性を確保してるのか、なぜその材料を使っているのか、その性能は世の中のどのグレードなのか、他ではいけないのか、、、、。

専門的なことはおまかせします、ではなくて、わかるように説明してください、って聞くべきです。

説明されたことが、「あなたにとって」合っているかどうかは、あなた自身が判断すべきことです。つくる側がすることではありません。

そのためには専門家のセカンドオピニオンが必要なはずなんです。

↓↓↓ 読んだらポチッとしてくださると嬉しいです!!!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

 

好きの純度を高めるためにやめること

新年になると「今年やりたいこと!」って宣言する人多いですが、

「やらないこと!」を決めるのも同じくらい大事なんじゃないの?

私が決めたのはコレ!

『余計なものを持たない、余計な仕事はやらない、余計なものは食べない』

全部に「余計な」がつくんですけど、ようするに、私にとってどっちでもいいようなことや物はもう本当に要らないんですよね。

もともと物は溜め込まないほうだけど、前に住んでたワンルームに比べると今の2LDKになってずいぶん物が増えて。仕事で独立したっていうのもあるけど。

なくてもいい物がやっぱり溜まってる。そういう物をどう処分するとかどこ持っていくとか考えるのも思考を邪魔されてる感じで嫌なんですよねー。

いつでも引っ越しできるくらいに身軽でいたい。心からそう思います。本当に欲しい物ずーっと大切にしたい物だけで生きていくことが私の理想です。そしてそういう物は決して多くはないから。少しの「いい物」で満たされるので。どっちつかずの物なんて、私には価値がないです。

仕事も、「かたづけ講座」これはもうやりません。

独立した頃からやってたけど。きっかけも、とにかくできることをやろう、と思ってはじめたことで、ものすごく好きでやってたわけではありません。楽しくないというわけじゃないけど、ハウジングコーチのセッションとか家づくりのプランニングとかに比べると明らかにテンションもモチベーションも違うんです。

心の底から沸き立つものじゃない。

かたづけのやりかただけ教えることにあまり意味がないって思うんですよね。暮らしに対する意識だから、かたづけるかどうかって。そもそも、家のことや暮らしやインテリアの関心もない人にやりかた教えても、結局義務感だけでかたづけようとするから、私が意図してることが伝わってないんですよね。

かたづけに関しても、ハウジングコーチを絡めようと思います。暮らし方=自分の価値観、っていうことを感じて欲しいから。かたづけ方なんて後からくっついてくるおまけですよ。

食べるものも、最近乱れてきてたんで、ちょっと体と相談しながら食べることを意識しようかなと思ってます。

以前体をこわしたときマクロビオティックを学んで取り入れて生活してました。そこでわかったことは、何が必要かは体がわかってるということ。体が喜ぶ食べ物を食べることが健康だということ。そうすると行き着くところがマクロビオティックな生活だということ。

あれはダメこれはダメ、じゃない。

いつでも「おいしい」と感じるように、身体と心と相談しながら食べる。テキトーにしない。

自分にとっての「好き」の純度を高めるには、そうじゃないものは要らないはず。

余計な物を、もたない、やらない、食べない。

これで身も心もすっきりと。

 

 

↓↓↓ みなさまの応援クリックが励みです!!!wink

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ